MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
壬生|“なぜ蕎麦にラー油を入れるのか”パンチ力抜群!わしわし食うべし(そば/池袋)

壬生|“なぜ蕎麦にラー油を入れるのか”パンチ力抜群!わしわし食うべし(そば/池袋)

“なぜ蕎麦にラー油を入れるのか”と問いかける看板に違わず、そばつゆにはラー油入り。のみならず、ねぎ、刻み海苔、ゴマ、肉、蕎麦はどれも大量で、チョモランマ級の盛りも迫力十分だ。壬生 (みぶ)[交]JR山手線・地下鉄有楽町線・副都心線・東武東上線池袋駅北口から徒歩8分

壬生(最寄駅:池袋駅)

中細のもちもち麺とこれらをつゆにつけ、口中でひとつにすれば、さしずめ和そば版のつけ麺といった感じでイケる。しゃぶしゃぶ系の薄切り牛肉もよく絡んで旨し。そう簡単に麺をツルッとはいけないが、喉越しはよく、気がつけば意外にすっと完食!

「肉そば」
790円

肉そばは小・中・大すべて同一料金。写真は大。つゆはラー油入りだが辛過ぎず、いいバランス

「ピンクのチキン南蛮」(単品)
700円

つまみに最高な「チキン南蛮」。ジューシーな肉に、明太子タルタルがアガる!

壬生

東京都豊島区池袋2-73-3 サンスブレンダー池袋1F ☎03-6914-2880 [営]12時〜16時、17時半〜22時(日・祝〜21時・スープ切れ次第終了) [休]無休 [席]カウンター6席、テーブル16席、外8席、計30席 全席禁煙/予約不可/カード不可 [交]JR山手線・地下鉄有楽町線・副都心線・東武東上線池袋駅北口から徒歩8分

電話番号 03-6914-2880
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00
 落語には蕎麦のネタがよく出てくるほど両者の関係は深い。そんな江戸情緒あふれる寄席が、これまた江戸にルーツのある老舗蕎麦屋で楽しめるとは粋ってやつじゃないですか。
更新: 2019-05-20 13:17:24
厳選した北海道産の蕎麦粉を石臼で挽いたこだわりの蕎麦はもちろん、四季を感じる食材を使った料理で一杯やるのがいい。お茶割りも「そば茶割り」「抹茶割り」「玉露割り」「ウーロンハイ」「黒ウーロンハイ」と充実。
更新: 2019-03-05 18:00:00
郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。
更新: 2019-02-16 12:00:00
この店を訪れるなら刺身類はぜひ注文されたし! というのも、築地のみならず、契約する三浦の漁師から水揚げしたばかりの新鮮な魚介を日々仕入れているのだ。
更新: 2019-02-15 12:00:00
最新の投稿
毎朝手作りのフレッシュなジェラートを楽しめる。なかでも濃厚なチョコやピスタチオのジェラートが乗ったチョコレートパフェは大人気。
更新: 2019-08-23 12:00:00
食べ歩きグルメが豊富な、東京都品川区「戸越銀座商店街」。 テレビの取材は引きも切らず、日本中ばかりか、いまや世界各国からも観光客が訪れる人気商店街は、じつはサバグルメも充実!  そんなジェンヌ注目の「サバ商店街」で、「サバデート」をすることになりました。ふふふ……。
更新: 2019-08-22 22:19:06
博多豚骨で使用する麺と同程度の低加水麺でありながら、小麦が香るもちもち、つるつるの極上麺を開発。見目麗しいつけ麺で、その美味しさを魅せる。
更新: 2019-08-22 12:00:00
大阪梅田エリアで駅近で絶対に外せない居酒屋の情報!大阪らしく「串カツ」をあてに呑めるお店や、とにかく安さが魅力のお店、子連れで飲み放題や食べ放題ができるお店、オシャレでデートにも使えるお店など、料理メニューの写真付きでご紹介します!
更新: 2019-08-22 11:13:44
夏は一時的に冷たい麺類万歳! というおっさん女子ですが、実は今年の私は一味違う。 冷たいパンも万歳! という今日このごろである。 それは、アトレ吉祥寺のパン屋『D』で、“冷やしてメロン”というものを発見したからである……。
更新: 2019-08-21 15:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt