MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
江古田のしょうが焼き専門店「笑姜や」500円台で食べられるガテン系定食

江古田のしょうが焼き専門店「笑姜や」500円台で食べられるガテン系定食

笑姜や(しょうがや)/しょうが焼き/江古田|カレーやラーメンに並ぶニッポン人の大好物、生姜焼き。なのになぜか専門店がない……。腹ペコも大満足!500円台で食べられる。

笑姜や(最寄駅:江古田駅)

ならば自分で作ってしまおうと、店主の吉川さんが4年前に脱サラして始めたのがこのお店。研究を重ねた生姜焼きは、豚バラ肉と玉ねぎに、すりおろした生のショウガを加え、醤油、ミリン、ニンニクなどの自家製ダレで香ばしく炒め合わせたもの。こってり感をショウガの風味が爽やかに包み込む。さらにテーブルにあるマヨネーズをチョロリとかければ、背徳の美味にご飯がとまらない。ちなみにご飯は「並」でも一般的な店の大盛りサイズ。味噌汁、浅漬け付きでお値段はなんと580円! 他に塩ダレやおろしポン酢ダレ、味噌ダレなど、味のバリエーションは6種類。好みに合わせてチョイスしよう。

生姜焼き定食 醤油ダレ
580円

自家製の醤油ダレには隠し味にマヨネーズを加えることで、さらなるコクを生んでいる

笑姜や

[住所]東京都練馬区栄町4-10高岡ビル1階 [TEL]03-3557-0313 [営業時間]11時半〜22時半LO ※ランチタイム有 [休日]不定休 [交通アクセス]西武池袋線江古田駅南口から徒歩1分

電話番号 03-3557-0313
2017年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
毎朝仕入れる地魚を使った料理に定評あり。なかでも、鎌倉で水揚げされたしらすをたっぷりのせた海鮮丼が名物で、3~12月は生しらすも味わえる。
荒木町のスナックビルの2階奥にある、小さな和食屋。10席のこぢんまりした店内で、秋田出身の亭主が温かくもてなす。
店に入ると目に飛び込んでくるのが、じっくり煮込まれた「和牛黒煮込み」の大鍋。ビロードのような美しい光沢感にノドが鳴ること間違いなし。
低カロリー、低コレステロールで注目のラム肉。それもあってか、ここ1、2年でジンギスカン店や専門店が増え、ブーム再燃の兆しだ。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
404views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt