越後屋(そば/末広町)|東京にへぎそばを紹介した先駆け的存在

越後屋(そば/末広町)|東京にへぎそばを紹介した先駆け的存在

末広町エリアにあるそば屋「越後屋」のグルメ記事とメニュー写真のページ。新潟県出身の店主が営む老舗で、東京にへぎそばを紹介した先駆け的存在でもある。香りを生かすため、石臼引きした国産蕎麦粉を使用し、弱火でじっくり練った青森県・尻屋崎周辺で採れる上質な布海苔ををつなぎにして打つ。


越後屋(最寄駅:末広町駅)

布海苔でつないだのど越し抜群の滑らかな蕎麦

表面が非常に滑らかなので、のど越しがとにかく抜群。“プリッ”とした独特の弾力も歯に心地良く響く。店で削った鰹節やアゴダシで作るまろやかなつゆが、この蕎麦をさりげなく引き立てている。夜は新潟県の郷土料理をはじめとした、つまみも充実。八海山、〆張鶴、麒麟山など、県産の銘酒とともに愉しむのもいい。

へぎそば(2人前) 1940円(14時までは1800円)

“手振り”という独特の手法で盛りつけられた蕎麦は、見た目にも美しい。写真で約600gというボリュームも満点だ。大きな折敷の蕎麦を何人もで食べるのがへぎそばの流儀

佐渡一夜干し 740円

産地から取り寄せており、弾力ある身の食感がいい

えご 460円

海藻「えご草」から作られる新潟の定番の郷土料理。さっぱりとしていてツルリとした舌触り。酢味噌で食べれば、酒のアテにピッタリ

[その他のメニュー]
手振りそば(へぎそば1人前)830円、へぎそば(1.5人前)1350円、花巻へぎそば(1.5人前)1420円、上刺身定食1040円、醤油カツ定食820円、特上天ざる1600円、鴨南蛮せいろそば890円、玉子とじそば620円、カレーせいろそば890円など ※14時以降は税別となる

越後屋を含む東京都のそば・うどんに関するグルメ記事|まとメシ

https://matomeshi.jp/tokyoto/key_ca21

人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した、周辺に有名な「明治神宮」、「東京国立博物館」、「上野動物園」などがある東京都エリアの本当に旨い店、厳選のおすすめランチ、ディナー情報です。東京都の和食、寿司、ラーメン、イタリアン、フレンチ、洋食、中華料理などから東京都のランチ情報まで、とっておきのおすすめグルメ情報のページです。掲載店舗は東京都の創作麺工房 鳴龍、東京都のむさし、東京都の照鮨など。

越後屋

[住所]東京都千代田区外神田6-15-11 日東ビル 地下1階 [TEL]03-3836-3226 [営業時間]11時〜21時半LO、土は20時LO、日・祝は18時LO※ランチタイム有 [休日]年始 [席]カウンター5席、テーブル55席、6名用個室1室、20名用個室1室 計86席/禁煙席あり/予約可/カード不可/サなし、アルコール注文の場合のみ14時まではお通し代100円別、それ以降は500円別 [交通アクセス]地下鉄銀座線末広町駅4番出口から徒歩1分

電話番号 03-3836-3226
2017年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


横浜・たまプラーザのそば『手打そば 風來蕎』

横浜・たまプラーザのそば『手打そば 風來蕎』

店で手作りする濃厚な生湯葉に、しっとり仕上げた鴨のロースト、そして彩り野菜をあしらったカルパッチョと、コース口開けの前菜から、その出来映えに惚れ惚れ。続いてやってくる滋味あふれる椀物や、季節の一品料理でさらに心をつかまれたところで真打ちの登場だ。


湯島のそば『湯島 古拙』

湯島のそば『湯島 古拙』

店主の和田さんをはじめ、厨房に立つのは、和食出身の料理人達。そのため、和の一品を盛り込んだコース料理こそ、店の真価を発揮するのだ。


清澄白河の居酒屋『酒と肴 botan』

清澄白河の居酒屋『酒と肴 botan』

「食べることも飲むことも大好き」という店主の金岡さんは、休日になるとさまざまな店に出向き、料理のことばかり考えているという。


吉祥寺の日本料理『ビストロ 丿貫(へちかん)』

吉祥寺の日本料理『ビストロ 丿貫(へちかん)』

淡路や唐津、七尾など産直で仕入れた魚介をふんだんに使用し、日本酒も蔵を巡り、食事に合うのものを中心に取り揃える。それらを「都心部に劣らぬ美味しさでカジュアルにコスパよく」をモットーに供してくれるのが同店だ。


銀座の日本料理『しらたまや』

銀座の日本料理『しらたまや』

歌舞伎と着物を愛する女将が2017年に開いた小さな和食店。銀座の古いビルの地下2階という隠れ家で、カウンターもテーブルも小上がりの畳敷きという寛ぎの場だ。


最新の投稿


護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。


代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。


大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。


撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。


代々木上原のそば『山せみ』

代々木上原のそば『山せみ』

この店を訪れるなら刺身類はぜひ注文されたし! というのも、築地のみならず、契約する三浦の漁師から水揚げしたばかりの新鮮な魚介を日々仕入れているのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング