すずめや(どら焼き/池袋)|生地はふんわり豆の自然な甘さを感じる正統派

すずめや(どら焼き/池袋)|生地はふんわり豆の自然な甘さを感じる正統派

北海道産小豆を使用した餡は、粒をしっかり残しながらも柔らかく、小豆の自然な風味を引き出している。生地は厚めでふんわり、しっとり。 ※ランチタイム有


すずめや(最寄駅:池袋駅)

誰もがイメージする“どら焼きの王道”だ。※ランチタイム有

どらやき(粒餡) 180円

すずめや

東京都豊島区南池袋2-
18-5 ☎03-5391-0196 [営]10時~売り切れ次第終了 [休]日・祝 イートイン/なし [交]JR池袋駅東口から徒歩7分

電話番号 03-5391-0196
2017年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


アニメファン大満足の居酒屋!池袋『ロボ基地』に舌鼓を打ってきた!

アニメファン大満足の居酒屋!池袋『ロボ基地』に舌鼓を打ってきた!

映像居酒屋 ロボ基地(居酒屋/池袋)|基地の入ったビルのエレベーターを降りると、アニメでよく見かける司令部につながるような重厚なドア。ドアまでの通路には、店内で映像が楽しめる18作品のアニメの名場面や設定画が飾られ、それだけでテンションが上がる。この時点でアニメファンとしては大満足かも。


もみの気ハウス|足湯カフェなのに気分は温泉旅行!(カフェ/池袋)

もみの気ハウス|足湯カフェなのに気分は温泉旅行!(カフェ/池袋)

マッサージ屋さんが運営しているが、足湯カフェのみの利用が可。10人ほど座れる足湯スペースのほか、窓に面したリラックス椅子も2席ある。


ならや|知っておくと重宝する!創業時から人気のカレー南蛮そば(そば/池袋)

ならや|知っておくと重宝する!創業時から人気のカレー南蛮そば(そば/池袋)

 33年前の創業時から根強い人気を誇るのが、カレー南蛮だ。ひと口目は甘いと感じるが、徐々にスパイスの複雑な辛みが広がって、パンチが利いたダシの鰹風味が溶け合い、まろやかな味へと変化する。


鮨 てつ也(寿司/池袋)|江戸前の技と旬を堪能できるコース

鮨 てつ也(寿司/池袋)|江戸前の技と旬を堪能できるコース

若き店主・中村哲也さんは、池袋東口の人気店『幸ちゃん寿司』などで修業後、北口のはずれにこの店を開いた。毎朝築地に足を運んで仕入れる天然ものを中心としたネタは、常時約20種類ほどを揃え、江戸前の丁寧な仕事を施し、訪れる客を愉しませてくれる。


UOK|5口で完食〆に最適の「絶品カレー」(居酒屋/池袋)

UOK|5口で完食〆に最適の「絶品カレー」(居酒屋/池袋)

 池袋北口のビルの奥にあるカウンターだけの小さな居酒屋。提供する肴も小ぶりでその多くが500円以下ということもあって、連夜ひとり飲みの酔客で賑わう。


最新の投稿


撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

島根県の宍道湖周辺に敷かれた「一畑電車」。この路線には大手私鉄から移籍してきた電車や、近年一畑オリジナルの新車など、いろいろな電車が走りました。 そのなかでも好きな電車は2100系電車。ちょっと丸い顔をしたかわいい形です……。


観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【後編】

観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【後編】

真田幸村が生きた長野の地を、観光列車に揺られながら、各駅停車で途中下車しながら、愛でる旅に出かけてみませんか。今回は観光列車「ろくもん」のおすすめポイントと、長野駅をご紹介します! 撮影/大西尚明、ツジノワタル(大阪) 取材/飯田 守(幸村)、飯田かおる(ろくもん、上田、長野)、松井さおり(小諸、田中、大屋、長野)


三連休におすすめ!観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【前編】

三連休におすすめ!観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【前編】

真田幸村が生きた長野の地を、観光列車に揺られながら、各駅停車で途中下車しながら、愛でる旅に出かけてみませんか。前編では小諸駅~上田駅をご紹介します!


名古屋エリア限定グルメ情報(48) 岐阜県が誇るブランド豚「ボーノポークぎふ」の高いポテンシャルに驚愕!

名古屋エリア限定グルメ情報(48) 岐阜県が誇るブランド豚「ボーノポークぎふ」の高いポテンシャルに驚愕!

愛知県の隣、岐阜県で肉といえば、飛騨牛があまりにも有名である。では、豚肉はどうか。岐阜のブランド豚、「ボーノポークぎふ」は、知名度こそまだまだだが、鹿児島の黒豚や沖縄のアグー豚にも負けてはいない。 今回紹介する『豚料理 とんと』は、ボーノポークぎふに魅せられた店主が作る、こだわり満載のメニューだ……。


週末の銀座ランチはちょっと優雅に!おすすめ4軒はここ!

週末の銀座ランチはちょっと優雅に!おすすめ4軒はここ!

お出かけついでに立ち寄りたい!週末のちょっと優雅な銀座ランチ。銀座はやっぱりハレの場所。だからこそ気分をさらに盛り上げてくれる、この4軒で上質ランチを楽しんでください!


ランキング


>>総合人気ランキング