MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
魚力(和食/渋谷 神山町)

魚力(和食/渋谷 神山町)

「魚力」は大森で海鮮問屋として開業し、戦後、渋谷に移転。魚屋の片隅で食堂の営業を始めたのは昭和60年から。[アクセス]小田急小田原線 代々木八幡駅から 徒歩10分、JR各線 渋谷駅から 徒歩15分 ※ランチタイム有

魚力(最寄駅:代々木八幡駅)

100年以上、代々続く魚屋で食べる醍醐味

賑やかな一家の姿とともに「さばみそ煮」が名物となった。輪切りにした大ぶりのサバを10時間以上水煮し、中骨までほろりと柔らかく仕上げるのは、さすが老舗の技。

さばみそ煮<カミ>
950円

<シモ>
780円

さばみそ煮<カミ>950円。カマの部分を白味噌で仕上げ。尾のほう<シモ>は780円

魚力

写真:魚力の店内

[住所]東京都渋谷区神山町40-4 ☎03-3467-6709 [営]11時~14時、18時~21時LO(土は17時半~20時半LO) [休]日・祝 ※お盆休みは8月14日~16日 [交]小田急小田原線 代々木八幡駅から 徒歩10分、JR各線 渋谷駅から 徒歩15分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3467-6709
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店に入ると目に飛び込んでくるのが、じっくり煮込まれた「和牛黒煮込み」の大鍋。ビロードのような美しい光沢感にノドが鳴ること間違いなし。
低カロリー、低コレステロールで注目のラム肉。それもあってか、ここ1、2年でジンギスカン店や専門店が増え、ブーム再燃の兆しだ。
2018年3月のオープンながらすでに東中野の名店とも言えるもつ焼き屋がこちら。何気に希少な部位も揃い、肉質、焼き加減ともに見事で、お店の活気も気持ちいい。
看板は、クセがなく刺身でも食べられるほど鮮度の良い上州豚料理。中でもスモークまたは塩などから味を選べるヤキトンは、炭でぷりぷりに焼き上げられた魅惑の味だ。
 豆腐のほかに、揚げ物、近隣の洋菓子店とコラボしたシフォンケーキなど、バラエティ豊かな品揃えを誇る豆腐店。なかでも青森県産の「おおすず大豆」を使った「できたておぼろ」は火・木・金曜の17時頃からしか買えない逸品だ。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
今回は、ダイエットに最適な食品というわけではなく、チート的な話。 手軽でおいしいカップラーメンを1つ選べといわれたら、やはり日清の「カップヌードル」。 ダイエット中とはいえ、これを食べたくなるときがあるわけですよ……。
359views 脱メタボ

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt