MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
「双子鮨」の「押し穴子」(寿司/北千住)

「双子鮨」の「押し穴子」(寿司/北千住)

おとなの週末「三ツ星押し寿司」特集掲載商品「双子鮨」の「押し穴子」。ふんわりと仕上げられた穴子は上質なものを使用し、炙ることで香ばしさを加えた人気のひと品。初代大将が仕込むツメは、甘辛く上品な味わい。秘伝の技を堪能できる。[交]北千住駅から徒歩10分 ※ランチタイム有

双子鮨(最寄駅:北千住駅)

 約60年に渡り、愛されている寿司店。「海鮮丼」(600円・味噌汁付き)などお得なランチは、終日いただける。「押し穴子」は基本的に持ち帰りのみで予約が必要。受け取り時間などは、柔軟に対応してくれるので気軽に相談したい。

押し穴子
700円※要予約

ふんわりと仕上げられた穴子は上質なものを使用し、炙ることで香ばしさを加えた人気のひと品。初代大将が仕込むツメは、甘辛く上品な味わい。秘伝の技を堪能できる。

双子鮨

■『双子鮨』
[住所]東京都足立区千住龍田町16
[TEL]03-3881-9732
[営業時間]11時〜20時LO※シャリが無くなり次第閉店
[休日]火曜日
[アクセス]北千住駅から徒歩10分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3881-9732
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 「寿司屋では緊張せずに、楽しんでいただきたいんです」と語る二代目。店内は手作りのメニューや大漁旗が飾られ、誰でもくつろげる雰囲気だ。
更新: 2019-10-13 12:00:00
サーモンに並び、光モノも際立っていた『がってん寿司』。「光物三昧」ならその日のおすすめ3種類が一度に楽しめる。
更新: 2019-10-08 12:00:00
見目麗しいウニがたっぷりと盛られた軍艦。さらに大トロや活け赤貝といった贅沢ネタまで、職人が握る“回らない寿司”が1貫130円でいただける。
更新: 2019-10-04 12:00:00
池袋駅の構内は強豪店が点在する立ち食い寿司の激戦地。2017年6月の開業からまたたく間に行列店に成長したのが東武百貨店内にあるこちら。
更新: 2019-07-10 09:55:10
最新の投稿
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
更新: 2019-10-14 12:00:00
 「寿司屋では緊張せずに、楽しんでいただきたいんです」と語る二代目。店内は手作りのメニューや大漁旗が飾られ、誰でもくつろげる雰囲気だ。
更新: 2019-10-13 12:00:00
 中華の花形食材・フカヒレを存分に味わえる姿煮。四川料理の名店『神楽坂 芝蘭』では、これを昼の御膳で楽しめる。
更新: 2019-10-12 12:00:00
今回は紀州鉄道で出会ったディーゼルカーと、沿線で食べた“せち焼き”です。 私はこの“せち焼き”のことを、まったく聞いたことがありませんでした。 はたして、焼き物なのか、食べ物なのか……?
更新: 2019-10-11 15:55:00
 8.8坪のお店で出すタパスは、気取らないながらも繊細な味付けと美しい盛り付けが魅力。口に含んだ先には、幸せが待っている。
更新: 2019-10-11 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt