エリア: 東京都

こんな料理ともワインが楽しめる!?東京都内でお気楽ワインならここで!

こんな料理ともワインが楽しめる!?東京都内でお気楽ワインならここで!

ここで野菜の煮物や魚の煮付けといった、家庭的な料理にもワインはピッタリ。ここでは、そんな中華や焼きとん、さらにはたこ焼きや餃子まで、カジュアルワインが楽しめる東京都内おすすめ三ツ星店を紹介です。


【中華×ワイン】味坊(最寄駅:神田駅)

ラム肉の串焼き(10本) 1944

「ウチは中国の中でも東北地方の料理が中心。羊肉を使う料理も多いからワインに合うでしょ」とはオーナーの梁さん。特にオススメなのが炭火で炙ってから一味唐辛子やクミンなどのスパイスをたっぷりまとわせた「ラム肉の串焼き」だ。ジューシーなラムのコクと香辛料の爽やかな香りで、コップに注がれたワインがグイグイすすむ。今では7~8割の客が紹興酒よりもワインを選ぶとか。値段も基本的にボトル1本2700円とリーズナブル。庶民的な雰囲気で気軽にワイワイ楽しめる1軒だ。※ランチタイム有

ラムの串焼きにはこんなワイン

デスクランブ シャトー・ルネッサンス(赤) ボトル 2700円
フランス、ボルドー産の自然派ワイン。果実味をいかしたまろやかでエレガントな味。ミディアム~フルボディでキメの細かいタンニンが後味を引き締める。茶目っ気たっぷりのエチケットも必見だ。

東京都千代田区鍛冶町2-11-20 
☎03-5296-3386 
[営]11時〜14時半、17時〜23時(22時半LO)、日・祝は15時〜21時(20時半LO) 
[休]無休 
[席]テーブル90席 計90席/禁煙席あり/予約可/カード可/サなし 
[交]JR山手線神田駅東口から徒歩2分

味坊|庶民的な中華食堂でコップワインをグビッ!(中華料理/神田)

https://matomeshi.jp/articles/2035

JRの高架下に店を構える中華食堂兼居酒屋。店を訪れていた、日本における自然派ワインの第一人者・勝山晋作氏のすすめで、5年前からワインをメニューに載せるように。※ランチタイム有

【中華×ワイン】真不同 飲茶倶楽部(最寄駅:恵比寿駅)

頂湯焼売 583円
豚スペアリブ 712円

なかでも看板メニューが、金華ハムなどの高級食材を贅沢に使ってとるスープ、“頂湯”を餡にたっぷり練り込んだ「頂湯焼売」。蒸したて熱々を頬張れば、奥深いコクのスープがほとばしる。 ワインはインポーターと提携し、ポテンシャルの高いボトルをリーズナブルに仕入れているため、コストパフォーマンスの高さを感じるものばかり。中華料理に合わせ、しっかりとしたボティを持つボトルが中心で、ワインと点心のペアリングにうならされること請け合いだ。

点心にはこんなワイン

エステート・ピノ・ノワール エラスリス(赤) ボトル 3456円
チリ産の中でも特に優れたワイナリーによるもので、完熟したブドウの豊かさを持つエレガントな1本。しっかりとしたボディとコクがあり、中華の調味料や香辛料の香りを優しく包み込んでくれる。

東京都渋谷区恵比寿南1-8-9 京城ビル 6階 
☎03-6303-1318 
[営]17時半〜24時(フード23時、ドリンク23時半LO)
[休]日 
[席]カウンター6席、テーブル4席×4卓、8席×1卓 計30席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし、席料324円別 
[交]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩2分

真不同 飲茶倶楽部|ワイングラス片手に本格的な点心に舌鼓(中華料理/恵比寿)

https://matomeshi.jp/articles/2036

西麻布にある中華の人気店『真不同』の姉妹店として、2016年10月にオープン。本店のメニューの中でもとりわけ人気の高い本格的な香港式点心を料理の主軸にすえている。

【たこ焼き×ワイン】TAKOYAKI DINING 8864(最寄駅:新橋駅)

ソースと素焼きのたこ焼き 各540円

名のイメージと違い高級食材で、独特のコクが出るため1度食べたら他のたこ焼きでは物足りなくなるはず。おやつというより立派な一品料理である。ワインはスパークリングから白・赤とボトルの提供が充実。たこ焼き以外にも手の込んだフードが多く、腰をすえて楽しみたい。

たこ焼きは素焼き、しお、ゆずポン酢、土佐醤油、きざみわさび、ソース、だしと7種類を楽しめる。トッピングも可能。

たこ焼きにはこんなワイン

カーニヴォ(赤) ボトル 4860円
「黒ワイン」とも言われるほど濃厚な色合いの赤は、王道のソース味のたこ焼きに。8864のたこ焼きは生地に下味がしっかり付いているため、スパイシーなソースとマヨネーズのパンチにもぴったり。

東京都港区新橋5-10-8 カルチャーセンタービル 1階 
☎03-6450-1393 
[営]月~金17時~翌3時、土~22時半
[休]不定休 
[席]カウンター6席、4席×3卓、2席×1卓 計20席/全席喫煙可/カード不可/予約可 お通し324円別 
[交]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩7分

TAKOYAKI DINING 8864|とろ熱のたこ焼きを冷たいワインで(ワインバー/新橋)

https://matomeshi.jp/articles/2037

焼き置きは一切なし、注文が入ってからじっくり焼くたこ焼きは、関東ではかなり珍しい「あぶらかす」入り。あぶらかすとは、牛のホルモンを低温で素揚げしたもの。

【焼きとん×ワイン】やきとん 埼玉屋(最寄駅:東十条駅)

焼きとん各種 160円
(レバ、アブラ、シロ、シャモ、チレ)

創業以来62年間継ぎ足した秘伝のタレ以外に、サルサソースをのせるシャモやエスカルゴバターを使うチレなどもあり、ホルモンの食べ方の可能性に感動されられるはず。串以外の副菜も手のこんだ一品が充実。ホッピーや焼酎だけでなく、ワインにも実によく合うものが揃っている。

焼きとんにはこんなワイン

秩父ワイン 源作印ワイン(赤) ボトル 1200円
飲みきれるように720mlの小さなボトルを提供。しっかりとした渋味がありながらも、かつさわやかな後味。重すぎず軽すぎず、香りの強いオリーブオイルやホルモンの濃厚な味を引き立てる飲み口だ。

東京都北区東十条2-5-12 
☎03-3911-5843 
[営]16時〜21時半(土は、一回転のお客で満席次第終了) 
[休]日・祝 
[席]4席×3卓、カウンター19席 計31席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サ・お通しなし 
[交]JR京浜東北線東十条駅南口から徒歩4分

やきとん 埼玉屋|赤ワインのコクが新鮮なホルモンを引きたてる(ホルモン/東十条)

https://matomeshi.jp/articles/2038

ホルモンの「固い」「臭い」という思い込みを根底から覆してくれる店。カウンター席に着くと、店主のお任せで絶品の串が最高のタイミングで提供される。

【餃子×ワイン】餃子バル 餃子の花里(最寄駅:神保町駅)

トリュフ餃子、ブルーチーズ餃子 各730円

餃子激戦区のひとつ、神保町に2014年にオープン。ワインと餃子というコンセプトで、基本となる豚肉・白菜のムチムチの餡に、ブルーチーズやトリュフ、フォアグラなどを加えた餃子を提供。風味豊かに仕上げた完成度の高さ、重めの赤を中心とした店主・浦崎さん厳選のワインとのペアリングの楽しさからたちまち人気店に。「神保町ではおそらくウチだけ」(店主・浦崎さん)という絶妙の組み合わせ、一度は味わう価値ありだ。

餃子にはこんなワイン

Dバロン ド ロートシルト(赤) ボトル 3780円
豚肉の甘み、旨みが凝縮している餃子には、果実味・渋みともに十分なフルボディの赤がおすすめ。ボルドーで造られる写真のワインのほか、イタリア産の「バルバレスコ」も好相性とのこと。

東京都千代田区神田神保町1-30 
☎03-3294-1007 
[営]11時半~13時半LO、17時~23時 
[休]日 
[席]カウンター10席、2席×2卓 計14席/全席喫煙可/予約可/カード不可/お通し250円 
[交]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A5出口から徒歩2分

餃子バル 餃子の花里|神保町唯一の絶妙な味を気軽に楽しむ(餃子/神保町)

https://matomeshi.jp/articles/2039

餃子激戦区のひとつ、神保町に2014年にオープン。ワインと餃子というコンセプトで、基本となる豚肉・白菜のムチムチの餡に、ブルーチーズやトリュフ、フォアグラなどを加えた餃子を提供。※ランチタイム有

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


横浜・たまプラーザのそば『手打そば 風來蕎』

横浜・たまプラーザのそば『手打そば 風來蕎』

店で手作りする濃厚な生湯葉に、しっとり仕上げた鴨のロースト、そして彩り野菜をあしらったカルパッチョと、コース口開けの前菜から、その出来映えに惚れ惚れ。続いてやってくる滋味あふれる椀物や、季節の一品料理でさらに心をつかまれたところで真打ちの登場だ。


吉祥寺の日本料理『ビストロ 丿貫(へちかん)』

吉祥寺の日本料理『ビストロ 丿貫(へちかん)』

淡路や唐津、七尾など産直で仕入れた魚介をふんだんに使用し、日本酒も蔵を巡り、食事に合うのものを中心に取り揃える。それらを「都心部に劣らぬ美味しさでカジュアルにコスパよく」をモットーに供してくれるのが同店だ。


代々木上原の日本料理『キガルニワショク 弾』

代々木上原の日本料理『キガルニワショク 弾』

料理長・金子さんが作るのは、きれいな味わいの端正な和食。おまかせコースも懐石らしくきちんとした仕立てだが、料理が日替わりで単品が豊富というのも強みだ。


北千住の日本料理『下町割烹 とめだて』

北千住の日本料理『下町割烹 とめだて』

店主の小池忠さんが店名に下町割烹と付けたのは「親しみやすい店にしたかった」から。飲み屋街が広がる北千住でも静かな西側エリアにあり、気取らず、真摯に料理と向き合う姿勢が清々しい。


絶品天ぷら&鮮魚が楽しめる和バル!湯島『天ぷら&フィッシュバルころも』

絶品天ぷら&鮮魚が楽しめる和バル!湯島『天ぷら&フィッシュバルころも』

目の前で揚げる本格天ぷら、そして手の込んだ和食、その両方が同時に楽しめるバル……気になるでしょ?その注目の一軒がココ。


最新の投稿


根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

柔らかな雰囲気の店内。店主の杉本さんの応対も温かいなぁと和んでいたら、コースの序盤から一本取られてしまった。


護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。


代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。


大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。


撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。


ランキング


>>総合人気ランキング