MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
和酒BAR風雅(バー/神楽坂)|日本のウイスキーと和食の妙を愉しめる路地奥の古民家バー

和酒BAR風雅(バー/神楽坂)|日本のウイスキーと和食の妙を愉しめる路地奥の古民家バー

「和酒BAR風雅」は狭い袋小路の、さらにそのまた奥の細い通路を入ると玄関にたどり着く古民家バー。そう簡単には見つけられそうもない、隠れ家めいたこの場所はお忍び感もたっぷり。古民家を改装したフロアには神楽坂らしい艶っぽさが漂うが、実は硬派なウイスキー好きにもおすすめしたい和酒バーだ。

和酒BAR風雅(最寄駅:神楽坂駅)

 時間があれば蒸溜所や蔵を訪ねるという、店長・銭谷友美さんのひねりがきいたウイスキーのセレクトが面白い。「さわらの西京焼き」に合わせたのは、すだちを搾ったウイスキーバック。柑橘の酸で抑えた、ドライジンジャーエールの程よい甘さを湛えた一杯が、西京味噌の風味にストンとハマる。 蒸溜所で直接購入した希少なボトルもあり、日本のウイスキーがとにかく充実。美人店長が迎えてくれる、1階のカウンターでゆるりと過ごしたい。

さわらの西京焼き
1460円

一升瓶に入った玉泉堂の地ウヰスキー。20年以上の熟成を経た原酒をベースに造られている

ウイスキーバック
700円

柿の白あえ
600円

鯨ベーコン
1540円

イチローズモルト ワインウッドリザーブ
1300円

各種ウイスキー
700円~

和酒BAR風雅

東京都新宿区神楽坂5-30 ☎03-3513-5230 [営]17時~24時(最終入店23時、フード22時20LO、ドリンク23時半LO、コース21時半LO) [休]日・祝 [席]カウンター5席、テーブル12席、個室6席 計23席/全席喫煙可/予約可/サなし/席料500円 [交]地下鉄東西線神楽坂駅1番出口から徒歩5分

電話番号 03-3513-5230
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
銀座の一等地にありながらホッピーを売りにする。「55ホッピーとシャリキンの組み合わせはカクテルとして成立するから」とは店主の嘉茂太輔さんだ。
更新: 2019-06-14 16:33:24
現在、焼酎5934種、梅酒1188種という圧巻の品揃えを誇る和酒バーだが、その中からお気に入りを探すのに絶好なのが「おまかせ試飲セット」。焼酎初心者セット、芋芋セット、GENセットなどなど、選べば好みに合わせてハーフサイズ3種または2種のセットを作ってくれる。
更新: 2019-06-13 10:44:09
ここ『玉箒』にはメニューがない。それは「注文から楽しんでいただきたいから」と店主の中川伸男さん。
更新: 2019-06-03 11:50:17
1923年に創業し、現在は四代目の兄弟が営業。取り扱う酒は多岐にわたるが、メインは日本酒。
更新: 2019-05-14 15:47:44
 2017年10月にオープンした滋賀県のアンテナショップ『ここ滋賀』。その1階にある気軽な地酒バーだ。
更新: 2019-05-20 13:24:28
最新の投稿
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt