MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【閉店】「平宗 KITTE丸の内店」の「柿の葉ずし」(寿司/丸の内)

【閉店】「平宗 KITTE丸の内店」の「柿の葉ずし」(寿司/丸の内)

おとなの週末「三ツ星押し寿司」特集掲載商品「平宗 KITTE丸の内店」の「柿の葉ずし」。柿の葉の香りがかぐわしい寿司は、店内で仕込まれており、シャリがふんわりとしているのも魅力だ。 ※ランチタイム有

【閉店】柿の葉ずし 総本家 平宗(最寄駅:東京駅)

 本店は1861(文久元)年創業の歴史ある奈良の名店。定番だけでなく、季節限定商品も妙味だ。単品でも購入でき、贈答用の木箱入りなど種類が豊富。関東で食べられるのはKITTE店のみで、他店と共有のイートインスペースがある。

柿の葉ずし 秋の七色
1080円

(左上から)柚庵焼鯖・柚庵焼さんま・柚子大根・穴子・鮭・鯖・海老
柿の葉の香りがかぐわしい寿司は、店内で仕込まれており、シャリがふんわりとしているのも魅力だ。11月初旬頃には、「柚庵焼さんま」が「金目鯛」に変更になる予定。

柿の葉ずし 総本家 平宗

東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー 地下1階 ☎03-6848-7271 [営]10時~21時、日・祝10時~20時 [休]施設に準ずる

電話番号 03-6848-7271
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。
更新: 2019-01-18 12:00:00
ネタとシャリとの一体感こそ、この丼の真骨頂。使用するのは、まったりとしたサーモンに酸味の小肌、歯応えを生むイカやタコなど。
更新: 2019-01-17 18:00:00
色とりどりの華やかな見た目に、まずは食欲をそそられる。たまらず頬張れば、見た目以上の旨さに思わず唸る!
更新: 2019-01-16 18:00:00
駅至近の一等地にありながら、驚異のコスパをたたき出すのが平日昼限定のこの一杯。マグロやホタテ、鯛にアジなど白身や青物、貝類をバランスよくのせている。
更新: 2019-01-15 12:00:00
若き店主・尾嶋さんは、31歳で独立後、名店ひしめく銀座で7年間暖簾を守ってきた。夜は、肴と握りを織り交ぜたおまかせコースのみで、煮る、〆るといった伝統的な仕事に加え、懐石で腕を磨いた経験からくる繊細な和食の技も随所に光る。
更新: 2019-01-13 18:00:00
最新の投稿
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00
明治21年に上野に誕生し、
喫茶店の原点と言われた
「可否茶館」。そこには書棚やビリヤード台が備えられていたという。
更新: 2019-04-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt