MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
松宝苑(旅館/新平湯温泉)|古民家で味わう飛騨のごちそうと絶景紅葉露天

松宝苑(旅館/新平湯温泉)|古民家で味わう飛騨のごちそうと絶景紅葉露天

 東京からだと移動にやや時間がかかるが、“西の宿”で推したいのが「松宝苑」。平湯温泉、福地温泉、新穂高温泉など5つの温泉地が点在する奥飛騨温泉郷の真ん中、新平湯温泉にある一軒宿だ。

松宝苑(最寄駅:松本駅)

 松宝苑の魅力は建物の風情、料理、温泉のトータルのバランスの良さ。堂々たる佇まいの母屋は120年の古民家を移築したもので、豪雪にも耐える太い柱や梁とモダンな調度品との調和が見事だ。ご主人自らが腕をふるうお膳形式の夕食も、この宿を何度も訪ねたくなる理由のひとつ。お造りや前菜の「壱の膳」、飛騨牛や渓流魚が並ぶ「弐の膳」、ご飯や汁ものの「参の膳」に加えて、飛騨牛のステーキや鍋など囲炉裏料理も味わえるという豪華さ。 大自然に抱かれるという言葉がぴったりの内湯や露天風呂の風情はもちろん、温泉好きも納得の泉質の良さ。女性にも喜ばれる「三拍子そろった宿」で、記念日の宿としてもおすすめだ。

1泊2食
12000円~

名産の飛騨牛は、ステーキで味わうほか、カルパッチョなどアレンジを加えて登場

夕食の一例。季節ごとの山里の幸を盛り込んだ、ボリューム満点の飛騨のごちそうが3つのお膳で提供される

松宝苑

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根205-128 ☎0578-89-2244 チェックイン14時/アウト10時 
1泊2食12000円〜※休前日同料金 [交]【電車】JR松本駅からバスで約90分 【車】長野自動車道松本ICから約90分 ※日帰り入浴不可

電話番号 0578-89-2244
2016年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
全室オーシャンビューの客室で、正面に伊豆大島を臨む絶景が広がる。露天風呂の眺めも素晴らしく、毎分100ℓという湯量を誇る、美肌の湯がかけ流されている。
更新: 2017-12-20 15:47:49
 江戸期には松平家の別荘だった由緒ある「新滝」と、姉妹館「千代滝」。鶴ヶ城と城下町をイメージした館内の設えなど“会津らしさ”に彩られた2つの宿には、合わせて4ヵ所の趣きの異なるお風呂がある。
更新: 2017-12-20 15:47:49
 古くは湯治場として栄え、現在は宿泊利用者数全国一位の温泉リゾートへと発展した箱根。老舗旅館からホテルまで様々な宿がそろうが、おすすめは芦ノ湖畔の森に佇む「小田急箱根レイクホテル」だ。
更新: 2017-12-20 15:47:49
 富士箱根伊豆国立公園内に位置する「天城荘」。落差30m、伊豆最大級の大滝が敷地内にあり、この滝を間近に見る混浴露天「河原の湯」が名物の宿だ。
更新: 2017-11-09 12:00:00
里山の野菜やきのこ、川魚、赤城鶏など地元食材をふんだんに使った「山人料理」が自慢の宿。米は自家栽培、味噌も無添加で一から仕込むというこだわりよう。
更新: 2017-12-20 15:47:49
最新の投稿
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-05-21 12:00:00
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt