MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
「ホントに旨い鯖寿司」特集掲載商品、「鯖みやま」の「鯖寿司」(鯖料理/丸の内)

「ホントに旨い鯖寿司」特集掲載商品、「鯖みやま」の「鯖寿司」(鯖料理/丸の内)

おとなの週末「ホントに旨い鯖寿司」特集掲載商品、「鯖みやま」の「鯖寿司」。世界でも最高の漁場・長崎五島列島西沖で獲れた1キロ以上のサバを使った、“奇跡の鯖寿司”。テイクアウトは昆布を使ったバッテラ風。店内では炙りで提供。塩だけでも旨い。 ※ランチタイム有

鯖みやま(最寄駅:大手町駅)

長崎のサバを使った多彩なメニューが、カジュアルな雰囲気の店内で楽しめる。客単価2万円は下らない本店『銀座みやま』で、舌の肥えた常連を唸らせてきた、コース料理でしか食べられない鯖寿司を単品でいただけるのがうれしい。

鯖寿司
3200円

世界でも最高の漁場・長崎五島列島西沖で獲れた1キロ以上のサバを使った、“奇跡の鯖寿司”。テイクアウトは昆布を使ったバッテラ風。店内では炙りで提供。塩だけでも旨い。

鯖みやま

[住所]東京都千代田区丸の内1-1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー2F [TEL]3-6206-3950 [営業時間]11時~14時、17時~22時LO [休日]日・祝

電話番号 03-6206-3950
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「貝とぬる燗」をコンセプトにしたこの店最大の特徴は、切りたての刺身を提供すること。客の食べるペースに合わせてひと切れずつ出してくれるので、最高に美味しい状態でいただけるのだ。
更新: 2018-12-07 18:00:00
グルメライターが新橋の海鮮料理店[白梅(しらうめ)]を実食レポート。新橋でおよそ70年、三代続く瀬戸内料理。季節ごとに直送の海の幸を味わえるが、冬の看板メニューはもちろん「かき土手鍋」。[住所]東京都港区新橋3-9-7[TEL]03-3459-8839
更新: 2018-12-04 16:13:03
飲食激戦区のこのエリアで営業を続けて約10年。なかなか予約のとれないビストロが、昨年11月からランチ営業を開始した。
更新: 2018-10-12 12:00:00
亀戸エリアの「亀戸升本 本店」の「亀戸大根あさり鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。くつくつと湯気を立てる石鍋の中には、たっぷりの新鮮な厚岸産あさりと短冊切りの亀戸大根。これが自慢の合わせ味噌ダシで炊かれている。[交通アクセス]JR総武線亀戸駅北口から徒歩7分
更新: 2018-09-21 16:00:49
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
更新: 2018-12-03 14:30:34
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt