MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
手土産の定番、YOKUMOKU直営のティールーム|YOKUMOKU(カフェ/東京駅)

手土産の定番、YOKUMOKU直営のティールーム|YOKUMOKU(カフェ/東京駅)

手土産の定番、YOKUMOKU直営のティールームが、八重洲地下中央改札口前に。周囲の喧噪から離れ、ゆっくり時間を過ごすことができる。※ランチタイム有

YOKUMOKU 東京駅一番街店(最寄駅:東京駅)

ドリンクやケーキ類を注文すると、人気菓子「シガール」が付くという心憎いサービスも。※ランチタイム有

マロンパフェ
972円

アイスカフェオレ
756円

YOKUMOKU 東京駅一番街店

■『YOKUMOKU 東京駅一番街店』
[住所]東京都千代田区丸ノ内1-9-1 東京駅1番街 地下1階 八重洲地下中央改札前
[TEL]03‐5293‐8327
[営業時間]カフェ9時〜21時
[休日]営業時間・休業日は施設の営業に準じます
[座席]カウンターなし。計30席/全席禁煙
[アクセス]1階八重洲中央口改札から徒歩1分

電話番号 03‐5293‐8327
2017年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 改札の内側と外側のそれぞれから利用でき、全62席と席数が多いことが大きな特長。たっぷりの野菜を使った写真の「ガッパオ」のほか、サラダやサンドイッチなどフードが充実。
鎌倉駅前で51年間。地元でずっと愛されているサイフォン・コーヒーと美味しい軽食。
スキー場として有名な湯沢高原だが、オフシーズンも大賑わいだ。展望のいいウッドデッキと『雲の上のカフェ』が昨年オープン。
山頂駅の2階にある『志賀高原クランペットカフェ』へ。暖炉に大きなソファ、サッカーゲームまであり、イギリスの家庭に招かれたかのようだ。
地上1900メートルの清里テラスにリフトで10分。秩父連峰や富士山、南アルプスが見渡せるおしゃれなウッドデッキがあるとは聞いていたが、まさか酒樽ほどの大きな丸いソファベッドをいくつも並べたザ・高原リゾートが出現しているとは思ってもみなかった。
鎌倉は由比ヶ浜で人気の古民家の蕎麦屋『鎌倉 松原庵』。その趣と味を持ち込み、表参道のけやき並木を見下ろす空間は、一瞬どこにいるか忘れる風情だ。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
ドイツで100年以上愛されているバウムクーヘン。卵、バター、小麦粉など素材の味が広がる素朴な美味しさは万人受け間違いなし。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
性格が子どもじみているのかもしれないが、私は混ぜる食べ物が大好きである。 そんな混ぜるの大好き! おっさん女子的に混ぜたい食べ物の王道は、石焼ビビンバだ。 そして吉祥寺で石焼ビビンバを食べるのは、ダイヤ街のビルの2階にある『D韓』です。 食べ盛りの若い男子は、ランチ食べ放題がおすすめだよ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt