MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
蕎麦界のヘヴィ級、肉そば! 肉そばコレクション厳選4軒をご紹介!

蕎麦界のヘヴィ級、肉そば! 肉そばコレクション厳選4軒をご紹介!

蕎麦界のヘヴィ級といえば、〈肉そば〉。いわゆるスタンダードな鴨ではなく、もっと個性的でパワー炸裂な肉肉&酒が進む肉そばを、厳選4軒ご紹介します! 撮影/菊池敏之 取材/池田一郎

肉そば家 笑梟(ふくろう) の「冷たい肉そば」(西新宿)

写真:冷たい肉そば 680円

歯応えとコシがあり、野性味のある田舎そばに、鶏をゆっくり炊き出した、ほんのり甘くコクのあるつゆが絡む。肉は親鶏。独特の噛み応えと鶏自体の旨みがバランスよくマッチするわけで。〆にはもちろん、そばを食べながら一杯というのも地元の流儀。いや実際、つゆだけでも呑めます。

壬生 の 「肉そば」(池袋)

写真:肉そば 790円

中細のもちもち麺とこれらをつゆにつけ、口中でひとつにすれば、さしずめ和そば版のつけ麺といった感じでイケる。しゃぶしゃぶ系の薄切り牛肉もよく絡んで旨し。そう簡単に麺をツルッとはいけないが、喉越しはよく、気がつけば意外にすっと完食!

肉そば ごん の 「肉そば」(虎ノ門)

「肉そば」(こだわり生玉子付き) 1000円

こだわりの牛バラ肉は、シンプルな味つけでほどよい厚み。噛みしめるほどに旨い。ここに煮干し、鯖節、かつおの魚介系ダシにかえしを合わせたそば汁とねぎ油。これらをともかくよく混ぜ混ぜして食すべし。絶妙の渾然一体感、唸ります!ちょい濃いめの味付けだけに、添えられた玉子をくぐらせても旨い!

陶そば の 「ステーキそば」(銀座)

写真:ステーキそば 1500円

蕎麦は秩父産の乾麺ながら見事な茹で加減。で、昆布と荒削りのかつおを使った汁が絶品。ここにちょっとにんにくを効かせて焼かれたオージーのステーキが150g! おおー、ステーキとそば&汁がこんなに合うなんて!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
初心者でも失敗しない、超簡単で美味しいBBQレシピを伝授します!シンプルな焼き物からつまみ、デザートまで。ポイントさえ守れば、あとは楽勝!大人から子供までやみつきの美味しさです!これであなたもバーベキューレシピの達人!?
更新: 2019-08-07 13:13:21
のど越しが良く季節問わずに食べたくなる豆腐!お腹が一杯になるのにヘルシーなのも魅力。ハンバーグやスイーツなど様々な料理の材料にもなるので、多くのレシピも公開されています。ここでは老舗の人気店を中心に、おすすめの豆腐店の情報をお届けします。
更新: 2019-07-31 14:36:15
みんな大好きなスイーツの代表「パフェ」♪フルーツとアイスクリームや生クリームの甘い組み合わせが本当に美味しいですよね!インスタ映えする可愛いものもたくさん!ここでは専門店やファミレスなどで食べられる、人気のお店を厳選してご紹介します。
更新: 2019-07-31 11:51:32
人気グルメ雑誌のライター陣が厳選した極上のとんかつが味わえる、東京都内で殿堂入りのおすすめ店をエリア別ご紹介。ジューシーな脂身のロース派も、赤身の旨みが際立つヒレ派も、必ず満足してもらえる名店ばかりです!
更新: 2019-08-18 12:48:51
あなごといえば甘いタレの丼飯が定番でしょうか!煮ても焼いても揚げてもおいしく、濃厚な味が特徴のお魚です。切り身を購入して自宅で食べる人も多いため、料理レシピも充実していますが、ここでは外食でアナゴを食べるなら外せない人気店をご紹介します!
更新: 2019-07-26 11:22:52
最新の投稿
連日の猛暑で外出するのも億劫になる。そんなときは、味噌煮込みうどんを食べて涼しくなろう! えっ? 余計に暑くなるって!? いやいや、食べれば食べるほど涼しくなる味噌煮込みうどんを名古屋市中区新栄近くにある『吉野屋』で発見したのだ……。
更新: 2019-08-20 15:50:00
魚は全国の選りすぐりの漁師船から買い付け。その日の朝獲れたピチピチ鮮魚のほか、「神経〆」という特別な絞め方をされた旬魚が届き、一番美味しい状態で出せるよう、魚によっては寝かせて熟成させる。
更新: 2019-08-20 12:00:00
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
更新: 2019-08-19 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt