MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
「双子鮨」の「押し穴子」(寿司/北千住)

「双子鮨」の「押し穴子」(寿司/北千住)

おとなの週末「三ツ星押し寿司」特集掲載商品「双子鮨」の「押し穴子」。ふんわりと仕上げられた穴子は上質なものを使用し、炙ることで香ばしさを加えた人気のひと品。初代大将が仕込むツメは、甘辛く上品な味わい。秘伝の技を堪能できる。[交]北千住駅から徒歩10分 ※ランチタイム有

双子鮨(最寄駅:北千住駅)

 約60年に渡り、愛されている寿司店。「海鮮丼」(600円・味噌汁付き)などお得なランチは、終日いただける。「押し穴子」は基本的に持ち帰りのみで予約が必要。受け取り時間などは、柔軟に対応してくれるので気軽に相談したい。

押し穴子
700円※要予約

ふんわりと仕上げられた穴子は上質なものを使用し、炙ることで香ばしさを加えた人気のひと品。初代大将が仕込むツメは、甘辛く上品な味わい。秘伝の技を堪能できる。

双子鮨

東京都足立区千住龍田町16 ☎03-3881-9732 [営]11時〜20時LO※シャリが無くなり次第閉店 [休]火 [交]北千住駅から徒歩10分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3881-9732
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
池袋駅の構内は強豪店が点在する立ち食い寿司の激戦地。2017年6月の開業からまたたく間に行列店に成長したのが東武百貨店内にあるこちら。
更新: 2019-07-10 09:55:10
扉を開ければ真新しい白木のカウンターが目に飛び込んでくる。店の主・石川さんは築地場内で指折りの実力を誇る「岩佐寿し」から独立した。
更新: 2019-05-13 13:52:41
車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。
更新: 2019-01-18 12:00:00
ネタとシャリとの一体感こそ、この丼の真骨頂。使用するのは、まったりとしたサーモンに酸味の小肌、歯応えを生むイカやタコなど。
更新: 2019-01-17 18:00:00
最新の投稿
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-20 12:00:00
吉祥寺で焼肉といえば、地元で大人気の行列店『R』である。 しかし、今、吉祥寺は「ひとり焼肉」がブームの兆しなのであった……。 おひとり様上等のおっさん女子もこのブームにちょっと乗ろうと思って、パトロールをしてみたので、その結果をお伝えしようと思います。
更新: 2019-07-19 15:48:00
堺市の本店は、元々うなぎの持ち帰り専門店として営業。50年近くの歴史を持つ。
更新: 2019-07-19 12:00:00
外観を見ただけでピンときた。 昭和レトロを感じさせる外観だが、古さを感じさせないモダンな内外観。 玉造にある大衆酒場「タムヤ」は、店主田村一廣さん(42)のこだわりが散りばめられている。 しかも、店主の体型と同じでとにかく料理のボリュームがヤバイ!
更新: 2019-07-18 16:03:00
名古屋のおすすめ居酒屋&ダイニングバーをご紹介!安くて美味しいリーズナブルなお店や、ゆっくり個室で呑めるお店、デートにぴったりなオシャレなお店など、グルメライターが実際に食べ歩いて見つけたお店をカテゴリ別にご紹介します!
更新: 2019-07-19 20:13:15

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt