MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
「双子鮨」の「押し穴子」(寿司/北千住)

「双子鮨」の「押し穴子」(寿司/北千住)

おとなの週末「三ツ星押し寿司」特集掲載商品「双子鮨」の「押し穴子」。ふんわりと仕上げられた穴子は上質なものを使用し、炙ることで香ばしさを加えた人気のひと品。初代大将が仕込むツメは、甘辛く上品な味わい。秘伝の技を堪能できる。[交]北千住駅から徒歩10分 ※ランチタイム有

双子鮨(最寄駅:北千住駅)

 約60年に渡り、愛されている寿司店。「海鮮丼」(600円・味噌汁付き)などお得なランチは、終日いただける。「押し穴子」は基本的に持ち帰りのみで予約が必要。受け取り時間などは、柔軟に対応してくれるので気軽に相談したい。

押し穴子
700円※要予約

ふんわりと仕上げられた穴子は上質なものを使用し、炙ることで香ばしさを加えた人気のひと品。初代大将が仕込むツメは、甘辛く上品な味わい。秘伝の技を堪能できる。

双子鮨

■『双子鮨』
[住所]東京都足立区千住龍田町16
[TEL]03-3881-9732
[営業時間]11時〜20時LO※シャリが無くなり次第閉店
[休日]火曜日
[アクセス]北千住駅から徒歩10分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3881-9732
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
歌舞伎座のほど近く、昭和通り沿いに建つビルの5階。今年3月26日にオープンしたこの店で味わえるのは、六本木の名店『山海』で名を馳せた職人・山崎正夫氏の握る、正統的かつ遊び心を感じさせる見事な寿司だ。
目黒に最高のマグロを出す寿司屋がある。それも今風の高級店ではなく、昔ながらの風情漂う昭和の小さな老舗である。
ネタとシャリが織りなす、この上ない一体感に惚れ惚れするような握りだ。まずはシャリ。
こんなネタケース見たことない。定番、高級魚、京野菜と端から端まで美味の宝庫。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。
店主は蕎麦懐石の名店「無庵」出身。料理長を経て、2017年に、この店をオープンした。
取り扱うのはあんぱんのみ。シンプルなものも美味しいが、人気は写真の2品。東京駅外壁のレンガを模した「東京レンガぱん」の中は、こしあんと白あん入り特製ホイップクリーム。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt