エリア: 東京都

東京都内のご馳走ナポリタン10選!グルメライターが食べて見つけた絶対おすすめしたいお店

東京都内のご馳走ナポリタン10選!グルメライターが食べて見つけた絶対おすすめしたいお店

東京都内をグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめナポリタン!味付けはケチャップというシンプルさながら、麺の茹で方、炒め方、具材のセレクトで美味しさが決まる奥深きナポリタン。街のナポリタンの名店は、こちら!


新橋でナポリタンと言えばカフェテラス ポンヌフ

 ナポリタンの激戦区・新橋で半世紀近く愛される味と言えばここを忘れてはならない。原点はコーヒー店だが、店主の信夫健二さんが作るナポリタンが評判を呼んで行列店に。近年は大病を経験したにもかかわらず、毎朝6時に来て1日分の麺20㎏を茹でるというから頭が下がる。終日の立ち仕事は無理だが、71歳になった今も「感覚を忘れないため」と夜はフライパンを振って調理するのだそう。

 味付けは牛豚の挽き肉や香辛料を入れた特製トマトソースとケチャップ。見事に調和された酸味、甘み、旨みが、太く柔らかい麺に絡まる。これぞ信夫さんのレシピ、ポンヌフの味だ。

[住所]東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館1階 ☎03-3572-5346 [営業時間]11時15分~16時(15時半LO)、17時半~20時(19時半LO)、土11時15分~15時(14時半LO) [休]日・祝 [席]カウンター6席、テーブル19席、計25席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [アクセス]JR線ほか新橋駅汐留口から徒歩1分 ※ランチタイム有

カフェテラスポンヌフ|ナポリタンが評判を呼んで行列店に!ヤミツキ必至特製トマトソース(珈琲店/新橋)

https://matomeshi.jp/articles/356

ナポリタンの激戦区・新橋で半世紀近く愛される味と言えばここを忘れてはならない。原点はコーヒー店だが、店主の信夫健二さんが作る。カフェテラス ポンヌフ (Pont Neuf)[交]JR線ほか新橋駅汐留口から徒歩1分 ※ランチタイム有

練馬でナポリタンと言えば喫茶アンデス

 ナポリタンが売り切れ御免?!
 朝、1日分の麺を茹でてその日に使い切るようにしているため、早い日は20時ごろには麺が無くなってしまうこともある店がコチラ。驚くのはハムなどの肉類を一切使っていないのに、たっぷり入った野菜の旨みで全体が味わい深く完成していること。ランチは忙しいため皿盛りで提供するが、16時からは熱々の鉄板で運ばれてくる。

 店内の壁一面には店主・井上博さんの趣味の漫画本や常連客から寄贈された小説などがズラリ。その数ザッと1万冊以上。まるで図書室のような空間で、思い切り昭和の味に浸りたい。

[住所]東京都練馬区豊玉北5-17-9井上ビル2階 ☎03-5999-8291 [営]7時~22時、土8時~22時(食事は11時〜) [休]日 [席]テーブル席29卓、計77席/分煙/団体は予約可/カード不可/サなし [アクセス]都営大江戸線練馬駅A2出口からすぐ、西武池袋線練馬駅南口から徒歩1分

喫茶アンデス|ナポリタンが売り切れ御免?!図書室のような昭和の空間で頬張る(喫茶店/練馬)

https://matomeshi.jp/articles/358

人気漫画『タッチ』のヒロイン浅倉 南の実家の喫茶店のモデルといわれており、作中に出てくる料理はこの店のナポリタンとも?作者のあだち充氏がよく利用していたという[交]練馬駅A2出口からすぐ※ランチタイム有

新橋でナポリタンと言えば喫茶室 ポワ

 ニュー新橋ビルに店を構えて約45年。そんな昭和の喫茶店メニューの中で、ビジネスマンたちを虜にしているのがナポリタンだ。宇野正人店長が25年ほど前に改良した味で、旨さの秘密は炒め加減。「自分はお焦げ風が好きなので、焦げ目が付く直前までしっかり炒めて香ばしさを出しています」と宇野さん。

 麺は茹でた後に1時間以上置いたもの。最初に具と麺をよく炒め、ケチャップを入れてからさらに焼く。すると麺に絡み付くようにケチャップが馴染み、酸味がまろやかな甘みに変わり、香ばしい香りが食欲をソソるひと皿に仕上がるのだ。

[住所]東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル2階 ☎03-3580-3764 [営業時間]10時~19時(モーニングは11時15分まで、食事は11時15分~17時半) [休]土・日・祝 [席]テーブル席、計88席/禁煙席な[アクセス]JR線ほか新橋駅烏森口からすぐ ※ランチタイム有

喫茶室 ポワ(ナポリタン/新橋)|絶品のナポリタン!麺に絡み付くケチャップ味の香ばしさがソソる

https://matomeshi.jp/articles/359

ニュー新橋ビルに店を構えて約45年。そんな昭和の喫茶店メニューの中で、ビジネスマンたちを虜にしているのがナポリタンだ。喫茶室 ポワ (POWA)[アクセス]JR線ほか新橋駅烏森口からすぐ ※ランチタイム有

大井町でナポリタンと言えばハピネス

うず高く盛り付けられた太麺スパゲティは、重量なんと500g。ひと晩寝かせたもっちり麺を具材、ケチャップとしっかり炒め和え、旨みを吸収させる。さらに途中で麺が冷めぬよう熱々の鉄板で提供する。1971年創業の洋食屋の変わらぬ味は、食べ飽きることのない美味しさ。「カレースパゲティ」850円も必食メニューだ。

[住所]東京都品川区大井3-4-1 ☎03-3775-5825 [営業時間]9時~11時(トーストのみ)、11時半~14時、17時半~23時LO [休]日、年末年始 ※ランチタイム有

ハピネスのナポリタンは迫力の500gも気がつけばペロリの旨さ(洋食/大井町)

https://matomeshi.jp/articles/363

うず高く盛り付けられた太麺スパゲティは、重量なんと500g。ひと晩寝かせたもっちり麺を具材、ケチャップとしっかり炒め和え、旨みを吸収させる。さらに途中で麺が冷めぬよう熱々の鉄板で提供する。1971年創業の洋食屋の変わらぬ味は、食べ飽きることのない美味しさ。ハピネス 大井町駅 ※ランチタイム有

上野でナポリタンと言えば珈琲 王城

現在の場所での営業は昭和50年からだが、それ以前も上野界隈で店をやっていたという純喫茶。自家製のトマトソースを使うナポリタン(注文は11時~)は当初から変わらない昔懐かしい味だ。太めの麺はモチッと柔らかく、コーヒーに合うよう少し濃いめの味付けにしている。お得なドリンク付きのセットメニューは980円。

[住所]東京都台東区上野6-8-15 ☎03-3832-2863 [営業時間]8時~21時半 [休]不定休

珈琲 王城|純喫茶の昔懐かしい定番ナポリタン(珈琲店/上野)

https://matomeshi.jp/articles/360

自家製のトマトソースを使うナポリタン(注文は11時~)は当初から変わらない昔懐かしい味だ。太めの麺はモチッと柔らかく、コーヒーに合うよう少し濃いめの味付けにしている。お得なドリンク付きのセットメニューは980円。王城 (オウジョウ) ※ランチタイム有

飯田橋でナポリタンと言えばカウベル

麺は中太。具材にはロースハム、玉ねぎ、ピーマン、マッシュルームを使い、ケチャップでしっかり炒めた「ナポリタン」は、「これぞ喫茶店の正統派」という旨さ。35年前に開店したこの店は、昼が喫茶店、夜はスナック(カラオケあり)という懐かしきスタイル。味・雰囲気ともども、昭和感を楽しませてくれる。

[住所]東京都千代田区飯田橋4-5-2 T&Sビル1階 ☎03-3265-2564 [営業時間]喫茶10時~19時、スナック19時~23時 [休]日・祝 [アクセス]東京メトロ東西線 飯田橋駅から徒歩2分、JR中央線(各駅停車) 飯田橋駅 東口から徒歩4分 ※ランチタイム有

Coffe&snack カウベル|これぞ喫茶店の正統派ナポリタン(カフェ/飯田橋)

https://matomeshi.jp/articles/364

麺は中太。具材にはロースハム、玉ねぎ、ピーマン、マッシュルームを使い、ケチャップでしっかり炒めた「ナポリタン」は、「これぞ喫茶店の正統派」という旨さ。[交]飯田橋駅から徒歩3分 ※ランチタイム有

浅草でナポリタンと言えばデンキヤホール

創業が1903年という老舗店。田舎じるこのような「ゆであずき」500円、焼きそばを薄焼き玉子で巻いた、元祖「オム巻き」650円が名物。実は「ナポリタン」もファンの多い人気メニュー。中太麺を使い、ハムやピーマン、玉ねぎなどの具材がたっぷりと入る上品な味わいで、ぜひこちらも堪能してみてほしい。

[住所]東京都台東区浅草4-20-3 ☎03-3875-2987 [営業時間]9時~21時 [休]水

デンキヤホール|浅草で創業110年!隠れ名物メニューはナポリタン(喫茶店/浅草)

https://matomeshi.jp/articles/361

創業が1903年という老舗店。田舎じるこのような「ゆであずき」500円、焼きそばを薄焼き玉子で巻いた、元祖「オム巻き」650円が名物。デンキヤホール 浅草駅

浅草でナポリタンと言えば喫茶ニューライト

浅草寺の近くで50年近く営業している軽食、定食も充実している喫茶店。ナポリタンは、太麺を使い、ややケチャップを多めに使った家庭的な味わいで美味。さらに充実した甘味や薄焼き玉子で巻く「オムライス」1100円も食べてみてほしい懐かしの味。

[住所]東京都台東区浅草1-33-4 ☎03-3841-5524 [営業時間]9時~18時 [休]無休

喫茶ニューライト|定食気分で食べるナポリタンは懐かしの味(喫茶店/浅草)

https://matomeshi.jp/articles/365

浅草寺の近くで50年近く営業している軽食、定食も充実している喫茶店。ナポリタンは、太麺を使い、ややケチャップを多めに使った家庭的な味わいで美味。さらに充実した甘味や薄焼き玉子で巻く「オムライス」1100円も食べてみてほしい懐かしの味。喫茶ニューライト[交]浅草駅 ※ランチタイム有

神保町でナポリタンと言えば神保町ラドリオ

創業66年になる歴史ある喫茶&バー。日本で初めてウィンナーコーヒーを出したともいわれる。ナポリタンはタバスコなどを入れた特製トマトソースで作る大人のピリ辛味。ランチセット(950円・17時まで)はスープ、サラダ、コーヒーが付く。重厚なレンガ造りの外観や時が止まったかのような店内の空間も魅力だ。

[住所]東京都千代田区神田神保町1-3  ☎03-3295-4788 [営業時間]11時半~22時LO、土12時~20時半LO [休]日・祝、年末年始

神保町ラドリオ|ナポリタンはタバスコのピリ辛味がスパイシー大人の味(喫茶店/神保町)

https://matomeshi.jp/articles/362

創業66年になる歴史ある喫茶&バー。日本で初めてウィンナーコーヒーを出したともいわれる。ナポリタンはタバスコなどを入れた特製トマトソースで作る大人のピリ辛味。神保町ラドリオ[交]神保町駅 ※ランチタイム有

池袋でナポリタンと言えばフラミンゴ

写真:ナポリタン
ミックスチーズも一緒に炒めて、あっさりとしたなかにもコクや香ばしさを生んでいる。最後にフレッシュトマトをトッピング。

 池袋駅西口を出てすぐの好立地で、半世紀も前から営業を続けるこの街でも指折りの老舗喫茶店だ。店内に入ると、そこにはビルの地下とは思えないほど広々とした空間が広がっている。まず目に飛び込んでくるのが、店内の中央に設置された巨大な水槽。優雅に泳ぐ熱帯魚を愛でながら、ゆったりと過ごす時間は格別だ。食事メニューも超充実。定番のオムライスやカレーをはじめ、喫茶店としては珍しい中華丼や麻婆茄子丼も用意しており、これらはなんとワンコイン! 一番人気がナポリタンで、ホールトマトやトマトジュースを煮詰めた自家製ソースで、ソーセージやピーマンなどの具材と共に茹でたての麺を炒めていく。あっさりとした素朴な味わいが後をひき、フォークを口に運ぶ手が止まらなくなること間違いナシ!

[住所]東京都豊島区西池袋1-15-9 地下2階 [TEL]03-3986-0988 [営業時間]10時~21時(20時半LO)※ランチタイム有   [休日]年末年始 [席]テーブル125席/分煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか池袋駅西口から徒歩1分

池袋で指折りの老舗喫茶店で食す素朴なウマさのナポリタン|フラミンゴ(喫茶店/池袋)

https://matomeshi.jp/articles/3019

池袋駅西口を出てすぐの好立地で、半世紀も前から営業を続けるこの街でも指折りの老舗喫茶店だ。店内に入ると、そこにはビルの地下とは思えないほど広々とした空間が広がっている。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


ナポリタンが美味しい喫茶店!池袋、神保町、赤羽、築地で見つけた4店舗

ナポリタンが美味しい喫茶店!池袋、神保町、赤羽、築地で見つけた4店舗

美味しいのは珈琲、紅茶だけではありません。ナポリタンの美味しい喫茶店を池袋、神保町、赤羽、築地で見つけました!


昔ながらの喫茶店 友路有 赤羽本店|王道メニューのオンパレード ナポリタンは飽きのこない味(喫茶店/赤羽)

昔ながらの喫茶店 友路有 赤羽本店|王道メニューのオンパレード ナポリタンは飽きのこない味(喫茶店/赤羽)

ハンバーグにピラフ、プリンアラモード……ズラリと並ぶ昔ながらの喫茶メニューに大興奮! あれもこれも目移りするも、まずは定番のナポリタンをおすすめしたい。


フォーシーズン(喫茶店/築地)-人気はナポリタン、築地の喫茶店

フォーシーズン(喫茶店/築地)-人気はナポリタン、築地の喫茶店

築地の喫茶店「フォーシーズン」のナポリタンのグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。築地場外の一画に店を構える、種類豊富なスパゲッティが自慢の喫茶店。メニューはミートソースから、新鮮な魚介を使用したスープスパゲッティまで、約20種類にも及ぶ。


池袋で指折りの老舗喫茶店で食す素朴なウマさのナポリタン|フラミンゴ(喫茶店/池袋)

池袋で指折りの老舗喫茶店で食す素朴なウマさのナポリタン|フラミンゴ(喫茶店/池袋)

池袋駅西口を出てすぐの好立地で、半世紀も前から営業を続けるこの街でも指折りの老舗喫茶店だ。店内に入ると、そこにはビルの地下とは思えないほど広々とした空間が広がっている。


日本で初めてウィンナーコーヒーを出した店「神保町 ラドリオ」

日本で初めてウィンナーコーヒーを出した店「神保町 ラドリオ」

書店を営んでいたオーナーが、文化人が集まるサロンとしてこの店を開いたのが1949年のこと。日本で初めてウィンナーコーヒーを出した店としても知られており、客の白熱した討論中にもコーヒーが冷めないようにするための初代ママ・愛子さんの心遣いだったとか。


最新の投稿


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

粗めに仕上げた自家製パン粉に合うものをと探してたどり着いたのが、現在のぷりっぷりで大きな牡蠣。口に運ぶと、ザクザクという小気味いい音とともに、じゅわっと牡蠣の旨みが染み出す。


新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

とみたや|もとは松阪牛の本場、三重県出身の初代が肉の卸業を営み、さらに虎ノ門で店を構えたのが始まり。3代目となる今も、長年の信頼関係と目利きゆえ、いい肉を安く仕入れられるのが自慢だ。


 昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

『カフェ・レストランフレスカ』ではデカ盛りをどこよりも早い15年前に実施。当初は肉体労働で腹ペコの電化製品販売員のリクエストから始まったのだそう。


ランキング


>>総合人気ランキング