名古屋エリア限定グルメ情報(15) 〆はリゾットに! 名古屋人が喜ぶツボをおさえた「味噌煮込みハンバーグステーキ」

名古屋エリア限定グルメ情報(15) 〆はリゾットに! 名古屋人が喜ぶツボをおさえた「味噌煮込みハンバーグステーキ」

豆味噌を使った料理で、名古屋人のいちばん身近なものといえば、味噌汁、いわゆる赤だしだろう。そして、そんな赤だしの特性を生かしたのが名古屋めしの一つ、「味噌煮込み」。しかも今回紹介するのは、うどんではない。ハンバーグなのである……。


〆はリゾットに! 名古屋人が喜ぶツボをおさえた「味噌煮込みハンバーグステーキ」

豆味噌を使った料理で、名古屋人のいちばん身近なものといえば、味噌汁、いわゆる赤だしだろう。

麦味噌や米味噌の味噌汁と違って、赤だしは具を選ばない。

とくにアサリ汁や豚汁は赤だし以外に考えられない。

しかも、煮込めば煮込むほど旨くなるのだ。そんな赤だしの特性を生かしたのが名古屋めしの一つ、「味噌煮込み」だろう。


今回紹介するのは、うどんではない。

ハンバーグである。

地下鉄桜通線吹上駅からほど近い『和魂洋食 朋』の「味噌煮込みハンバーグステーキ」(180グラム・1340円)だ。

このメニューが赤だし最強説を実証している。

名古屋市内のハンバーグ専門店や洋食店の中には、味噌仕立てのソースを使ったハンバーグを出す店もある。

とはいえ、デミグラスソースに隠し味としてくわえている程度で、言うほど味噌を感じないのである。

洋食という枠から飛び出せないのか、それとも洋食の料理人としてのプライドが邪魔をしているとしか思えない。

一方、ここの「味噌煮込みハンバーグステーキ」は、この見た目もさることながら、味も名古屋人が食べ慣れた味噌煮込みのつゆそのものなのだ。

「豆味噌をベースにブレンドした味噌に鰹の一番だしを合わせていますから、おっしゃる通り、ほとんど味噌煮込みうどんのつゆですね(笑)」と、店主の藤本幹人さん。



ハンバーグをナイフでカットすると、溢れた肉汁がつゆに染み出す。

だしのベースとなる鰹節と肉の旨み、そして豆味噌のコクが掛け合わされて、めちゃくちゃ旨くなる。

つゆがどんどん旨くなることこそ、このメニューの醍醐味である。


が、ハンバーグそのもののクオリティが高くなければ、こうはいかない。

それこそ、外国産の安い牛肉を使っていたら、もっとしつこい味になるだろう。


「ハンバーグに使う挽き肉は、宮崎県産の黒毛和牛と愛知県産の豚です。
やはり、脂の口溶けがまったく違います」(藤本さん)とか。

〆のため、つゆ(ソース?)は必ず残しておくべし!

しかし、ご飯に合うからといって、一気に食べてしまってはいけない。

少しだけ残しておくのがポイントだ。

ハンバーグを食べ終った器に投入してリゾットにして〆るのだ。


これがもう、悶絶するほど旨いのである。

名古屋人が喜ぶツボをおさえまくった「味噌煮込みハンバーグステーキ」、是非お試しあれ。

和魂洋食 朋

愛知県名古屋市昭和区折戸町2-20
[TEL]052-734-8285
[営業時間]11時半~14時半(14時L.O.)、17時~22時半(21時半L.O.)
[定休日]月(祝日の場合は営業、翌火休)





永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

関連する投稿


名古屋エリア限定グルメ情報(48) 岐阜県が誇るブランド豚「ボーノポークぎふ」の高いポテンシャルに驚愕!

名古屋エリア限定グルメ情報(48) 岐阜県が誇るブランド豚「ボーノポークぎふ」の高いポテンシャルに驚愕!

愛知県の隣、岐阜県で肉といえば、飛騨牛があまりにも有名である。では、豚肉はどうか。岐阜のブランド豚、「ボーノポークぎふ」は、知名度こそまだまだだが、鹿児島の黒豚や沖縄のアグー豚にも負けてはいない。 今回紹介する『豚料理 とんと』は、ボーノポークぎふに魅せられた店主が作る、こだわり満載のメニューだ……。


名古屋エリア限定グルメ情報(47) 名古屋駅ホームのきしめんにまつわるさまざまな「ウワサ」を徹底検証してみた!

名古屋エリア限定グルメ情報(47) 名古屋駅ホームのきしめんにまつわるさまざまな「ウワサ」を徹底検証してみた!

きしめんと聞いて、名古屋駅のホームを連想される方は多いと思う。人によっては、「○番線ホームがいちばん旨い」とか「○番線ホームは天ぷらが揚げたて」など、真偽のほどは定かではないが、ネット上ではさまざまな説が論じられている。そこで今回は、駅ホームのきしめんの魅力に迫るとともに、ネット上の説について検証してみようと思う。


名古屋エリア限定グルメ情報(46) 台湾&ベトナム好き姉妹が営むアジアン食堂『花果(ホアクア)』で絶品台湾メシ

名古屋エリア限定グルメ情報(46) 台湾&ベトナム好き姉妹が営むアジアン食堂『花果(ホアクア)』で絶品台湾メシ

私事で恐縮だが、今年の夏休みは少し後にズラして、ずっと前から行きたかった台湾へ行く予定。牛肉麺や魯肉飯、小籠包などを食べまくろうと思っている。それだけに、今、私は「台湾」というフレーズに敏感になっているのだ(笑)。 ってことで、名古屋に居ながら本場台湾の味が楽しめる店を発見した……。


名古屋エリア限定グルメ情報(45) 9割以上も愛知県産の食材を使った名古屋駅前『名駅 宴処 花かるた』の絶品コース

名古屋エリア限定グルメ情報(45) 9割以上も愛知県産の食材を使った名古屋駅前『名駅 宴処 花かるた』の絶品コース

愛知県は食材の宝庫である。それこそ、三河湾産の魚介や知多・渥美半島産の野菜のレベルは全国屈指。 名古屋駅から徒歩1分の場所にある居酒屋『名駅 宴処 花かるた』は、名古屋めしが自慢の居酒屋。 ここに、地元食材を9割以上使った絶品コースメニューがあるのだ……。


名古屋エリア限定グルメ情報(44) 東京・人形町『玉ひで』プロデュースの鶏料理店『とり五鐵』がリニューアルオープン!

名古屋エリア限定グルメ情報(44) 東京・人形町『玉ひで』プロデュースの鶏料理店『とり五鐵』がリニューアルオープン!

本当に美味しい店を紹介するために、覆面取材という手法でリサーチをする『おとなの週末』。これまで私も数多くの店に足を運んだのだが、丼もの特集において、不動の上位にランクインする店がある。 名古屋駅のJRセントラルタワーズ13階にある『とり五鐵』がそれだ。


最新の投稿


撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

島根県の宍道湖周辺に敷かれた「一畑電車」。この路線には大手私鉄から移籍してきた電車や、近年一畑オリジナルの新車など、いろいろな電車が走りました。 そのなかでも好きな電車は2100系電車。ちょっと丸い顔をしたかわいい形です……。


観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【後編】

観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【後編】

真田幸村が生きた長野の地を、観光列車に揺られながら、各駅停車で途中下車しながら、愛でる旅に出かけてみませんか。今回は観光列車「ろくもん」のおすすめポイントと、長野駅をご紹介します! 撮影/大西尚明、ツジノワタル(大阪) 取材/飯田 守(幸村)、飯田かおる(ろくもん、上田、長野)、松井さおり(小諸、田中、大屋、長野)


三連休におすすめ!観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【前編】

三連休におすすめ!観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【前編】

真田幸村が生きた長野の地を、観光列車に揺られながら、各駅停車で途中下車しながら、愛でる旅に出かけてみませんか。前編では小諸駅~上田駅をご紹介します!


名古屋エリア限定グルメ情報(48) 岐阜県が誇るブランド豚「ボーノポークぎふ」の高いポテンシャルに驚愕!

名古屋エリア限定グルメ情報(48) 岐阜県が誇るブランド豚「ボーノポークぎふ」の高いポテンシャルに驚愕!

愛知県の隣、岐阜県で肉といえば、飛騨牛があまりにも有名である。では、豚肉はどうか。岐阜のブランド豚、「ボーノポークぎふ」は、知名度こそまだまだだが、鹿児島の黒豚や沖縄のアグー豚にも負けてはいない。 今回紹介する『豚料理 とんと』は、ボーノポークぎふに魅せられた店主が作る、こだわり満載のメニューだ……。


週末の銀座ランチはちょっと優雅に!おすすめ4軒はここ!

週末の銀座ランチはちょっと優雅に!おすすめ4軒はここ!

お出かけついでに立ち寄りたい!週末のちょっと優雅な銀座ランチ。銀座はやっぱりハレの場所。だからこそ気分をさらに盛り上げてくれる、この4軒で上質ランチを楽しんでください!


ランキング


>>総合人気ランキング