MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
オヤジのコンビニ食ダイエット(14) ダイエット中に食べたい低GIおにぎり セブンイレブン「玄米100% 玄米むすび」

オヤジのコンビニ食ダイエット(14) ダイエット中に食べたい低GIおにぎり セブンイレブン「玄米100% 玄米むすび」

GI値とは「グリセミックインデックス」の略で、ざっくりいうと食後の血糖値の上がり方を数値化したもの。低GI食品で主食となるのは玄米、雑穀米、ライ麦パン、蕎麦など。いままで玄米は、コンビニの弁当コーナーでは、なかなか見ることができなかったが、セブンイレブンからついに玄米のおにぎりが発売された……。

ダイエット中に食べたい低GIおにぎり セブンイレブン「玄米100% 玄米むすび」

40オヤジの自分が脱メタボを真剣に考えるようになった理由はいくつかあり、1つは糖尿病が悪化した父が“酒をやめた”と聞いたこと。

なんでも、自分でインシュリン注射を打つ治療をしていて、食事にもすごく気を使っているとか……。

呑兵衛の大食漢で、医者のいうことをきくような性格じゃなかった父が酒をやめるなんて、ただ事じゃないと思ったのだ。

メタボ体型だった自分も糖尿病予備軍なのはあきらかで、内臓脂肪を落とす方法を検索し、まず主食を“GI値”が低いものに置き換えることにした。

毎朝、立ち食い蕎麦を食べるようになったのもそのころからだ。

GI値とは「グリセミックインデックス」の略で、ざっくりいうと食後の血糖値の上がり方を数値化したもの。

ブドウ糖の血糖値上昇率を100として算出し、白米や食パンは90くらいでGI値がとても高い。

GI値が高い食品を食べると血糖値が急上昇し、その血糖値を正常な値まで下げるために、体内からインシュリンが大量に分泌される。

血糖値を下げてくれる大切なホルモンで、血液から取り除いた糖をエネルギーとして利用できるようにしてくれるが、使われなかった分は脂肪として蓄えられてしまう。

低GI食品で主食となるのは玄米、雑穀米、ライ麦パン、蕎麦などで、GI値は60以下まで下がり、血糖値の上昇が緩やかになり、インシュリンの分泌量も抑えることができる。

これもざっくりいうと“白くないもの”がいいらしい。

なかでも玄米は食物繊維はもちろん、ビタミン、ミネラルが豊富で栄養のバランスがいい。

玄米はコンビニの弁当コーナーでは、なかなか見ることができなかったが、セブンイレブンから玄米のおにぎりが発売された!

明太クリームチーズ、チーズおかかも発売!  温めると玄米の香ばしさが際立ってうまい!

 コンビニでも、もち麦入りや雑穀米のおにぎりを見かけることは増えているが、玄米100%のおにぎりは珍しいと思う。

都心のセブンイレブンで見つけたが、自宅近くの店舗では入荷していないので、まだ流通量が少ないか、あるいは地域限定の商品かもしれない。

バリエーションは、具の入っていない「玄米むすび」のほか、「明太クリームチーズ」、「チーズおかか」の3種類。

もっちりした食感や甘みは白米に及ばないが、玄米ならではの香ばしさがあり、少し歯ごたえのある食感も自分は好きだ。

温かいほうが、より風味が際立つので、家庭用レンジで30秒くらい温めるのがおすすめ。

チーズをプラスした具も、玄米の風味と相性がよく、温めるとチーズがトロッとして絶妙。

ぜひレギュラー商品として、いつでもどこでも買えるようにしてほしい。

弁当も雑穀米を使ったものをコンビニでもちらほら見かけるけど、まだまだ種類が少ないので、もっと増やしてほしい。

 ちなみに、定食屋の「大戸屋」は同じ価格で白米か五穀ごはん(雑穀米)を選べるんだけど、ほぼ半数の客が五穀ごはんを注文するらしい。

さらに11月10日から五穀ごはんの雑穀比率を、現在の20%から44 %に引き上げている。

雑穀比率を高くしたほうが、店側としてもコストを抑えられるんだとか。

いまさら“GI値”なんてややこしい話をするまでもなく、健康志向の人が増え、需要も徐々に拡大しているので、コンビニでも雑穀米や玄米を使った弁当が少しでも増え、選べるようになればいいなぁと思う。

セブンイレブン「玄米100% 玄米むすび」
税込100円

おにぎりコーナーで素朴な色合いが逆に目立っていた玄米むすび。
写真では見にくいけど、三角形の頂点にゴマをまぶしてあり、温めるとゴマの風味もフワッとして食欲をそそる。

この栄養成分表示だと、白米のおにぎりとの違いが何もわからない。
食物繊維が多いはずなので、炭水化物は糖質と食物繊維に分けて表示してほしかった……。

セブンイレブン「玄米100% 明太クリームチーズ」
税込120円

セブンイレブン「玄米100% チーズおかか」
税込120円


どちらも白米のおにぎりでも食べたことがある具材。

初めて見たときは、ごはんにチーズってどうなん?って思ったけど、食べてみると違和感ないんだよね。

玄米とチーズはさらに相性がいい気がする。

(しつこいけど)温めて食べたほうが、断然うまいよ!






太田日向(おおたひなた)
食生活の8割がコンビニという40代独身オヤジ。標準体重12キロオーバーのメタボ体型から、約1年で14キロのダイエットに成功。太りにくい体にしようと、調子に乗って筋トレも開始。筋トレに効くコンビニ食も探している。

このグルメ記事のライター
太田日向@まとメシ

食生活の8割がコンビニという40代独身オヤジ。標準体重12キロオーバーのメタボ体型から、約1年で14キロのダイエットに成功!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「お母さん食堂」はファミリーマートが2017年9月から展開している惣菜のブランド。 現在では総菜に加えて冷凍食品も豊富にラインナップされ、自分も酒のつまみを買うときによく利用している。 今回はこの「お母さん食堂」の商品から、ダイエット中にも食べられそうな総菜を3品セレクトしてみた。
更新: 2019-10-10 16:00:00
今回は冷凍食品。 メリットがたくさんある冷凍食品のなかで、自分が酒のつまみとしてよく買っているのがセブンイレブンの「ぶ厚いお好み焼」だ。 お好み焼のイメージって小麦粉たっぷりで炭水化物のかたまりって感じがするんだけど、まず糖質が約35グラムと、おにぎり1個分程度しかない。 その上で、食物繊維が5グラム以上もあるのだ……。
更新: 2019-09-26 16:03:00
この連載でも何度か取り上げてきたコンビニの焼き魚。 さんまやサバなどの青魚は、DHAやEPAといった良質な脂質や、必須アミノ酸をバランス良く含んだ良質なタンパク質が摂れる、ダイエットむきの食材だ。 というわけで今回は、秋の味覚として人気の「さんまの塩焼き」を紹介する。
更新: 2019-09-12 16:01:00
セブンイレブンから、“低糖質で食物繊維たっぷり”のパスタサラダが登場したので紹介します。 野菜がたくさん入っていて、主な炭水化物であるパスタには「糖質30%オフ麺」を使用。 しかもダイエットの強い味方である食物繊維が11グラム以上も入っている。 味もかなりいいのでおすすめ!
更新: 2019-08-26 16:55:00
長かった梅雨が明けたと思えば、恐ろしく暑い真夏がやってきた!  夏になるとアイスが食べたくなるが、ダイエット中はなるべく低糖質&低カロリーなものを選びたい!  ということで……まぁ、アイスではないんだけど、解凍しないでアイスのように食べても冷たくておいしいということで、セブンの冷凍フルーツをおすすめします。
更新: 2019-08-13 12:00:00
最新の投稿
「芸者新路」なんていう粋な名前の通りに佇む、創業20年の和食店。しかしこちら、これぞ隠れ家といった裏路地にはあるが、「しーん」とした店ではない。
更新: 2019-10-22 12:00:00
 今年ついに500店舗を突破し、回転寿司チェーンのなかでも絶好調の『スシロー』。直球から創作まで種類が豊富だが、それだけなら他の大手も同じ。
更新: 2019-10-21 12:00:00
別記事で“光り物”で大きく紹介している『銚子丸』だが、「サーモンにも絶対の自信があります」と胸を張る。自慢の「オーロラサーモン」は本場・ノルウェーでも最高品質と評判の「レロイ社」から空輸。
更新: 2019-10-21 11:50:00
 「今までにない味わいのカクテルを作りたい」という店主・清崎さんは、ベトナムにバーを2店舗持つ実力派。彼のカクテルをひと言で表すとすれば“組み合わせの妙”だろう。
更新: 2019-10-20 12:00:00
 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。
更新: 2019-10-19 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt