MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
生粉打ち 花乃蕎麦|香り豊かな十割せいろを親子とじのつゆで(そば/人形町)

生粉打ち 花乃蕎麦|香り豊かな十割せいろを親子とじのつゆで(そば/人形町)

 普通の主婦が一念発起。蕎麦店で働きながら資金を集め、名人の師匠のもとで勉強して独立を果たしたのは今から10年前のことだ。「女性らしい優しい蕎麦とよく言われます。蕎麦は打つ人で味が変わるもの。男性とはまた違う力加減やのし方で作る味を優しいと表現されるのはうれしい」と話す店主の御供さん。

生粉打ち 花乃蕎麦(最寄駅:人形町駅)

十割にこだわり、アルカリイオン水で打つ蕎麦はしなやかなコシと清々しい香りだ。 おすすめは鶏肉と野菜を甘辛く煮て卵でとじたつけ汁で味わう「親子とじせいろ」。その旨さもさることながら、「生粉打ち(十割)にこだわり続けたい。だからめげないよう店名にして気合いを入れてるんです」とはにかむ彼女の懸命な姿勢も、この店が愛される所以だろう。

親子とじせいろ(二段盛り)
1080円

ツルリとしたのど越しのせいろは二段盛りで量もたっぷり。コシとのど越しをよくするため、水回しやのしの工程を大事にしている。鶏モモ肉とネギやニンジンなどの野菜を卵でとじた温かい汁につけていただく。少し濃い目の汁が力強い香りの蕎麦に合う

伴助の鯖(半身)
980円(半身は基本的に1~2名の 注文のみ、1尾は1950円)

福島県産の特大サイズのサバの干物

千住ねぎ天そば
1080円

米油でサクッと揚げた千住ネギの天ぷらを添える。つゆは本枯節の厚削りで取ったダシに、昔ながらの製法で作る長野県「大久保醸造」の醤油を使う

花特製出し巻き卵
830円

熊本の「コッコファーム」の卵を4個使う。米油で焼いてふんわりと

生粉打ち 花乃蕎麦

[住所]東京都中央区日本橋堀留町1-6-5 ETビル1階
[TEL]03-5641-6938 [営業時間]11時~14時(13時半LO)、17時半~21時(20時半LO)、土11時~14時(13時半LO)、17時半~20時半(20時LO)※ランチタイム有
[休日]日・祝
[座席]テーブル16席、小上がり座敷4名、計20席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし
[アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A5出口から徒歩4分

電話番号 03-5641-6938
2017年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店主は蕎麦懐石の名店「無庵」出身。料理長を経て、2017年に、この店をオープンした。
 2018年7月オープン。蕎麦の固定概念にとらわれず、ダシは鰹節、昆布のほか、煮干し、アサリ、玉ネギなどで煮出す。
 武蔵小山の名店『紫仙庵』で蕎麦を打っていた榊原さんが独立したのは今年5月。浅草橋に開いた店は、穏やかな店主夫妻の人柄そのもののようで、都会のエアポケットのような落ち着いた空間が心地いい。
粗挽き、二八、変わり蕎麦と、個性の違う3つの蕎麦を職人が打つ。地蔵通りに面したごく普通の外観からは、ちょっと想像しなかったこの展開に蕎麦好きならわくわくするはず。
カウンターで一心に料理をする主人と、きびきびした接客の奥様。若い夫婦が営むこの店は、開店して約3か月とホヤホヤながら、早くも街に溶け込んでいる。
今年9月で開店40周年を迎えた同店。エキゾチックな雰囲気の店内でいただく医食同源のネパール料理が評判で、中でも名物がこのヒマラヤ鍋だ。
自社のパンと共に都内の名ベーカリーの品を揃え、パンのセレクトショップとしても営業するベーカリーカフェ。パンマニア憧れの品が一同に集まるので、パン好きならば一度は足を運びたいと言われる店だ。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
1076views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt