MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
積善館(旅館/四万温泉)|文化財登録の湯屋とヘルシー会席を心ゆくまで堪能

積善館(旅館/四万温泉)|文化財登録の湯屋とヘルシー会席を心ゆくまで堪能

 積善館の魅力は建築美と泉質。本館、山荘、佳松亭の3つの建物からなり、最も古い本館は元禄4年建築。

積善館(最寄駅:中之条駅)

文化財に登録された現存する最古の湯宿は、建築に詳しくなくても見応え十分だ。 歴史的価値の高いこの本館は1泊2食7000円台〜。ただし湯治風の滞在が基本、食事はお弁当形式。そこで今回は宿が提案するプランを利用して料理をグレードアップし、会席料理を味わう滞在をおすすめする。 料理のテーマは「湯食同源」。野菜やヘルシー素材をたっぷり使い、朝食では“入って効き、飲んで効く”と言われる源泉で炊いた、ほんのり塩味が効いた「飲泉大根粥」も味わえる。 大正ロマネスク様式の「元禄の湯」のほか、5カ所の風呂が利用できるが、すべての湯船に川底から湧く自家源泉が注がれている。体の内から外から、温泉のパワーを実感できるはずだ。

1泊2食
12500円~(宿のプラン利用)

佳松亭のラウンジで会席料理を味わうプラン。お造りや上州牛の陶板焼きなど全12品。野菜やこんにゃくなどヘルシーな食材を使いながらも食べ応えがある

積善館

群馬県吾妻郡中之条町四万甲4236 ☎0279-64-2101 チェックイン14時〜18時/アウト10時 1泊2食12500円〜(会席プラン。お弁当の湯治プランは7000円〜)※休前日3000円〜増 [交]【電車】JR吾妻線中之条町からバスで約40分 【車】関越自動車道渋川伊香保ICから約25分 ※日帰り入浴あり(1200円(税込)。10時〜16時)

電話番号 0279-64-2101
2016年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
全室オーシャンビューの客室で、正面に伊豆大島を臨む絶景が広がる。露天風呂の眺めも素晴らしく、毎分100ℓという湯量を誇る、美肌の湯がかけ流されている。
 江戸期には松平家の別荘だった由緒ある「新滝」と、姉妹館「千代滝」。鶴ヶ城と城下町をイメージした館内の設えなど“会津らしさ”に彩られた2つの宿には、合わせて4ヵ所の趣きの異なるお風呂がある。
 古くは湯治場として栄え、現在は宿泊利用者数全国一位の温泉リゾートへと発展した箱根。老舗旅館からホテルまで様々な宿がそろうが、おすすめは芦ノ湖畔の森に佇む「小田急箱根レイクホテル」だ。
 富士箱根伊豆国立公園内に位置する「天城荘」。落差30m、伊豆最大級の大滝が敷地内にあり、この滝を間近に見る混浴露天「河原の湯」が名物の宿だ。
里山の野菜やきのこ、川魚、赤城鶏など地元食材をふんだんに使った「山人料理」が自慢の宿。米は自家栽培、味噌も無添加で一から仕込むというこだわりよう。
一心不乱にエビが食べたい。そんなアナタに朗報。何とエビでお腹いっぱいになる「海老しゃぶ」があるんです。使用するのは大きさと新鮮さを厳選した赤エビで、その量2人前で約1kg。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt