MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
吟ばん|旬の食材を使った和食とジャパニーズウイスキーの自然な調和を堪能できる(懐石料理/小川町)

吟ばん|旬の食材を使った和食とジャパニーズウイスキーの自然な調和を堪能できる(懐石料理/小川町)

「吟ばん」店主の川上浩輝さんは言う「和酒のひとつであるジャパニーズウイスキーが、和の料理と合わないわけがないんです」。日本のウイスキーと和食との組み合わせに力を入れてきた。

吟ばん(最寄駅:淡路町駅)

 「和酒のひとつであるジャパニーズウイスキーが、和の料理と合わないわけがないんです」 店主・川上浩輝さんはそうした思いから、日本のウイスキーと和食との組み合わせに力を入れてきた。ときにはあるメーカーのブレンダーと一緒にウイスキーと調和する料理を吟味し、アドバイスを受けながら、試行錯誤を重ねてきたそうだ。そんな経験値があるから、川上さんに和食とウイスキーの関係を問えば、多くの言葉が返ってくる。「風土という観点でいえば、一般的に魚介には海の近くで造られたもの、野菜には山深い場所で造られたものが合うと思います。日本のウイスキーは、味噌や醤油などの発酵調味料と相性がいいですし、照り焼きなどの味付けはとても合うんですよ」

 さらに、たとえば魚介を炙ってスモーキーさを加えたり、大葉や生姜、山椒といった和のハーブで香りをプラスしたりすると、日本のウイスキーの持つ味の要素により近づけるという。 メニューには日本のウイスキーの銘柄がずらり並んでいて、中にはマニア垂涎のレア物も。何より魅力的なのは、そんなウイスキーと旬の和食との絶妙なマッチングを楽しませてくれることだ。キンメ煮付けのコク深い味わいに「山崎」の甘やかな風味が、炙った〆鯖と味噌の濃厚な旨みに「知多」の軽やかな口当たりが実によく合う。「料理の味付けに少しウイスキーを足して、相性を高めることもありますね」と川上さん。まるで“ウイスキー懐石”と呼びたくなる多彩な料理とのマリアージュを、存分に味わいたい。

キンメ鯛の艶煮×山崎 ハイボール
900円

キンメ鯛のコクに、「山崎」のまろやかな甘みが寄り添う。*料理はすべてコース内の一品(コースは7000円~20000円)

かます一夜干しと色茄子 きのこ山椒×響 ハイボール
1200円

旬の素材を盛り込んだ一皿には、円熟味のある「響」を

〆鯖炙り 黄菊奉書 ウイスキー風味辛子味噌×知多 ハイボール
900円

炙った香り、ウイスキー入りの辛子味噌が「知多」にマッチ

「ピーク ウイスキー」「玉泉堂 地ウヰスキー」「サンピース ウイスキー」「マルス エクストラ」
各1ショット650円~

日本各地の小さな蒸溜所や、日本酒の蔵元などが少量生産している珍しい“地ウイスキー”も川上さんが趣味的にいくつか揃えている。左から「ピーク ウイスキー」、「玉泉堂 地ウヰスキー」、「サンピース ウイスキー」「マルス エクストラ」。

吟ばん

写真:吟ばんの店内

[住所]東京都千代田区神田須田町1-17 地下1階 ☎03-3252-1030 [営]11時半~13時半(昼営業は平日のみ)、17時~23時(土~22時) [休]日・祝 [席]テーブル34席/部屋ごとに分煙/予約可/カード可/個室あり [交]地下鉄丸の内線淡路町駅、都営新宿線小川町駅より徒歩2分

電話番号 03-3252-1030
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
三軒茶屋「三茶呑場 マルコ」は居酒屋のような雰囲気ながら、ひと手間かけた料理とお酒が楽しめる。米は店主の出身地・新潟県の三大コシヒカリブランドのひとつ「いわふね米」を使用。
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。
店主は蕎麦懐石の名店「無庵」出身。料理長を経て、2017年に、この店をオープンした。
取り扱うのはあんぱんのみ。シンプルなものも美味しいが、人気は写真の2品。東京駅外壁のレンガを模した「東京レンガぱん」の中は、こしあんと白あん入り特製ホイップクリーム。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt