MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
とんかつ屋のカツカレーおすすめ 3選!東京で是非食べて欲しいお店!

とんかつ屋のカツカレーおすすめ 3選!東京で是非食べて欲しいお店!

是非食べて欲しい東京都内(大森、蒲田、大門)のとんかつ屋のカツカレー3選!カツをリッチに味わうなら、忘れちゃいけないのが、極上のカレーと楽しむカツ。揚げ物と合うよう開発された至極のカレーとのペアリング。とくとご賞味あれ!

とんかつ鉄のカツカレー(最寄駅:大森駅)

しっとりカツにコク深“黒カレー”

ロース肉を150g使用。揚げ時間は5~10分ほど。高温なのでカラリと揚がるが、肉質がいいのでしっとりジューシー。かつカレー 1200円

トンカツには国産のSPF豚を使用。ラードのみを使い、約175℃の高温でカラッと揚げたトンカツは衣がサックサク。豚肉と牛スジがベースの黒いカレーはサラリとしてコク深く、しっとりした食感のカツの旨みを引き立てる。夜は酒肴や日本酒が充実。上品なダシが香るかつ煮をつまみに、一杯やるのも一興だ。

店舗情報
東京都品川区南大井6-19-16 カテリーナ大森地下1階 ☎03-6459-6416 [営]11時~14時、17時~21時 [休]月 [席]カウンター6席、テーブル16席、計22席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード不可/サなし [交]JR京浜東北線大森駅北口から徒歩6分、大森海岸駅から徒歩12分

いっぺこっぺのカツカレー(最寄駅:蒲田駅)

林SPF豚の濃厚な味、脂の甘みが光る
豚肉本来の味を楽しむため、最初は岩塩につけて食べるのがおすすめ。

とんかつに使用するのはこだわりの「林SPF」豚。

店舗情報
東京都大田区蒲田5-43-7 ☎非公開 [営]11時~15時頃、17時~21時 [休]水 [席]カウンター7席 計7席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交]JR京浜東北線蒲田駅東口から徒歩4分

のもと家のカツカレー(最寄駅:大門駅)

しなやかな肉に旨みがギュッと凝縮
キャベツ、漬物、豚汁が付く。昼のかつカレー1100円は白豚を使用しているが、リクエストがあれば六白黒豚に変更可能だ。かつカレー 1,700円

鹿児島県産六白黒豚を使ったとんかつが評判の一軒。2種のラードをブレンドし、絶妙な加減で揚げたとんかつはきめ細やかな肉質で、噛むごとに旨みが増す。サラリとしたカレーとも好相性だ。「厚切りロースかつ定食」は約4㎝もの厚みが圧巻で、茎わさび、甘い鹿児島醤油と共に食せば、コク・甘みのある脂身の味が膨らみ、なんとも美味。

店舗情報
東京都港区芝公園2-3-7玉川ビル2階 ☎03-6809-1529 [営]11時半~14時LO、17時半~19時半LO、土11時半~14時LO ※売り切れ次第終了 [休]日・祝 [席]カウンター5席、テーブル16卓 計21席/全席禁煙/予約不可/夜のみカード可/サなし [交]都営浅草線ほか大門駅A3出口から徒歩2分







せっかくなので、カレー屋のカツカレーもご紹介!!!

カレー店のカツカレーも絶品なんです!

とんかつ店のカツカレーがカツを美味しく食べるための料理だとすれば、カレーを美味しく食べるためのモノはカレー店にあり! まずは都内のカツカレーの三ツ星店を集めてみました。

中野 トリコカレー
カツカレー 1,000円
濃厚なルーに熱々の鶏スープをかけて好みの濃度にするのが、こちらのスタイル。酒とスパイスに漬けて揚げたカツは薄めながら、カレーに負けぬ濃い味わい。

東京都中野区中野4-20-6 ☎03-5942-4504 12時~16時、18時~21時 不定休

祐天寺 ナイアガラ
カツカレー 970円
ミニミニ電車が料理を運んでくることでも有名な店。ソースがかかった薄めのカツは、辛口カレーに甘みを加えてくれる。

東京都目黒区祐天寺1- 21- 2 ☎03-3713-2602 11時~20時 月・木 ※写真は大辛の「超特急」+300円です

新宿 モンスナック
カツカレー 900円

紀伊國屋の地下にある老舗。薄めのカツはサクサクで、サラサラカレーの中に、心地よい食感と甘みを演出してくれる。

東京都新宿区新宿3-17-7 ☎03-3352-3052 11時~20時45分 無休 ※写真は「辛口」+50円です

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
カツ丼と並び、とんかつをより魅惑的にするカツカレー。その歴史は意外に古く、元祖的な店がいくつかあるのをご存知だろうか? そこでカツカレーの歴史をひも解きながら、その味がいかに普及に貢献していったのかを大調査!
更新: 2019-04-06 10:32:33
カレーの魅力は無限大。つまりカレーはどんどん進化するメニュー。そんな進化し続けるカレーには、本格インドの味わいから、日本独自に生まれたミックス系のものまでさまざま。なかでも東京で注目されているカレー店をフィーチャーします!撮影/西崎進也、貝塚 隆(プラウマカレー、Blakes)  取材/岡本ジュン
更新: 2018-09-26 19:58:19
新宿エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたカレー店をご紹介!老舗の「カツカレー」から人気店の「なすチキン カレー」まで!
更新: 2018-09-02 12:00:58
本格とか、インド原理主義とかではなく、日本で歴史を刻んだ〈カレーライス〉は、もはや私達の国民食であり、かけがえのない宝物。これぞ名作と言わしめる、そんな至宝のカレーたちを徹底解剖します!
更新: 2019-06-12 12:28:13
これほど男心をくすぐるメニューもそうはないハズだ。カツとカレー。かぐわしく食欲をそそり、パンチも十分。とんかつ店からビストロまで、男を誘う逸品を紹介する!
更新: 2019-03-22 11:35:44
最新の投稿
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00
先日、東北の日本海側の羽越本線を走る快速列車“きらきらうえつ”が廃止されて新型の観光列車になると発表がありました。 一時期はパンフレット用の写真も担当させていただいていただけに、やはり寂しいです。撮影に行ったときのお話と、以前乗車したときのおいしいもののお話です……。
更新: 2019-08-15 16:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt