MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
牛・豚に飽きたアナタにおすすめ!羊・馬・鹿の絶品ハンバーグ5店(ハンバーグ/東京)

牛・豚に飽きたアナタにおすすめ!羊・馬・鹿の絶品ハンバーグ5店(ハンバーグ/東京)

肉汁って、まさにハンバーグのためにある言葉! そう強く思うほど、カットした瞬間のじゅわっと感や香り立つ肉々しさがたまらない、 誰もが大好きなハンバーグ。 ラムや馬肉のハンバーグは、きっとこれまで食べてきたハンバーグとひと味もふた味も違うもの。合わせるソースや付け合せにもご注目!

モロッコレストラン tam tamu(最寄駅:西荻窪駅)

ラム肉のハンバーグ
1296円

作り方は「秘密!」のソースはあと引く味

熱々のタジンで提供されるので、ふっくらジューシー。野菜や果物の旨みが溶け込んだコクのあるトマトベースのソ―スとのハーモニーも絶妙だ。大ぶりな野菜がたっぷりなのもうれしい。ラムは、イスラム法に則ったハラール認証の素材を使用し、適切な処理がされているため臭みなどはない。苦手な人にもぜひ試してほしい。

東京都杉並区松庵3-18-15 
☎03-6320-9937 
[営]17時~23時(22時15分LO) 
[休]月、第1・第3火 
[席]2席×2卓、4席×2卓 計12席/全席禁煙/カード不可/予約可/サなし 
[交]JR中央線西荻窪駅南口から徒歩7分

Wine&日本酒 BAKUROU|バクロウ(最寄駅:仲御徒町駅)

馬肉のハンバーグ
864円

中挽きなのでゴツゴツとした食感も魅力だ。下に敷かれたラタトゥイユも美味

ハンバーグは、赤身が秀逸な会津産モモ肉をメインに、スネ肉を足すことで旨みをプラス。肉質に自信があるからこそ、つなぎ無しの塩・胡椒というシンプルな味付けで勝負している。ソースのベースは丁寧にひかれたフォンドボー。150種以上揃うワインや日本酒と合わせたい。

東京都台東区東上野1-15-1 
☎03-3834-3110 
[営]18時~24時(23時LO)、土17時~23時(22時LO)
[休]日・祝 
[席]カウンター4席、2席×4卓、4席×1卓計16席/カウンターのみ禁煙/カード可/予約可/サ324円 
[交]地下鉄仲御徒町駅3番出口から徒歩2分

ワイン食堂 レインカラー(最寄駅:学芸大学駅)

大人のラムハンバーグにフォアグラ入れちゃいました‼
1680円

たっぷりとかけられたパクチーソースのおかげでさっぱりといただける。

しっかりと利いたスパイスと塩味により、羊の甘みが引き出されたハンバーグ。丸々として大ぶりで、中にはプリンッとした食感と濃厚な旨みのフォアグラが入る。

東京都目黒区鷹番2-8-21 1F 
☎03-5721-3612 
[営]18時~翌2時(翌1時LO) 
[休]水 
[交]東急東横線学芸大学駅東口から徒歩4分

mimet(最寄駅:代々木公園駅)

仔羊のハンバーグ(150g)
1350円

付け合わせは、写真のラタトゥイユのほか、マッシュポテトやフレンチフライなど4種から選べる。
※17時半以降限定

表面がパリッとするほど焼きあげられ、食感と香りが豊かなハンバーグ。中にはパクチーの根と茎が入り、素材の個性を増長しあっている。

東京都渋谷区富ヶ谷1-7-6 
☎03-5738-8241 
[営]11時半~22時半(21時45分LO) 
[休]月、不定休 
[交]地下鉄千代田線代々木公園駅から徒歩2分

BISTRO BLEU(最寄駅:新宿三丁目駅)

エゾ鹿煮込みハンバーグセット
1944円

提供は週末のランチのみ。バターライス、サラダ、スープ、デザート、ドリンク付き。
※土・日・祝限定

エゾ鹿の赤身肉がしっかり主張するが、臭みがないのは新鮮ゆえ。粗めに挽いたゴツゴツとした食感と赤ワインが香る特製デミグラスが大人の味わい。

東京都新宿区新宿3-3-9 伍名館地下1F 
☎03-5315-4511  
[営]18時~23時半(22時半LO)、日・祝18時~23時(22時LO)、土・日・祝12時~15時(14時半LO) 
[休]月 
[交]地下鉄丸の内線新宿三丁目駅C4出口から徒歩2分

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
14939views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
東京都と神奈川県を中心に、美味しいカニ料理が食べられるお店をグルメライターが厳選してご紹介します!生でも焼いても茹でても炒めても美味しい。濃厚なミソもクセになる。見た目も華やかで味も抜群の「カニ」に特化したとっておきの情報をお届けします♪
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt