MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
蕎麦界のヘヴィ級、肉そば! 肉そばコレクション厳選4軒をご紹介!

蕎麦界のヘヴィ級、肉そば! 肉そばコレクション厳選4軒をご紹介!

蕎麦界のヘヴィ級といえば、〈肉そば〉。いわゆるスタンダードな鴨ではなく、もっと個性的でパワー炸裂な肉肉&酒が進む肉そばを、厳選4軒ご紹介します! 撮影/菊池敏之 取材/池田一郎

肉そば家 笑梟(ふくろう) の「冷たい肉そば」(西新宿)

写真:冷たい肉そば 680円

歯応えとコシがあり、野性味のある田舎そばに、鶏をゆっくり炊き出した、ほんのり甘くコクのあるつゆが絡む。肉は親鶏。独特の噛み応えと鶏自体の旨みがバランスよくマッチするわけで。〆にはもちろん、そばを食べながら一杯というのも地元の流儀。いや実際、つゆだけでも呑めます。

壬生 の 「肉そば」(池袋)

写真:肉そば 790円

中細のもちもち麺とこれらをつゆにつけ、口中でひとつにすれば、さしずめ和そば版のつけ麺といった感じでイケる。しゃぶしゃぶ系の薄切り牛肉もよく絡んで旨し。そう簡単に麺をツルッとはいけないが、喉越しはよく、気がつけば意外にすっと完食!

肉そば ごん の 「肉そば」(虎ノ門)

「肉そば」(こだわり生玉子付き) 1000円

こだわりの牛バラ肉は、シンプルな味つけでほどよい厚み。噛みしめるほどに旨い。ここに煮干し、鯖節、かつおの魚介系ダシにかえしを合わせたそば汁とねぎ油。これらをともかくよく混ぜ混ぜして食すべし。絶妙の渾然一体感、唸ります!ちょい濃いめの味付けだけに、添えられた玉子をくぐらせても旨い!

陶そば の 「ステーキそば」(銀座)

写真:ステーキそば 1500円

蕎麦は秩父産の乾麺ながら見事な茹で加減。で、昆布と荒削りのかつおを使った汁が絶品。ここにちょっとにんにくを効かせて焼かれたオージーのステーキが150g! おおー、ステーキとそば&汁がこんなに合うなんて!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
グルメ専門誌「おとなの週末」ライターが覆面調査で実際に食べたお店だけを厳選。今回は「新宿のイタリアン」を徹底調査。ピッツァ、パスタを中心に、ランチ、ディナーにおすすめの店やコスパよしのグルメ・レストラン情報を公開。
更新: 2019-04-16 20:27:31
有楽町周辺のカフェ情報のまとめ記事です。グルメライターが実際に行って見つけた厳選4店をご紹介。気になるランチ・朝・夜の営業時間やおすすめメニュー、喫煙可否、穴場のお店なのか、など各店の特徴を分かりやすくご案内します!
更新: 2019-04-17 12:14:14
上野エリアを人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが食べ歩いて見つけた、本当におすすめのランチ情報。和食・洋食・中華・カレー・食べ放題など特におすすめの9店舗をご紹介します!営業時間や休日などの店舗情報もあり。
更新: 2019-04-15 11:13:04
ハムエッグって、朝食メニューでは?この企画タイトルを読んでそんな気持ちになった方に、我々は言いたい。ハムエッグは、呑みのよき友なんです!それを日夜実践しているライターの酔いどれ〜ぬオカモトが、マイコレクションから厳選してご紹介します!撮影・取材/岡本ジュン
更新: 2019-02-02 17:21:33
たまご×醤油×ご飯。たったこれだけなのに、たまらなく美味しいTKGこと「たまごかけご飯」。シンプルだからこそお店では贅沢な一杯を求めて食べまくりました!その結果をご覧あれ。撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子
更新: 2019-02-15 10:23:08
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt