おっさん女子の吉祥寺パトロール(19) 吉祥寺の西インドカレーは『幻の内臓系だ!』の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(19) 吉祥寺の西インドカレーは『幻の内臓系だ!』の件

カレー大好きおっさん女子。カレー屋をざっくり分類してみた結果、今回は無所属系カレーにスポットを当ててみたいと思う。で、吉祥寺の無所属系カレーの代表は、個人的に「L」で決まりである。いや、地元民はたぶん大きくうなずいてくれると思う。大正通り沿いのビルの2Fにあって、ワイルドな猫のオレンジ色の看板でお馴染みのあそこよ!


吉祥寺の西インドカレーは『幻の内臓系だ!』の件

カレー大好きおっさん女子。

ここでいきなりですが、吉祥寺のカレーをざっくり分類してみます。

(1)喫茶店系カレー
「M蔵」「茶房M」「K草」など、喫茶店のカレー。
インドカレーでもない、おうちカレーでもない、エスニックでもないオリジナルなカレーを出す店。
最も吉祥寺っぽいカレーともいえる。

(2)ざっくりインドカレー
チェーン店が主流のナンで食べる系。
おおざっぱに北インド系だけど、まあインドテイストで、いろいろあります的な店。

(3)南インドカレー
女子大通りの「I」、月1営業「まるごと食洞」などのまぼろし系。
吉祥寺ではマニアックなカレーの分類。詳しくは本連載の第3回へGO!

(4)無所属系カレー
カテゴリー分けするのも、他の店とまとめるのも難しい個性的なカレー店のことである。
もちろん個人経営のお店ね! 


イラスト/スタジヲワンツー



今回は、この(4)無所属系カレーにスポットを当ててみたいと思う。


吉祥寺の無所属カレーの代表は、個人的に「L」で決まりである。

いや、地元民はたぶん大きくうなずいてくれると思う。

大正通り沿いのビルの2Fにあって、ワイルドな猫のオレンジ色の看板でお馴染みのあそこよ! 

1Fはラーメン屋さんね。


この「L」は女性店主+お手伝いの方で切り盛りされている、カウンターのみの小さなお店である。

そしてここの店主はクールっていうか……。

『愛想って何? それ美味しいの?』みたいな雰囲気を漂わせる、無口な女性。

でも、お客が店を出るときの『ありがとうございました』が、いつもいい感じなので【無口でステキな女性店主選手権 in 吉祥寺】があったら、私は迷うことなく「L」の店主イチ押しだ。


で、肝心のカレーはといえば『ブナカレー』がイチオシ!



メニューは、いろんなカレーを好きに楽しんでよ、という雰囲気が漂うラインナップ。

スリランカの家庭料理をアレンジしたという手羽先が入った辛口のブラックカレー、洋食屋風のポークカレーは中辛、辛いのが苦手な人も大丈夫なチキンクリームカレー、レンズ豆のベジタブルカレー、キーマカレーなどなど。

鶏、豚、野菜など、素材&テイストがバラエティに富んでいて、自分の好み&その時の気分にあったカレーが選べるのもいい。

そして季節のカレーもあるよ。

基本、ライスでいただきま~す。

おっさん女子は、米、大好き! 


でもイチオシは『ブナカレー』だ! 

この聞きなれないネーミングのブナカレーは、西インドのコルカタ(カルカッタ)の屋台料理を元にアレンジしてあるようで、東京ではこの「L」と、駒込にあるインドカレー店でしか、たぶん食べられない。

レバーや砂肝などを煮込んだドライタイプのスパイシーなカレーなのである。

カレーで内臓系は珍しいので、カレー好きにはぜひぜひ食べてほしい。


そしてブナカレーを頼んだときの店主の一瞬の雰囲気が、他のカレーを頼んだときと違うような気がする…………。


ブナカレーのときは『あら、あなた、そこに行くのね。わかってるじゃない』という感じ(個人的な完全な妄想です)。


インドに数回行ったことのある人でも「ブナカレー? 知らないなぁ」というマニアックさである。


吉祥寺の無所属系カレーの看板メニューと言ってもいい美味しさである。

これは、わざわざ吉祥寺に食べに来てほしいカレーだよ。



あと「L」は不定休なので、いきなり閉まっていて、店の階段を上ってがっくり……、ってなるときもあるんだけど、その気まぐれ感も実は好きだ。


ますます「L」のカレーが食べたくなる効果がある気がする。

それに基本は夜営業なのに、突然ランチ時間に営業していたりして……、えーっ、今日ランチやってるって知っていたら、お昼はここで食べたのに~! 

もう他所で食べちゃったよ……と思うこともあるので、とってもスリリング。


こんな風に、お客を甘やかさない緊張感漂うところも好きだ。





天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連する投稿


おっさん女子の吉祥寺パトロール(52) 吉祥寺で涼スイーツを食べるなら、コーヒー味がおすすめ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(52) 吉祥寺で涼スイーツを食べるなら、コーヒー味がおすすめ、の件

暑い夏ですが、吉祥寺で冷たくて美味しいスイーツを食べるなら、おっさん女子的にはコーヒー味押しである。 あえてのコーヒースイーツ押し! だって、店の数に比例して、コーヒー味のスイーツが多いんだもん、吉祥寺(苦笑)。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(51) 夏はやっぱり吉祥寺で“冷たい麺”だよね、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(51) 夏はやっぱり吉祥寺で“冷たい麺”だよね、の件

白いご飯が大好きなおっさん女子ですが、夏は白いご飯がしんどい季節……。というわけで今回は、冷たくて美味しい、吉祥寺の『冷たい麺』のお店を、独断で紹介してみようと思います。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(50) 吉祥寺のクラフトビールの店で、なぜかカレーを食べる件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(50) 吉祥寺のクラフトビールの店で、なぜかカレーを食べる件

吉祥寺のビアガーデンに希望がもてないこの夏、私はクラフトビールでも飲もうかなぁと思っていた。ここ1~2年、吉祥寺には続々とクラフトビールの店がオープンしている。しかし、なぜかクラフトビールの店でカレーを食べてしまう今日このごろ……。やっぱ夏はカレーだよな、と思ったおっさん女子なので、ここで紹介しようと思う。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(48) 吉祥寺のフライ天国はここだよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(48) 吉祥寺のフライ天国はここだよ、の件

普段はあまり食べないんだけど、時折、ムショーに食べたくなる食べ物ってないですか? おっさん女子の場合は、魚介類のフライなんですよね。その季節によって、食べたいものは、エビフライ、カキフライ、アジフライだったりしますが、実はイカフライが大本命……。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(47) W杯好カード! ポルトガル対スペイン! 吉祥寺でイベリコ豚を食べてみる、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(47) W杯好カード! ポルトガル対スペイン! 吉祥寺でイベリコ豚を食べてみる、の件

実は隠していたが、私はサッカー腐女子である。しかし超贔屓のイタリアがまさかのW杯予選敗退という冗談みたいな展開になり、本大会の組み合わせ抽選もテキトーに見てたけど、グループB! 私はグループBを見るぞ! という気持ちになった組み合わせ。それがポルトガル VS スペインのイベリア半島対決である。


最新の投稿


 夏こそ、餃子!今行きたい東京都内の新店・注目店はここだ!<前編>厳選4店

夏こそ、餃子!今行きたい東京都内の新店・注目店はここだ!<前編>厳選4店

ここ数年にオープンした東京都内のこだわりのお店をご紹介。 変わり、羽付き、ヘルシー系などタイプは色々あるがどれも驚愕の旨さ。 これらを食べずに夏は終われない!!


丸の内でちょっと贅沢ランチ!ミルキーな旨みがじゅわりと染み出すピッツァ

丸の内でちょっと贅沢ランチ!ミルキーな旨みがじゅわりと染み出すピッツァ

イゾラ スメラルダ(ピザ/東京)|ピッツァイオーロ(ピザ焼き職人)の大関さんにナポリピッツァの極意をたずねると、「窯を熟知することですね」。巨大な石窯は、わざわざイタリアから職人を呼んで組み上げたもの。


厳選!【コロッケ・ポテサラ・肉じゃが】都内居酒屋の人気じゃがメニュー6店

厳選!【コロッケ・ポテサラ・肉じゃが】都内居酒屋の人気じゃがメニュー6店

WE LOVE じゃがいも!日本人の大好きじゃがメニューといえば〈コロッケ〉〈ポテサラ〉〈肉じゃが〉で決まり!王道だからこその厳選店は、腕に覚えアリ、です。


本当に美味しい「京橋エドグラン」でおすすめの三ツ星店!

本当に美味しい「京橋エドグラン」でおすすめの三ツ星店!

ビジネスマンやマダムが満足の店多数。京橋再開発に伴い生まれた『京橋エドグラン』には、地下1階~5階まで、20店もの飲食店が出店している。その中で、特に美味しかったお店をご紹介します。


大阪ローカル穴場メシ情報[15] ラーメンプロデューサーが考案の創作餃子専門店「餃、(GYO-TEN)」の刺身餃子が大阪を席巻!

大阪ローカル穴場メシ情報[15] ラーメンプロデューサーが考案の創作餃子専門店「餃、(GYO-TEN)」の刺身餃子が大阪を席巻!

JR天満駅の改札を出てすぐの場所にあるのが餃子酒場「餃、(GYO-TEN)」だ。 店長の井上ロードさん(38)はラーメンフェスで店舗のプロデューサーを任されるほど、この世界で知られた人物。彼が店長になってから、メニューが一新! 大阪らしさを随所に散りばめたメニューが登場した……。


ランキング


>>総合人気ランキング