MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ピッツァのいい店、悪い店! 本音炸裂!覆面調査 座談会

ピッツァのいい店、悪い店! 本音炸裂!覆面調査 座談会

かつてない満腹感に調査も難航…でも食べました40数店! ピッツァ特集を担当した、ライター・菜々山いく子(以下菜)と肥田木奈々(以下肥)、そして編集・武内慎司(以下武)が取材を終えて、印象深かった店や、その他モロモロについて振り返りました。

超有名店も覆面取材果たして本音やいかに?

肥「やっぱりインパクト大だったのが、『築地トゥットベーネ!』。」

築地トゥットベーネ!

写真:パラディーゾ 2592円

肥「『パラディーゾ』というピッツァには度肝を抜かれました。新鮮な魚介がテンコ盛り!
しかも、ハマグリなんてプリップリでウマいのなんの」




菜「私は『マッシモッタヴィオ』です。

マッシモッタヴィオ

写真:ボリチーナ 2354円

菜「ソースがとにかくたっぷり。それもハンパなく。出来立ては、ちょっとした水たまりみたいなんですよ。皿を揺らすとソースにさざ波が立つくらい」


肥「それって味はどうなの?」


菜「水分を吸って生地がビチャビチャになっちゃうと思うでしょ?そんなことは全然ないんです。生地自体が厚くてしっかりしているからなんでしょうね」





武「ボクは『ピッツェリア ダ・アオキ タッポスト』かな。」

ピッツェリア ダ・アオキ タッポスト

写真:ビアンカネーヴェ 2700円

武「『ビアンカネーヴェ』というピッツァがあるんですけど、とにかくルッコラが、比喩じゃなくて山ですよ。山!さすがに食べきれずに持って帰ったんですけど、冷めても美味しかった」


肥「確かにソレあるかも。いい店のピッツァって、時間が経ってもちゃんと美味しいんですよね。」





肥「イマイチと思う店のは、冷めたらヘナヘナだったけど」


菜「じゃあ、逆に『これはチョット……』っていう店ってありました?」


肥「あった!中目黒にある人気の『D』って店。生地はさすがの美味しさだったんだけど、上にのっているチーズが、片側だけに集中してて、半分くらいチーズなし。見た目からしてテンション下がっちゃいますよ」


菜「雑だなあ。確かに、ピッツァって最初のひと口目が勝負じゃない?だから、カットされたアノ三角の部分にチーズがのってないのがあるのは、ちょっといただけないかも」


武「ボクもあります。池袋の『L』は、ピッツァ職人の選手権で優勝と謳っていて、かなり期待したんですけど、食べてみると、なんだか焼きがイマイチ。『ホントに優勝したヒト?』って店のスタッフに訊いたら『別の職人です』だって。ズッコケちゃいました」


菜「そうそう、焼きの技術って大事ですよね。焼きが甘いと、小麦の香りも全然たってこないし」





肥「じゃあ、ここで私がマニアの知人から教えてもらったピッツァの味わい方を伝授します!」


菜&武「へえ、どんな?」


肥「焼きたてのピッツァがきたら、まずコルニチョーネ(耳)の部分をちぎって、さらにそれを開きます。それでソッコー匂いをかぐ。こうすると、粉の香りの強弱がハッキリ分かるんですよ」


菜「想像すると、ちょっとヘンタイっぽいんだけど(笑)」


肥「そうなの。覆面調査した全店でやってたんだけど、もれなく他のお客さんからヘンな目で見られてた」




武「あと、声を大にして言いたいのが、やっぱり最初はとにもかくにもマルゲリータを食べるべし!ってことです」


菜「私も今回の取材で、マルゲリータを食べ続けたけど、店の実力を計る上で、最適なピッツァだと思う。具材もシンプルだから、生地の風味をダイレクトに感じるし、店で使っているチーズの質も分かる。これを食べてから、2枚目にチャレンジするべきですよ」





肥「あ、でも店によってはハーフ&ハーフにしてくれるところも多かったですよ。『ラルテ』なんて良心的に+300円でしてくれるし。

ラルテ

写真:マルゲリータ 1500円

肥「太刀魚とか旬の素材を使ったピッツァもあったから、色んなの食べたいじゃない」


菜「そ、そんな裏技もできたんだ!?」


肥「常連じゃなくても、そういうオーダーメイド的な要望にも快く応えてくれる店って、やっぱり良い店だと思うし、そういう点も、評価に加味しました。それに『ラルテ』はピッツァだけじゃなく、前菜もすごく美味しかった!」




菜「ピッツェリアって、ピッツァ以外の料理が弱かったりしますよね。その点、『ガレオーネ』『ラ・ピッコラ・ターヴォラ』は、メイン料理も洗練されてたなあ」

ガレオーネ

写真:ガレオーネ 1944円

モッツァレラチーズのピッツァに自家製豚バラ肉のハムをのせ、ホースラディッシュを振りかける。口の中でコクや旨み、清々しい香りが心地よくまじり合う

ラ・ピッコラ・ターヴォラ

写真:ピッツァ•ピッコラ•ターヴォラ 2600円

モッツァレラチーズやプチトマトをのせて焼き上げた後、セルバチカと呼ばれる野生のルッコラと、塩分のまろやかなウンブリア産の生ハムをトッピング。爽やかな香りが印象的な1枚だ




肥「ところで、ピッツァイオーロってヤケにイケメンが多くないですか!?」


菜「多い!めちゃくちゃ多い!」



肥「『ラ トリプレッタ』なんて、スタッフ全員イケメン!」


ラ トリプレッタ

写真:チーロ 1400円

肥「ここは極楽かと。イケメンなだけじゃなくて、味も抜群だし接客も文句なし。マルゲリータは950円で、値段も良心的。外で並んでいるお客さんがいたのもわかるなあ」




武「ピッツァって大抵ドコの店でもそれなりに美味しいじゃないですか。わずかな味の差が勝負の分かれ目になった印象です。体重5キロ増をものともしないで、選び抜いた店の味を、ぜひ読者の皆さんにも味わって欲しいですね」




このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
グルメ専門誌「おとなの週末」ライターが覆面調査で実際に食べたお店だけを厳選。今回は「新宿のイタリアン」を徹底調査。ピッツァ、パスタを中心に、ランチ、ディナーにおすすめの店やコスパよしのグルメ・レストラン情報を公開。
更新: 2019-04-16 20:27:31
有楽町周辺のカフェ情報のまとめ記事です。グルメライターが実際に行って見つけた厳選4店をご紹介。気になるランチ・朝・夜の営業時間やおすすめメニュー、喫煙可否、穴場のお店なのか、など各店の特徴を分かりやすくご案内します!
更新: 2019-04-17 12:14:14
上野エリアを人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが食べ歩いて見つけた、本当におすすめのランチ情報。和食・洋食・中華・カレー・食べ放題など特におすすめの9店舗をご紹介します!営業時間や休日などの店舗情報もあり。
更新: 2019-04-15 11:13:04
ハムエッグって、朝食メニューでは?この企画タイトルを読んでそんな気持ちになった方に、我々は言いたい。ハムエッグは、呑みのよき友なんです!それを日夜実践しているライターの酔いどれ〜ぬオカモトが、マイコレクションから厳選してご紹介します!撮影・取材/岡本ジュン
更新: 2019-02-02 17:21:33
たまご×醤油×ご飯。たったこれだけなのに、たまらなく美味しいTKGこと「たまごかけご飯」。シンプルだからこそお店では贅沢な一杯を求めて食べまくりました!その結果をご覧あれ。撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子
更新: 2019-02-15 10:23:08
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt