MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
珈琲店 トップ 渋谷駅前店(渋谷/喫茶店)

珈琲店 トップ 渋谷駅前店(渋谷/喫茶店)

渋谷エリアの喫茶店「珈琲店 トップ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。渋谷のド真ん中に、昭和の喫茶文化が息づく。「珈琲店 トップ 渋谷駅前店」は渋谷スクランブル交差点が誕生する20年も前から駅前で営業している。

珈琲店トップ渋谷駅前店(最寄駅:渋谷駅)

東京五輪を機に現在のビルが建てられ、地下に移った。サイフォンで淹れるコーヒー、銅製のポットなど、昭和から変わらぬ姿で歴史を重ねる。輸入品の缶詰を使った独創的なトーストも健在だ。

オイスタートースト
670円

「オイスタートースト」670円は、広島産の燻製牡蠣と辛子マヨネーズのバランスの妙が光る。コロンビアベースにグァテマラなどをブレンドした、「トップMIX520円」。コクのある味わい

トップMIX
520円

珈琲店トップ渋谷駅前店

[住所]東京都渋谷区道玄坂2-3-1渋谷駅前ビル地下1階 ☎03-3461-5686 [営]8時~22時 [休]正月、ビルの休館日(8月17日)

電話番号 03-3461-5686
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名物の分厚いホットケーキと並び、密かにファンが多いのがパフェ。なかでも旬のフルーツの美味しさにこだわった季節のパフェは格別。
ドバイの七ツ星ホテル『ブルジュ アル アラブ』や世界の名だたるホテルで採用されている、ドイツの高級紅茶「ロンネフェルト」。そのロンネフェルトを贅沢にもかき氷で味わえる。
独自にカスタマイズした焙煎機によるコーヒーは、ブレンド3種、シングルオリジンが7種の全10アイテム。しかも、ドリップからエアロプレス、エスプレッソまでさまざまな抽出で、その魅力を味わえる。
 恵比寿で9坪のコーヒースタンドから始まった『猿田彦珈琲』。開業してわずか7年だが、その躍進ぶりがスゴイ。
こだわりは生産者の思いが詰まった良い豆を仕入れ、自家焙煎してその魅力をきちんと届けること。焙煎は6タイプ。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt