名古屋エリア限定グルメ情報(15) 〆はリゾットに! 名古屋人が喜ぶツボをおさえた「味噌煮込みハンバーグステーキ」

名古屋エリア限定グルメ情報(15) 〆はリゾットに! 名古屋人が喜ぶツボをおさえた「味噌煮込みハンバーグステーキ」

豆味噌を使った料理で、名古屋人のいちばん身近なものといえば、味噌汁、いわゆる赤だしだろう。そして、そんな赤だしの特性を生かしたのが名古屋めしの一つ、「味噌煮込み」。しかも今回紹介するのは、うどんではない。ハンバーグなのである……。


〆はリゾットに! 名古屋人が喜ぶツボをおさえた「味噌煮込みハンバーグステーキ」

豆味噌を使った料理で、名古屋人のいちばん身近なものといえば、味噌汁、いわゆる赤だしだろう。

麦味噌や米味噌の味噌汁と違って、赤だしは具を選ばない。

とくにアサリ汁や豚汁は赤だし以外に考えられない。

しかも、煮込めば煮込むほど旨くなるのだ。そんな赤だしの特性を生かしたのが名古屋めしの一つ、「味噌煮込み」だろう。


今回紹介するのは、うどんではない。

ハンバーグである。

地下鉄桜通線吹上駅からほど近い『和魂洋食 朋』の「味噌煮込みハンバーグステーキ」(180グラム・1340円)だ。

このメニューが赤だし最強説を実証している。

名古屋市内のハンバーグ専門店や洋食店の中には、味噌仕立てのソースを使ったハンバーグを出す店もある。

とはいえ、デミグラスソースに隠し味としてくわえている程度で、言うほど味噌を感じないのである。

洋食という枠から飛び出せないのか、それとも洋食の料理人としてのプライドが邪魔をしているとしか思えない。

一方、ここの「味噌煮込みハンバーグステーキ」は、この見た目もさることながら、味も名古屋人が食べ慣れた味噌煮込みのつゆそのものなのだ。

「豆味噌をベースにブレンドした味噌に鰹の一番だしを合わせていますから、おっしゃる通り、ほとんど味噌煮込みうどんのつゆですね(笑)」と、店主の藤本幹人さん。



ハンバーグをナイフでカットすると、溢れた肉汁がつゆに染み出す。

だしのベースとなる鰹節と肉の旨み、そして豆味噌のコクが掛け合わされて、めちゃくちゃ旨くなる。

つゆがどんどん旨くなることこそ、このメニューの醍醐味である。


が、ハンバーグそのもののクオリティが高くなければ、こうはいかない。

それこそ、外国産の安い牛肉を使っていたら、もっとしつこい味になるだろう。


「ハンバーグに使う挽き肉は、宮崎県産の黒毛和牛と愛知県産の豚です。
やはり、脂の口溶けがまったく違います」(藤本さん)とか。

〆のため、つゆ(ソース?)は必ず残しておくべし!

しかし、ご飯に合うからといって、一気に食べてしまってはいけない。

少しだけ残しておくのがポイントだ。

ハンバーグを食べ終った器に投入してリゾットにして〆るのだ。


これがもう、悶絶するほど旨いのである。

名古屋人が喜ぶツボをおさえまくった「味噌煮込みハンバーグステーキ」、是非お試しあれ。

和魂洋食 朋

愛知県名古屋市昭和区折戸町2-20
[TEL]052-734-8285
[営業時間]11時半~14時半(14時L.O.)、17時~22時半(21時半L.O.)
[定休日]月(祝日の場合は営業、翌火休)





永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

関連する投稿


名古屋出張メシは「串カツ 青山七丁目」で決まり!本物の名古屋めし!

名古屋出張メシは「串カツ 青山七丁目」で決まり!本物の名古屋めし!

大ぶりで食べ応えのある「手羽先唐揚げ」(3個540円)をはじめ、自家製の味噌ダレで味わう「味噌串カツ」(5本500円)などの名古屋めしが豊富に揃う居酒屋。「味噌串カツ」に使う味噌は、八丁味噌と合わせ味噌をブレンドして、口当たりをマイルドに。串カツ 青山七丁目(串揚げ・串焼き/栄)


こんなに安くていいの!? と心配しちゃうほどのお手頃価格なバー|クラフトビアバル IBREW WIRED(バー/京橋)

こんなに安くていいの!? と心配しちゃうほどのお手頃価格なバー|クラフトビアバル IBREW WIRED(バー/京橋)

国内外のクラフトビールが230mlで390円、410mlで690円と、ビール好きなら飛びつかないわけがないこの価格!ともかくビール党だけれど、クラフトビールの妙な価格の高さに困惑していた私が、安心して痛飲、堪能できる店なのだ。


名古屋エリア限定グルメ情報(27) 1度に7種類もの名古屋めしが堪能できる「名古屋めし会席」の全貌に迫る!

名古屋エリア限定グルメ情報(27) 1度に7種類もの名古屋めしが堪能できる「名古屋めし会席」の全貌に迫る!

愛知県外の方が名古屋めしを堪能するには、日帰りや1泊2日ではとても無理。味噌かつや味噌煮込みうどん、きしめん、手羽先、ひつまぶし、あんかけスパ……と、やたら種類が多く、どれもボリュームがあるので食べ歩きには向かないのだ。そこでオススメしたいのが『さがみ庭 キャッスルプラザ店』……。


牛肉の老舗が選び抜いた“適サシ肉”とは?|ちんや亭(ステーキ/浅草)

牛肉の老舗が選び抜いた“適サシ肉”とは?|ちんや亭(ステーキ/浅草)

 明治13年創業のすき焼きの老舗。その地下1階では昼のみ営業するカウンターだけのカジュアルなレストランを構えている。


ハンバーグ&ステーキ 腰塚(自由が丘)|脂の甘みと赤身のコクのバランスが絶妙!A4黒毛和牛を豪快に食す

ハンバーグ&ステーキ 腰塚(自由が丘)|脂の甘みと赤身のコクのバランスが絶妙!A4黒毛和牛を豪快に食す

 東京食肉市場で仲卸会社も営む精肉店『千駄木腰塚』とタッグを組んだ専門店、長年の経験で培われた熟練の目利きによって仕入れる黒毛和牛を使ったステーキやハンバーグを手頃な価格で楽しませてくれる。ステーキに使用するのは、ほどよく脂がのり、かつ赤身の濃厚な旨みも感じることができるA4ランク黒毛和牛のみ。


最新の投稿


びす寅(ビストロ/門前仲町)|和な店で食べるボリューミーな洋食

びす寅(ビストロ/門前仲町)|和な店で食べるボリューミーな洋食

下町うまいもんグルメ散歩!門前仲町特集掲載店。一見、和風居酒屋な趣だが、そのメニューはフレンチやイタリアンなど気取らぬビストロ系。料理はどの皿も気前よく盛られ、旨い料理とワインを堪能できる。


オールプレス エスプレッソ 東京ロースタリー&カフェ|奥深いエスプレッソの世界を堪能(珈琲店/清澄白河)

オールプレス エスプレッソ 東京ロースタリー&カフェ|奥深いエスプレッソの世界を堪能(珈琲店/清澄白河)

清澄白河の下町うまいもんグルメ散歩特集店舗!1986年にニュージーランドに誕生した、エスプレッソ専門のロースタリー&カフェ。2014年に日本初出店。


sunday zoo(珈琲店/清澄白河)|好みの味に出合う歓び

sunday zoo(珈琲店/清澄白河)|好みの味に出合う歓び

清澄白河の下町うまいもんグルメ散歩特集店舗!オーナーご夫妻が営むカフェ。カウンターに並ぶ自家焙煎の豆から銘柄を選ぶと、一杯ずつドリップしてくれる。


お招き屋・Didean(カレー/門前仲町)|参拝時に食べるべき薬膳カレー

お招き屋・Didean(カレー/門前仲町)|参拝時に食べるべき薬膳カレー

下町うまいもんグルメ散歩!門前仲町特集掲載店。深川不動堂への参道沿いにある薬膳カフェ。無農薬・減農薬野菜を化学調味料を使わずに調理している。


支那そば晴弘(ラーメン/門前仲町)|昼はラーメン、夜はつまみで一杯やってラーメンで〆る!

支那そば晴弘(ラーメン/門前仲町)|昼はラーメン、夜はつまみで一杯やってラーメンで〆る!

下町うまいもんグルメ散歩!門前仲町特集掲載店。支那そばの名店『ちばき屋』で修業した初代が開店し22年目、現在の店長は2代目だ。やはり「ちばき屋」仕込みの腕をふるう。


ランキング


>>総合人気ランキング