MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
珈琲店 トップ 渋谷駅前店(渋谷/喫茶店)

珈琲店 トップ 渋谷駅前店(渋谷/喫茶店)

渋谷エリアの喫茶店「珈琲店 トップ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。渋谷のド真ん中に、昭和の喫茶文化が息づく。「珈琲店 トップ 渋谷駅前店」は渋谷スクランブル交差点が誕生する20年も前から駅前で営業している。

珈琲店トップ渋谷駅前店(最寄駅:渋谷駅)

東京五輪を機に現在のビルが建てられ、地下に移った。サイフォンで淹れるコーヒー、銅製のポットなど、昭和から変わらぬ姿で歴史を重ねる。輸入品の缶詰を使った独創的なトーストも健在だ。

オイスタートースト
670円

「オイスタートースト」670円は、広島産の燻製牡蠣と辛子マヨネーズのバランスの妙が光る。コロンビアベースにグァテマラなどをブレンドした、「トップMIX520円」。コクのある味わい

トップMIX
520円

珈琲店トップ渋谷駅前店

[住所]東京都渋谷区道玄坂2-3-1渋谷駅前ビル地下1階 ☎03-3461-5686 [営]8時~22時 [休]正月、ビルの休館日(8月17日)

電話番号 03-3461-5686
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名物の分厚いホットケーキと並び、密かにファンが多いのがパフェ。なかでも旬のフルーツの美味しさにこだわった季節のパフェは格別。
ドバイの七ツ星ホテル『ブルジュ アル アラブ』や世界の名だたるホテルで採用されている、ドイツの高級紅茶「ロンネフェルト」。そのロンネフェルトを贅沢にもかき氷で味わえる。
独自にカスタマイズした焙煎機によるコーヒーは、ブレンド3種、シングルオリジンが7種の全10アイテム。しかも、ドリップからエアロプレス、エスプレッソまでさまざまな抽出で、その魅力を味わえる。
 恵比寿で9坪のコーヒースタンドから始まった『猿田彦珈琲』。開業してわずか7年だが、その躍進ぶりがスゴイ。
こだわりは生産者の思いが詰まった良い豆を仕入れ、自家焙煎してその魅力をきちんと届けること。焙煎は6タイプ。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
440views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt