MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
照鮨|昭和21年創業の寿司店、二代目店主が赤酢のシャリをにぎる(寿司/有楽町)

照鮨|昭和21年創業の寿司店、二代目店主が赤酢のシャリをにぎる(寿司/有楽町)

照鮨 (てるずし)は駅ビルには珍しい個人経営店。創業70年と、有楽町駅前に東京交通会館が建てられる前から寿司店を営んでおり、ご主人の加賀達夫さんは2代目だ。[交]地下鉄有楽町線有楽町駅 ※ランチタイム有

照鮨(最寄駅:有楽町駅)

こちらの最大の特徴は砂糖をいっさい使わず、赤酢と塩のみで仕込んだシャリ。酸味がきいたキリッとした味わいで、新鮮なネタの味を引き立てている。

上にぎり
3024円

シャリが赤酢でうっすらと染まるにぎり。手前の一皿目は、中トロ、車エビなど。奥の二皿目は、海苔がパリパリのウニの軍艦や煮ホタテなど。内容は仕入れによって変わる

照鮨

[住所]東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館地下1階 [TEL]03-3211-8089 [営業時間]11時半〜13時半、17時〜21時、土11時半〜13時半 [休日]土(不定休)・日・祝 [交通アクセス]地下鉄有楽町線有楽町駅D8出口直結

電話番号 03-3211-8089
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 「寿司屋では緊張せずに、楽しんでいただきたいんです」と語る二代目。店内は手作りのメニューや大漁旗が飾られ、誰でもくつろげる雰囲気だ。
更新: 2019-10-13 12:00:00
サーモンに並び、光モノも際立っていた『がってん寿司』。「光物三昧」ならその日のおすすめ3種類が一度に楽しめる。
更新: 2019-10-08 12:00:00
見目麗しいウニがたっぷりと盛られた軍艦。さらに大トロや活け赤貝といった贅沢ネタまで、職人が握る“回らない寿司”が1貫130円でいただける。
更新: 2019-10-04 12:00:00
池袋駅の構内は強豪店が点在する立ち食い寿司の激戦地。2017年6月の開業からまたたく間に行列店に成長したのが東武百貨店内にあるこちら。
更新: 2019-07-10 09:55:10
最新の投稿
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
更新: 2019-10-14 12:00:00
 「寿司屋では緊張せずに、楽しんでいただきたいんです」と語る二代目。店内は手作りのメニューや大漁旗が飾られ、誰でもくつろげる雰囲気だ。
更新: 2019-10-13 12:00:00
 中華の花形食材・フカヒレを存分に味わえる姿煮。四川料理の名店『神楽坂 芝蘭』では、これを昼の御膳で楽しめる。
更新: 2019-10-12 12:00:00
今回は紀州鉄道で出会ったディーゼルカーと、沿線で食べた“せち焼き”です。 私はこの“せち焼き”のことを、まったく聞いたことがありませんでした。 はたして、焼き物なのか、食べ物なのか……?
更新: 2019-10-11 15:55:00
 8.8坪のお店で出すタパスは、気取らないながらも繊細な味付けと美しい盛り付けが魅力。口に含んだ先には、幸せが待っている。
更新: 2019-10-11 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt