MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
魯肉飯、豚バラ肉は口に含めば噛むまでもなくとろける|ぷあん(タイ料理/西荻窪)

魯肉飯、豚バラ肉は口に含めば噛むまでもなくとろける|ぷあん(タイ料理/西荻窪)

週末には、土日限定の「カオソイ」(ココナッツ風味のカレー麺)を求めてやってくるお客も多い、アジアンご飯とカレーの店。※ランチタイム有

ぷあん(最寄駅:西荻窪駅)

こちらの魯肉飯、よくあるゴロゴロと豚の角煮の細切れがのっているタイプではなく、よく煮込まれて煮汁が半分ペースト状になった“とろける系”だ。豚バラ肉は口に含めば噛むまでもなくとろけ、シイタケの旨みがじんわり伝わってくる美味しさだ。

魯肉飯(スープ付き)
830円

ぷあん

東京都杉並区西荻南2-24-1 ☎03-5346-1699 [営]12時~15時、18時~22時LO [休]月 [交]JR西荻窪駅から徒歩5分

電話番号 03-5346-1699
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「生スーパータイサワー」は焼酎を使ったオリジナルフローズンドリンク。「パッポン(レモン)」はレモンの風味が爽やかな一杯だ。
更新: 2018-10-08 18:00:00
夏にピッタリの刺激的な辛さ恵比寿や麻布十番に店を構えるタイ料理専門店「ブルーパパイア タイランド 」が、「京橋エドグラン」に出店。タイ人シェフらが作る料理は、まさに本場の味。
更新: 2018-04-20 11:18:54
 ガード下に突如現れる、タイの屋台を彷彿とさせる店。開放的な雰囲気のなかで本場さながらの味わいが楽しめると評判だ。
更新: 2018-04-11 07:00:00
暑い日はとくに食べたくなるタイ料理。行列の途切れない『西新宿 ソイナナ』は、昼も夜も全品680円でコスパが高い。※ランチタイム有
更新: 2017-08-03 08:00:00
ご飯と麺を選べるハーフセットは終日提供。料理は日本人の舌に合わせた印象で「グリーンカレー」は辛さとまろやかさのバランスが秀逸だ。※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:47:59
最新の投稿
 まずは串カツ。ソース2度漬け禁止の関西流だが、そのソースにはシャモロックのガラのダシを加えるなどひと工夫し、八戸流に仕上げている。
更新: 2019-10-15 12:00:00
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
更新: 2019-10-14 12:00:00
 「寿司屋では緊張せずに、楽しんでいただきたいんです」と語る二代目。店内は手作りのメニューや大漁旗が飾られ、誰でもくつろげる雰囲気だ。
更新: 2019-10-13 12:00:00
 中華の花形食材・フカヒレを存分に味わえる姿煮。四川料理の名店『神楽坂 芝蘭』では、これを昼の御膳で楽しめる。
更新: 2019-10-12 12:00:00
今回は紀州鉄道で出会ったディーゼルカーと、沿線で食べた“せち焼き”です。 私はこの“せち焼き”のことを、まったく聞いたことがありませんでした。 はたして、焼き物なのか、食べ物なのか……?
更新: 2019-10-11 15:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt