MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
陶そば|ステーキがたっぷり「ステーキそば」!夢のようだぞ(そば/銀座)

陶そば|ステーキがたっぷり「ステーキそば」!夢のようだぞ(そば/銀座)

銀座コリドー街近くの路地裏にひっそり佇む知る人ぞ知る立ち蕎麦が「陶そば」。ここで見逃せないのが「ステーキそば」だ。もともと肉好きの女将さんが自分用に作っていたのを常連客が見逃さずに誕生した。陶そば[交]地下鉄銀座線・日比谷線・丸ノ内線銀座駅C2出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

陶そば(最寄駅:銀座駅)

蕎麦は秩父産の乾麺ながら見事な茹で加減。で、昆布と荒削りのかつおを使った汁が絶品。ここにちょっとにんにくを効かせて焼かれたオージーのステーキが150g! おおー、ステーキとそば&汁がこんなに合うなんて!

「ステーキそば」
1500円

堂々たるステーキがたまらない。店主自作の味のある器がまたいい

「松茸の天ぷら」
1200円

毎年秋になるとカナダから直送されるという立派な松茸も人気メニューの一つ。天ぷらはこのボリューム!

陶そば

東京都中央区銀座6-3-6 栄ビル1F ☎03-3574-8555 [営]17時〜22時 [休]土・日・祝(不定休) [席]カウンター立ち席7席(椅子も使用可) 全席禁煙/予約不可/カード不可 [交]地下鉄銀座線・日比谷線・丸ノ内線銀座駅C2出口から徒歩2分

電話番号 03-3574-8555
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鎌倉は由比ヶ浜で人気の古民家の蕎麦屋『鎌倉 松原庵』。その趣と味を持ち込み、表参道のけやき並木を見下ろす空間は、一瞬どこにいるか忘れる風情だ。
山形は蕎麦の名産地であるとともに、滋味深い食材と風土に育まれた食文化がある。ゆるゆるとその地酒を味わいながら、ならではの旨さを堪能できるのがここの魅力だ。
店主は蕎麦懐石の名店「無庵」出身。料理長を経て、2017年に、この店をオープンした。
 2018年7月オープン。蕎麦の固定概念にとらわれず、ダシは鰹節、昆布のほか、煮干し、アサリ、玉ネギなどで煮出す。
 武蔵小山の名店『紫仙庵』で蕎麦を打っていた榊原さんが独立したのは今年5月。浅草橋に開いた店は、穏やかな店主夫妻の人柄そのもののようで、都会のエアポケットのような落ち着いた空間が心地いい。
鎌倉は由比ヶ浜で人気の古民家の蕎麦屋『鎌倉 松原庵』。その趣と味を持ち込み、表参道のけやき並木を見下ろす空間は、一瞬どこにいるか忘れる風情だ。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
ドイツで100年以上愛されているバウムクーヘン。卵、バター、小麦粉など素材の味が広がる素朴な美味しさは万人受け間違いなし。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
性格が子どもじみているのかもしれないが、私は混ぜる食べ物が大好きである。 そんな混ぜるの大好き! おっさん女子的に混ぜたい食べ物の王道は、石焼ビビンバだ。 そして吉祥寺で石焼ビビンバを食べるのは、ダイヤ街のビルの2階にある『D韓』です。 食べ盛りの若い男子は、ランチ食べ放題がおすすめだよ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt