MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
86年変わらぬ味を気軽に楽しめる|竹むら(スイーツ/淡路町)

86年変わらぬ味を気軽に楽しめる|竹むら(スイーツ/淡路町)

昭和5年創業。昔から変わらない作り方で小豆を炊き、保存料なども一切使わない。

竹むら(最寄駅:淡路町駅)

厚いこし餡の下には、もっちりとした蒸したての粟が。もち粟のつぶつぶとした食感と香ばしい風味に、ぽってりとした餡の甘さが絶妙に合う。濃厚なのに餡はくどくなく、甘味疲れをしない上品さを残した味だ。

あわぜんざい
800円

竹むら

東京都千代田区神田須田町1-19 ☎03-3251-2328 [営]11時〜20時 [休]日・月・祝 [交]地下鉄丸ノ内線淡路町駅A3出口より徒歩約3分

電話番号 03-3251-2328
2017年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ブルターニュ地方の伝統料理であるそば粉のクレープ「ガレット」専門店。ハムやチーズを包んだ食事系のガレットも美味だが、おすすめはリンゴのコンポートのデザートガレット。
毎朝手作りのフレッシュなジェラートを楽しめる。なかでも濃厚なチョコやピスタチオのジェラートが乗ったチョコレートパフェは大人気。
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
通年で営業する珍しいかき氷の専門店。フルーツを使ったイタリアンの店「スタジオーネ・フルッティカーレ」が、もっと気軽にフルーツを味わってほしいと3年前に自家製フルーツソースを使ったかき氷屋を店の一階でオープン。
天保13年に開業した奈良の「松屋本店」の東京店。自生する葛の根を精製した良質の吉野本葛を使ったくず餅の歯応えと風味豊かな味わいに驚く。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt