MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
「梅佶」の「うなぎ押し寿司」(うなぎ/三軒茶屋)

「梅佶」の「うなぎ押し寿司」(うなぎ/三軒茶屋)

おとなの週末「三ツ星押し寿司」特集掲載商品「梅佶」の「うなぎ押し寿司」。うなぎがふんわりとしているのは、オーダー後に生から焼くため。間に挟まれているシソと山ゴボウの香り、シャリに混ぜられたゴマの風味がバランス良く、やみつきになるひと品。[交]東急田園都市線・世田谷線 三軒茶屋駅 徒歩10分 ※ランチタイム有

梅佶(最寄駅:三軒茶屋駅)

 上質な脂ののりと柔らかな身が特徴の三河産うなぎにこだわる店。住宅地に位置し、近隣住民が集う憩いの場となっている。自慢の刺身などメニュー数が豊富で、手作り料理に舌鼓を打ち、うなぎで締める客も多い。うなぎ料理は、注文から40分ほどかかるため、事前の予約もおすすめだ。

うなぎ押し寿司
3500円※平日限定

うなぎがふんわりとしているのは、オーダー後に生から焼くため。間に挟まれているシソと山ゴボウの香り、シャリに混ぜられたゴマの風味がバランス良く、やみつきになるひと品。

梅佶

■『梅佶(うめきち)』
[住所]東京都世田谷区三軒茶屋1-1-1
[TEL]03-3795-4141
[営業時間]11時半〜13時半、17時~23時(22時LO)、日・祝17時~23時(22時LO)
[休日]水曜日
[交通アクセス]東急田園都市線・世田谷線 三軒茶屋駅 徒歩10分

電話番号 03-3795-4141
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
JR寺田町駅すぐという現在の場所で30年以上、前身の川魚の販売店から数えると80年以上の歴史を誇る。こちらの特徴はなんといってもその調理法。
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
1681年創業。うなぎの名産地として知られる柳川を代表する名店だ。
関東では一般的と言っていいうな串。関西ではほとんど見かけることのないこのスタイルで、10年以上前から人気を集めている。
明治から受け継がれる店の伝統は、とにかく質のいいうなぎを使うこと。上物をいかにたくさん継ぎ足しのタレにくぐらせるか。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt