エリア: 東京都

とんかつ屋のカツカレーは忘れちゃいけない絶品!是非食べて欲しい東京都内の3店舗!

とんかつ屋のカツカレーは忘れちゃいけない絶品!是非食べて欲しい東京都内の3店舗!

是非食べて欲しい東京都内のとんかつ屋のカツカレー3選!カツをリッチに味わうなら、忘れちゃいけないのが、極上のカレーと楽しむカツ。揚げ物と合うよう開発された至極のカレーとのペアリング。とくとご賞味あれ!


とんかつ鉄のカツカレー(最寄駅:大森駅)

しっとりカツにコク深“黒カレー”

ロース肉を150g使用。揚げ時間は5~10分ほど。高温なのでカラリと揚がるが、肉質がいいのでしっとりジューシー。かつカレー 1200円

トンカツには国産のSPF豚を使用。ラードのみを使い、約175℃の高温でカラッと揚げたトンカツは衣がサックサク。豚肉と牛スジがベースの黒いカレーはサラリとしてコク深く、しっとりした食感のカツの旨みを引き立てる。夜は酒肴や日本酒が充実。上品なダシが香るかつ煮をつまみに、一杯やるのも一興だ。

東京都品川区南大井6-19-16 カテリーナ大森地下1階 ☎03-6459-6416 [営]11時~14時、17時~21時 [休]月 [席]カウンター6席、テーブル16席、計22席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード不可/サなし [交]JR京浜東北線大森駅北口から徒歩6分、大森海岸駅から徒歩12分

とんかつ鉄|しっとりカツにコク深“黒カレー”(かつカレー/大森)

https://matomeshi.jp/articles/469

2015年1月に開店。トンカツには国産のSPF豚を使用。ラードのみを使い、約175℃の高温でカラッと揚げたトンカツは衣がサックサク。豚肉と牛スジがベースの黒いカレーはサラリとしてコク深く、しっとりした食感のカツの旨みを引き立てる。とんかつ鉄[交]大森駅北口から徒歩6分、大森海岸駅から徒歩12分 ※ランチタイム有

いっぺこっぺのカツカレー(最寄駅:蒲田駅)

林SPF豚の濃厚な味、脂の甘みが光る
豚肉本来の味を楽しむため、最初は岩塩につけて食べるのがおすすめ。かたロースカツカレー 2,000円

2015年2月に開店したこの店は、行列店『とんかつ檍あおき』のカツカレー専門店。カレーは全6種あり、「かたロースカツカレー」は280~300gのカツがドーンとのったド迫力の一品だ。中はうっすらピンクの半レア状態で、かぶりつけば肉の旨み、脂の甘みが口中に広がる。檍では食べられないジューシーなメンチカツも、ぜひ!

東京都大田区蒲田5-43-7 ☎非公開 [営]11時~15時頃、17時~21時 [休]水 [席]カウンター7席 計7席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交]JR京浜東北線蒲田駅東口から徒歩4分

林SPF豚の濃厚な味、脂の甘みが光る、行列店『とんかつ檍』のカツカレー(カツカレー専門/蒲田)

https://matomeshi.jp/articles/470

2015年2月に開店したこの店は、行列店『とんかつ檍』のカツカレー専門店。カレーは全6種あり、「かたロースカツカレー」は280~300gのカツがドーンとのったド迫力の一品だ。とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ[交]JR京浜東北線蒲田駅東口から徒歩4分 ※ランチタイム有

のもと家のカツカレー(最寄駅:大門駅)

しなやかな肉に旨みがギュッと凝縮
キャベツ、漬物、豚汁が付く。昼のかつカレー1100円は白豚を使用しているが、リクエストがあれば六白黒豚に変更可能だ。かつカレー 1,700円

鹿児島県産六白黒豚を使ったとんかつが評判の一軒。2種のラードをブレンドし、絶妙な加減で揚げたとんかつはきめ細やかな肉質で、噛むごとに旨みが増す。サラリとしたカレーとも好相性だ。「厚切りロースかつ定食」は約4㎝もの厚みが圧巻で、茎わさび、甘い鹿児島醤油と共に食せば、コク・甘みのある脂身の味が膨らみ、なんとも美味。

東京都港区芝公園2-3-7玉川ビル2階 ☎03-6809-1529 [営]11時半~14時LO、17時半~19時半LO、土11時半~14時LO ※売り切れ次第終了 [休]日・祝 [席]カウンター5席、テーブル16卓 計21席/全席禁煙/予約不可/夜のみカード可/サなし [交]都営浅草線ほか大門駅A3出口から徒歩2分

のもと家|しなやかな肉に旨みがギュッと凝縮(とんかつ/大門)

https://matomeshi.jp/articles/471

鹿児島県産六白黒豚を使ったとんかつが評判の一軒。2種のラードをブレンドし、絶妙な加減で揚げたとんかつはきめ細やかな肉質で、噛むごとに旨みが増す。サラリとしたカレーとも好相性だ。のもと家 [交]大門駅A3出口から徒歩2分、浜松町駅(北口)より徒歩7分、芝公園駅(A3出口)より徒歩5分 ※ランチタイム有







せっかくなので、カレー屋のカツカレーもご紹介!!!

カレー店のカツカレーも絶品なんです!

とんかつ店のカツカレーがカツを美味しく食べるための料理だとすれば、カレーを美味しく食べるためのモノはカレー店にあり! まずは都内のカツカレーの三ツ星店を集めてみました。

中野 トリコカレー
カツカレー 1,000円
濃厚なルーに熱々の鶏スープをかけて好みの濃度にするのが、こちらのスタイル。酒とスパイスに漬けて揚げたカツは薄めながら、カレーに負けぬ濃い味わい。

東京都中野区中野4-20-6 ☎03-5942-4504 12時~16時、18時~21時 不定休

祐天寺 ナイアガラ
カツカレー 970円
ミニミニ電車が料理を運んでくることでも有名な店。ソースがかかった薄めのカツは、辛口カレーに甘みを加えてくれる。

東京都目黒区祐天寺1- 21- 2 ☎03-3713-2602 11時~20時 月・木 ※写真は大辛の「超特急」+300円です

新宿 モンスナック
カツカレー 900円

紀伊國屋の地下にある老舗。薄めのカツはサクサクで、サラサラカレーの中に、心地よい食感と甘みを演出してくれる。

東京都新宿区新宿3-17-7 ☎03-3352-3052 11時~20時45分 無休 ※写真は「辛口」+50円です

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


グルメライター一押し!ご褒美カツカレー|ナイアガラ(カレー/祐天寺)

グルメライター一押し!ご褒美カツカレー|ナイアガラ(カレー/祐天寺)

学生時代から自分へのご褒美はこのカツカレーと決めています。


行列店『とんかつ檍』のカツカレーは林SPF豚の濃厚な味、脂の甘みが光る!(カツカレー専門/蒲田)

行列店『とんかつ檍』のカツカレーは林SPF豚の濃厚な味、脂の甘みが光る!(カツカレー専門/蒲田)

2015年2月に開店したこの店は、行列店『とんかつ檍』のカツカレー専門店。カレーは全6種あり、「かたロースカツカレー」は280~300gのカツがドーンとのったド迫力の一品だ。とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ[交]JR京浜東北線蒲田駅東口から徒歩4分 ※ランチタイム有


かつれつ四谷たけだ|肉汁溢れるメンチカツにノックアウト!(カツカレー/四ツ谷)

かつれつ四谷たけだ|肉汁溢れるメンチカツにノックアウト!(カツカレー/四ツ谷)

牛7:豚3の割合のメンチカツがたっぷり150gのった豪快カレー。油の温度は168℃程度。最後まで揚げきらず、余熱で火を通すのがジューシーに仕上げる秘訣だ。かつれつ四谷たけだ[交]四ツ谷駅2番出口から30秒 ※ランチタイム有


ドライカレー、カツカレー、エビフライカレーが美味しい【珈穂音】(カレー/新宿三丁目)

ドライカレー、カツカレー、エビフライカレーが美味しい【珈穂音】(カレー/新宿三丁目)

ほかにボリュームたっぷりの「カツカレー」(830円)や「海老フライカレー」(880円)も。 ※ランチタイム有


日正カレー(カレー/南千住)|鼻腔をくすぐる本格の香りはあと口まで旨し!

日正カレー(カレー/南千住)|鼻腔をくすぐる本格の香りはあと口まで旨し!

カレーがすっかり人気で店名もこうなれど、昔からのメニューも健在の中華屋だ。野菜たっぷりのタンメンもスープまで旨々で人気。※ランチタイムあり


最新の投稿


びす寅(ビストロ/門前仲町)|和な店で食べるボリューミーな洋食

びす寅(ビストロ/門前仲町)|和な店で食べるボリューミーな洋食

下町うまいもんグルメ散歩!門前仲町特集掲載店。一見、和風居酒屋な趣だが、そのメニューはフレンチやイタリアンなど気取らぬビストロ系。料理はどの皿も気前よく盛られ、旨い料理とワインを堪能できる。


オールプレス エスプレッソ 東京ロースタリー&カフェ|奥深いエスプレッソの世界を堪能(珈琲店/清澄白河)

オールプレス エスプレッソ 東京ロースタリー&カフェ|奥深いエスプレッソの世界を堪能(珈琲店/清澄白河)

清澄白河の下町うまいもんグルメ散歩特集店舗!1986年にニュージーランドに誕生した、エスプレッソ専門のロースタリー&カフェ。2014年に日本初出店。


sunday zoo(珈琲店/清澄白河)|好みの味に出合う歓び

sunday zoo(珈琲店/清澄白河)|好みの味に出合う歓び

清澄白河の下町うまいもんグルメ散歩特集店舗!オーナーご夫妻が営むカフェ。カウンターに並ぶ自家焙煎の豆から銘柄を選ぶと、一杯ずつドリップしてくれる。


お招き屋・Didean(カレー/門前仲町)|参拝時に食べるべき薬膳カレー

お招き屋・Didean(カレー/門前仲町)|参拝時に食べるべき薬膳カレー

下町うまいもんグルメ散歩!門前仲町特集掲載店。深川不動堂への参道沿いにある薬膳カフェ。無農薬・減農薬野菜を化学調味料を使わずに調理している。


支那そば晴弘(ラーメン/門前仲町)|昼はラーメン、夜はつまみで一杯やってラーメンで〆る!

支那そば晴弘(ラーメン/門前仲町)|昼はラーメン、夜はつまみで一杯やってラーメンで〆る!

下町うまいもんグルメ散歩!門前仲町特集掲載店。支那そばの名店『ちばき屋』で修業した初代が開店し22年目、現在の店長は2代目だ。やはり「ちばき屋」仕込みの腕をふるう。


ランキング


>>総合人気ランキング