月5頭しか出荷しない奇跡の牛も食べられる|Mark Matsuoka Grill(ステーキ/中目黒)

月5頭しか出荷しない奇跡の牛も食べられる|Mark Matsuoka Grill(ステーキ/中目黒)

ミスジやラムシンなど焼き肉店で見かける希少部位。少し高いイメージがあるが、中目黒でオープンしたマーク マツオカ グリルでは、そんな希少部位を含め、様々な部位をグリルで少しずつ食べさせてくれる。


Mark Matsuoka Grill(最寄駅:中目黒駅)

 その最たる例が、国産牛の盛り合わせ。写真の5種のほか、3種(1800円)、10種(5000円)も用意。単品で50g単位の注文も可能だ。 国産牛のなかでも注目は、月に5頭しか世に出回らないという島根県の「かつべ牛」。多品種との掛け合わせがない純血種で、きめ細やかな霜降りが特徴。A3ランクでもA5レベルのサシが入っているといわれ、スッと脂が溶け、ほんのりと甘い余韻を残す感じはほかの国産牛では味わえない。高品質のかつべ牛を12種類の塩と合わせて味わってほしい。

MMGオススメ5種盛り 3000円

1種類50gずつの盛り合わせ。奥から時計回りに和牛A3ヒレ、和牛ミスジ、かつべ牛ロース、和牛A5サーロイン、和牛ラムシン

前菜盛り合わせ レギュラー 1580円

ラムイチのローストビーフやゴルゴンゾーラのポテトサラダなど8種類が盛られた4〜5人前用。ワインとの相性が抜群だ

野菜たっぷり2種ドレッシングの ゴブサラダ フル 1700円

サウザンアイランドのような酸味にピリ辛さが加わったものと、ガスパチョをソースにしたふたつのドレッシングでいただく

自家製リモンチェッロ 900円 3種のクラフトビール飲み比べ 1900円

リモンチェッロはペッパーをはじめ、スパイスを利かせたおとなの風味。クラフトは異なる3種を270mlずつで飲み比べられる

Mark Matsuoka Grill

東京都目黒区上目黒1-16-12 鈴房ビル1階 ☎03-6541-2922 [営業時間]11時〜15時、17時〜24時(フード23時LO、ドリンク23時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]東急東横線中目黒駅中央口から徒歩4分

電話番号 03-6541-2922
2017年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


中目黒でランチならここ!おすすめ中目黒ランチ8店

中目黒でランチならここ!おすすめ中目黒ランチ8店

人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査をして見つけた、ご当地蕎麦や、懐かしいハンバーグ、コスパ抜群のピザなど、中目黒駅から徒歩10分以内でおすすめの中目黒ランチを厳選してご紹介!


中目黒の隠れ家レストランの「鴨肉のすき焼き」-ナカモグロ

中目黒の隠れ家レストランの「鴨肉のすき焼き」-ナカモグロ

中目黒のすき焼き店「鴨とワイン Na Camo guro」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。中目黒の駅近ながら、実は隠れ家レストランだ。路地裏にある小さな扉を入ると、お洒落な空間がパッと現れる。[住所]東京都目黒区上目黒1-20-5 [TEL]03-5725-3378


サクッ、ジュワッのとんかつをキレのある麦酒で流し込む!『巣鴨ときわ食堂』

サクッ、ジュワッのとんかつをキレのある麦酒で流し込む!『巣鴨ときわ食堂』

巣鴨の食堂「巣鴨ときわ食堂」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。巣鴨地蔵通りにて40年以上、「食事は楽しみ。美味しいものを毎日朝昼晩、手頃な価格で」(齊藤徳之代表)という思いが詰まった“食堂”だ。[住所]東京都豊島区巣鴨3-14-20


コスパ抜群!これで1000円ぽっきりは安すぎっ!新宿三丁目『彗富運』のランチ

コスパ抜群!これで1000円ぽっきりは安すぎっ!新宿三丁目『彗富運』のランチ

飲食激戦区のこのエリアで営業を続けて約10年。なかなか予約のとれないビストロが、昨年11月からランチ営業を開始した。


女性やビギナーにこそ行って欲しい「二郎系ラーメン」が浅草橋にあった!

女性やビギナーにこそ行って欲しい「二郎系ラーメン」が浅草橋にあった!

『ソラノイロ Factory&Labo 浅草橋店』は、「圧倒的なボリューム」、「飾り気のない店内」、「呪文のような独特の注文方法」など、女性やビギナーにとっては何かとハードルの高い二郎系ラーメンを、ソラノイロ流にインスパイア。カフェ風のオシャレな店内で出される「ベジ郎」には、その名にふさわしく、旬の野菜がたっぷりのる。


最新の投稿


蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


ランキング


>>総合人気ランキング