MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
名古屋エリア限定グルメ情報(11) 台頭する喫茶チェーンに宣戦布告! 岐阜市にオープンした喫茶店の挑戦

名古屋エリア限定グルメ情報(11) 台頭する喫茶チェーンに宣戦布告! 岐阜市にオープンした喫茶店の挑戦

総務省統計局「経済センサス」(平成26年)によると、岐阜県の人口10万人あたりの喫茶店数は、142.9店と全国2位。ちなみに1位は高知県で156.4店。愛知県は3位で113.1店。と、いうことで、岐阜県も全国屈指の喫茶王国なのだ……。

台頭する喫茶チェーンに宣戦布告! 岐阜市にオープンした喫茶店の挑戦/名古屋エリア限定グルメ情報(11)

名古屋は喫茶王国と呼ばれるほど喫茶店が多い。
が、店主の高齢化や後継者不足などで閉店を余儀なくされている店もある。

その代わりに台頭しているのが、喫茶チェーンだ。

東海地方では、1968(昭和43)年に創業した『コメダ珈琲店』が圧倒的なシェアを誇るが、名古屋にチェーン本部がある『支留比亜珈琲店』や岐阜の『さかい珈琲』、東京の『星乃珈琲店』、『元町珈琲』など、今や喫茶チェーンは戦国時代の様相を呈している。


そんななか、第三極となり得る喫茶店が今年9月23日にオープンした。

岐阜市八代にある『cafe しょぱん NAGARA』がそれだ。

総務省統計局「経済センサス」(平成26年)によると、岐阜県の人口10万人あたりの喫茶店数は、142.9店と全国2位。

ちなみに1位は高知県で156.4店。

愛知県は3位で113.1店。

と、いうことで、岐阜県も全国屈指の喫茶王国なのだ。


ひと昔前、愛知県や岐阜県の喫茶店にとって売り上げのメインはランチだった。

が、現在は周囲に牛丼やうどんなどの外食チェーンが進出し、個人経営の店ではとても太刀打ちできない状況にある。


「12時以降はパスタとパン、コーヒー(または紅茶)のセットを用意していますが、正直、ランチにはあまり力を入れていません。

それよりもほかの店のランチが終わる14時以降が勝負だと思っています。この時間帯に食べたくなるようなメニューをいかに充実させるかを考えました」と、オーナー。

その狙い通り、まだオープンから1ヶ月も経っていないにもかかわらず、14時ごろに店へ行くと、店の前には行列ができていた。

しかも、9割以上は女性。

客たちの目当ては、プリン液に浸したバゲットを専用の鉄板で焼き上げた「パンプディング プレーン」(450円)。

ホイップクリームがたっぷりとかかっていて、フワフワの食感。

焦げたカラメルソースのほろ苦さも心地良いアクセントとなっている。

こちらは、大きくカットしたバナナとアイスクリーム、チョコレートソースをくわえた、いちばん人気の「パンプディング チョコバナナ」(650円)。

ベースとなるプリンとホイップクリーム、カラメルソースと、トッピングが複雑に混ざり合うのがパンプディングの醍醐味だろう。


マロンクリームと大粒の栗、アイスクリームをトッピングした「モンブラン」(700円)も人気。

今のところ、レギュラーメニューはこれら3種だが、今後は旬のフルーツなどを使った季節のパンプディングも用意するという。


また、モーニングもすでに口コミで評判を呼び、開店前から行列ができているという。

それもそのはず、なにしろ、ドリンク代(コーヒーは420円)のみで、毎朝オーブンで焼き上げる大きな自家製パンとスープ、ポテトサラダ、メープルシロップのセットが付くのだ。

焼きたての自家製パンは香ばしく、フワフワ&モチモチの食感。男性でもこれ1個で十分に満腹になる。

これがドリンク代のみのサービスとはスゴイ!


「パンプディングとこのモーニングを二本柱に、愛知県にもどんどんチェーン展開していきます」と、オーナーの鼻息は荒い。

東京の喫茶チェーンの進出を地元チェーンによって食い止めることができれば、喫茶王国としての面目を保つことができるというものだ。

cafe しょぱん NAGARA
岐阜県岐阜市八代1-1-29/[TEL]058-201-5333/[営]7時~22時/[休]無




永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
JR中央本線・地下鉄東山線千種駅の北に寿司やとんかつ、焼き鳥など飲食店が軒を連ねるエリアがある。 安くて旨い穴場の店が多く、これまで何軒か取材をしたこともある。今回紹介するのは、その千種駅北エリアに今年5月にオープンしたばかりの『花○商店 千種店』だ。
更新: 2019-06-03 16:02:00
名古屋でふわとろの親子丼ブームの火付け役となった『とり五鐵』。親子丼の元祖、東京・日本橋人形町『玉ひで』の八代目当主、山田耕之亮氏プロデュースのとり料理専門店だ。 この名店で、このほど新しい親子丼がメニューにわえられたというので、早速、食べに行ってみた……。
更新: 2019-05-27 16:05:00
名古屋で「うなぎ料理」、と聞いて何を想像するだろうか? うな丼やうな重? それともひつまぶし?  今回紹介する『豆たぬき』では、うな丼やひつまぶし以外にもう一つの食べ方を提案している。それが「うなぎの炊き込みご飯」だ……。
更新: 2019-05-16 16:05:00
新元号が「令和」に決まり、新しい時代が始まる。 名古屋市瑞穂区にある『ひつまぶし う家 八事本店』では、天皇陛下の御即位を奉祝する特別な献立を用意したという。その名も、御即位奉祝徳会席「令和」。値段は7020円とやや値が張るものの、こんな機会は滅多にない。今回はその全貌を明らかにしようと思う。
更新: 2019-05-16 14:26:40
「カレー」と聞いて、どんなカレーをイメージするだろうか? 欧風カレー? それともインドカレーやタイカレー? 最近ではスパイスカレーも人気を集めているが……。 私が思い浮かべるのは、喫茶店のカレー。 缶詰のカレーを温めただけの店もあるが、あれはあれで旨いから不思議だ……(笑)。
更新: 2019-04-27 16:00:00
最新の投稿
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00
京急・大森町駅前から細い路地を入った奥に鎮座する、女将さんがひとりで切り盛りする小体なこの店は、なんといっても「国産ひな鶏の素揚げ」が名物!
更新: 2019-06-14 16:30:24

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt