MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
シュングルマン(ビストロ/八丁堀)|熟成牛の香りとコクが豊かな樽熟香を持つウイスキーと絶妙に調和

シュングルマン(ビストロ/八丁堀)|熟成牛の香りとコクが豊かな樽熟香を持つウイスキーと絶妙に調和

「シュングルマン」は「肉好きの、肉好きによる、肉好きのための店」として、牛、豚、鶏、羊、ジビエ、シャルキュトリーなど、様々な肉料理を堪能させてくれる。

シュングルマン(最寄駅:八丁堀駅)

「肉好きの、肉好きによる、肉好きのための店」として、牛、豚、鶏、羊、ジビエ、シャルキュトリーなど、様々な肉料理を堪能させてくれるのがこちら。とりわけ150日間熟成させた「超熟成短角牛のビステッカ」は、芳醇な香りと赤身の濃厚なコクが噛むほどに口に広がる贅沢な味わい。この逸品に合わせてみてほしいと小池シェフが言うのは、ワインではなく、ウイスキーのソーダ割りだ。 なかでも「富士山麓 樽熟 」のように、豊かな樽熟香があってコクのあるウイスキーがおすすめとのこと。「それぞれの香りが調和し、口に残る脂をスッキリさせてくれて、本当に超熟成肉にピッタリなんです。シェリービネガーなどを使った料理にもよく合いますよ」 秋の夜長にゆったりとウイスキーを傾けるのもいいが、肉と合わせる食中酒としての面白さも、ぜひ楽しんでみてほしい。

超熟成短角牛のビステッカ
4800円〜

超熟成肉は、特別に業者にお願いして仕入れている、こちらの名物のひとつ。「富士山麓 樽熟50°」のハイボールは、少し濃いめに作ると、よりビステッカとの相性が深まる

富士山麓 樽熟50° ハイボール
550円

シャルキュトリーの彩々盛り合わせ(2人前)
2000円〜

「シャルキュトリーの彩々盛り合わせ(2人前)」はバーボンによく合う。このひと皿でゆっくりとウイスキーを味わうお客さんも少なくないとか

「富士山麓 樽熟50°」以外に「I.W.ハーパー」や「フォアローゼス」なども揃えている

シュングルマン

写真:シュングルマンの店内

[住所]東京都中央区新川2-3-7 [TEL]03-6222-8464 [営業時間]11時45分〜13時半LO、18時〜21時半LO [休日]日・祝 [席]テーブル4席×3卓、6席×1卓、2席×1卓、個室6席×1卓 計26席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし [交通アクセス]地下鉄日比谷線八丁堀駅A5出口から徒歩5分

電話番号 03-6222-8464
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 かつて神保町で氷屋を営んでいた民家を、9年前ビストロに改装。築72年になる昭和の建物をあえて残し、“晩ご飯の香りが漂う夕暮れに、自宅へと急ぎたくなるような”雰囲気を体現したという。
 プリフィクスメニューは、前菜・メインとも5種類以上あり、選択肢の多さに驚く。一皿のボリュームもたっぷりで平日1000円、休日1800円というコスパの高さだから、いつも賑わっていて男性客も多い。
 8.8坪のお店で出すタパスは、気取らないながらも繊細な味付けと美しい盛り付けが魅力。口に含んだ先には、幸せが待っている。
神田にあった人気立ち飲みビストロ店が2018年7月に新装オープン。テーブルでゆっくり楽しめる店に。
食材本来の旨みを、自家燻製や各種ソース作りなどの手仕事で引き出す実力派ビストロ。食べると身体中が喜び出すような、素朴で力強いひと皿に出合える。
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。
岩手県内で有数のぶどう産地を誇る紫波町のワイナリーが手掛ける100%ストレートジュース。秋に収穫したぶどう(キャンベル)を搾り6ヶ月間じっくり熟成。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt