MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
鮨 逸喜優|店主の心意気が生んだ、破格の握り(寿司/あざみ野)

鮨 逸喜優|店主の心意気が生んだ、破格の握り(寿司/あざみ野)

あざみ野の「お値打ちランチ寿司」特集掲載店舗。碑文谷、二子玉川、銀座など次々に店を興してきた店主が、この地に腰を据えること決め、2006年に開店。瞬く間に人気店となったのが、ここ『鮨 逸喜優』だ。 ※ランチタイム有

鮨 逸喜優(最寄駅:あざみ野駅)

特に人気なのが、写真の「握り」。夜に提供している良質なネタと同じものを使用しているため、儲けは一切無し。「多めに仕入れたネタを無駄にせずにお客様に楽しんでいただこう」という店主の心意気から生まれた逸品。白木のカウンターで一貫ずつ提供されるため、雰囲気も抜群と評判だ。※ランチタイム有

握り
香の物、味噌汁付き 2160円

かためのシャリは、新潟県産コシヒカリと赤酢と穀物酢を使って作られたもの

ばらちらし
1080円

新鮮なネタの他、エビと白身を使った自家製のおぼろや椎茸、玉子など仕事を施した具も味わえる

太巻き
2160円

カニや穴子、イクラなどたっぷり具を巻き込んだ太巻きはほかに3000円、4000円のものもある

鮨 逸喜優

■『鮨 逸喜優』
[住所]神奈川県横浜市青葉区新石川1-22-1 サンパティオ1D号
[TEL]045-913-1915
[営業時間]11時半〜14時(13時半LO)、18時〜22時、日曜日:11時半〜14時(13時半LO)
[休]月曜日
[座席]カウンター12席 計12席/昼はおまかせ注文の方のみ予約可/全席禁煙/夜のみカード可/サなし
[アクセス]東急田園都市線あざみ野駅東口から徒歩10分

電話番号 045-913-1915
2016年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
予約困難な名店、東京・四ツ谷の『すし匠』で約15年、腕を磨いた店主が作り出す「ばらちらし」。30種類以上のネタが美しく盛られ、それらが響き合うハーモニーは見事のひと言だ。
価格高騰のため、大手チェーンからは姿を消しつつあるウニ。もう100円では手が届かない……(泣)。
立ち食いだからと侮るなかれ。常時40~50揃うネタにはヅケもあれば煮ハマと言ったものまで用意。
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。
歌舞伎座のほど近く、昭和通り沿いに建つビルの5階。今年3月26日にオープンしたこの店で味わえるのは、六本木の名店『山海』で名を馳せた職人・山崎正夫氏の握る、正統的かつ遊び心を感じさせる見事な寿司だ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt