MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
¥500 ピッツァ!!この味なのに この値段で本当にいいの?おすすめピッツァ7店!

¥500 ピッツァ!!この味なのに この値段で本当にいいの?おすすめピッツァ7店!

窯こそ薪窯ではないが、モチモチの生地、トマトの旨みたっぷりのソース。本格店顔負けのピッツァが500円で楽しめる店も増加中と聞き、東京都内で覆面調査を敢行した!あなどるなかれ、本格店顔負けの味!

あなどるなかれ 本格店顔負けの味

今回、500円でいただけるピッツェリアなどを回って、正直驚いた。ワンコインでもしっかりとお腹に溜まるし、つまみとしても満足できるピッツァたちがこんなにもあるなんて!

もちろん、すべてが美味しかったわけではなく、チェーン店の中でも焼き上がりや味の違いを感じたのは、直営店とフランチャイズ店の違い?


また、例えば渋谷の『T』では、「冷凍モノなのでは?」と途中で食べたくなくなったし、
赤坂見附の『P』のように、ピッツァは悪くないものの、店員さんたちが大声で世間話を続ける様子に閉口し、店を後にしたことも。


それでもひたすら、何店もの500円ピッツァを食べ続け、シンプルだからこそ、ピッツァ職人の腕と気概がよく表れているのだと気づかされました。小麦粉やチーズなど、ピッツァの原材料はいま高騰しています。それでもなぜ低価格でピッツアを提供できるのか。



各店に安さの秘訣を聞くと「採算度外視」だったり、「サービス価格」という返答が多数。嫌いな人はほぼいないであろうピッツァだからこそ、店を知ってもらうための足がかりとしての企業努力なのだろう。



今回取り上げたお店は、手作りやオーダー後に生地をのばすという、できたてにこだわっています。きちんと作られた500円ピッツァをいただいていると、もっと高いピッツェリアで、そう変わらないレベルの味を提供するお店もあるなぁなんて、考え込んでしまったり。

500円で提供されるピッツァを一番あなどっていたのはわたし自身だったと反省したり。




これらのお店は、全体的にメニューの価格が抑えめになっているので、ひとりでも複数人でも気軽に行けるちょい飲みにもぴったりだ。


おすすめ ピッツァ店

ビストロガブリ 五反田店

写真:マルゲリータ ¥540

肉のグリルがメインのビストロで提供するのは、職人が生地から店で仕込むピッツァ。「マリナーラ」(486円)やイタリア産モッツァレラと有機バジルがのる「マルゲリータ」など、全5種類のピッツァ(~702円)を揃える。もっちりサクッとした生地は食べ応え十分。塩味がきいており、つまみにも〆にもぴったり。

PAZZO DI PIZZA

写真:マルゲリータ ¥518

カウンターのみなので目の前でピッツァが成形され、焼かれる様が見られるのがうれしい。焼き加減はまさに見事といえる。人懐こい笑顔の店長やスタッフが気持ちの良い接客をしてくれるのも魅力だ。

CONA|コナ

写真:マルゲリータ ¥500

食べ応えのある大きなピッツァ。生地はサクサクで、たっぷりのチーズ、バジルのほか、玉ねぎ、ハムなど具材が豪華。平日14時までのランチタイムではドリンクとサラダ付きで500円と高コスパを誇る。渋谷店は系列店で唯一の全スタンディング形式。ピッツァの直径はランチ時。ディナーは26cm。

fiocca|フィオッカ

写真:マルゲリータ ¥540

渋谷肉横丁の一角で、本格窯焼きのピッツァを提供。サクサクとして何枚でも食べられそうな軽やかな生地のピッツァは、「ゴルゴンゾーラ」や「バジル&マスカルポーネ」、「アップルパイ風ピザ」など、スイーツ系を含め540円ピッツァが16種類とメニューが多彩なのがうれしい。

PIZZA FORNOCAFE

写真:マルゲリータ ¥540

大きな石窯で焼かれたピッツァは、ふかふかとした生地で満足感が高い。店内は開放的な明るい空間で、テイクアウトも可能。平日の14時までのランチは日替わりでドリンクがついたお得なピッツァセット(648円~)も提供している。挽きたて・淹れたてのオーガニックコーヒーも人気だ。

Don Pizza

写真:マルゲリータ ¥500

耳はカリカリ、生地はモッチリとしている。フレッシュなトマトソースに後乗せの生バジルの香りが良く、たっぷりのチーズが魅力的。やさしめの味わいで軽やかにいただけるピッツァだ。

くろねこピッツァ

写真:チーズ少なめマルゲリータ ¥540

農家直送の野菜など、旬にこだわったイタリアン。540円ピッツァは写真のものと、オレガノとバジルが香る「マリナーラ」のみだが、「マルゲリータ」は756円でチーズを増量したものがいただける。店内は雰囲気が良く、落ち着いたカウンター席と明るいテーブル席がある。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
グルメ専門誌「おとなの週末」ライターが覆面調査で実際に食べたお店だけを厳選。今回は「新宿のイタリアン」を徹底調査。ピッツァ、パスタを中心に、ランチ、ディナーにおすすめの店やコスパよしのグルメ・レストラン情報を公開。
更新: 2019-04-16 20:27:31
有楽町周辺のカフェ情報のまとめ記事です。グルメライターが実際に行って見つけた厳選4店をご紹介。気になるランチ・朝・夜の営業時間やおすすめメニュー、喫煙可否、穴場のお店なのか、など各店の特徴を分かりやすくご案内します!
更新: 2019-04-17 12:14:14
上野エリアを人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが食べ歩いて見つけた、本当におすすめのランチ情報。和食・洋食・中華・カレー・食べ放題など特におすすめの9店舗をご紹介します!営業時間や休日などの店舗情報もあり。
更新: 2019-04-15 11:13:04
ハムエッグって、朝食メニューでは?この企画タイトルを読んでそんな気持ちになった方に、我々は言いたい。ハムエッグは、呑みのよき友なんです!それを日夜実践しているライターの酔いどれ〜ぬオカモトが、マイコレクションから厳選してご紹介します!撮影・取材/岡本ジュン
更新: 2019-02-02 17:21:33
たまご×醤油×ご飯。たったこれだけなのに、たまらなく美味しいTKGこと「たまごかけご飯」。シンプルだからこそお店では贅沢な一杯を求めて食べまくりました!その結果をご覧あれ。撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子
更新: 2019-02-15 10:23:08
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt