MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ケージュレップ(バー/六本木)|こだわりの肉料理はウイスキーと最高の相性

ケージュレップ(バー/六本木)|こだわりの肉料理はウイスキーと最高の相性

「ケージュレップ」は六本木のなかでも比較的落ちついたエリアのビルの2階にある。旬の果物を使ったカクテルや世界各地のワインなど、アルコールの豊富さもさることながら、常連客の心を掴んで離さないのが満足度の高い肉料理の数々だ。

ケージュレップ(最寄駅:六本木駅)

旨みが凝縮されたこだわりの肉料理はウイスキーと最高の相性

 六本木のなかでも比較的落ちついたエリアの、ビルの2階にバー「ケージュレップ」はある。旬の果物を使ったカクテルや世界各地のワインなど、アルコールの豊富さもさることながら、常連客の心を掴んで離さないのが満足度の高い肉料理の数々だ。 なかでも「厚切りカツサンド」は、これだけを食べに訪れる人がいるほどの大人気メニュー。ふんわりとした自家製パンに挟まれているのは、厚さ3・5センチの国産豚ロース。低温でじっくり揚げたあとに一度休ませ、さらに揚げることで肉はしっとりとやわらかく、衣はカリッとした食感に。口中をすっきりとリセットしてくれる、爽やかな「グレンモーレンジィ」のソーダ割りとの相性も抜群である。 神秘的なオレンジ色の光が灯された店内は、やや暗めで心落ち着く雰囲気。腹ごしらえの1軒目にも、〆の一杯を味わう店としても使える貴重な店だ。

厚切りカツサンド
1600円

3.5cmもの厚みがありながら、簡単に噛み切れる国産豚ロースのやわらかさに驚愕。ボリュームもあるが、持ち帰り可能なので安心だ

グレンモーレンジィのソーダ割り
1200円

肉料理の盛り合わせ
3800円〜

「肉料理の盛り合わせ」は、いわて門崎丑の赤身のシンシンと程よく脂ののったイチボを使用。中心が64度になるように火を入れ、旨みを最大限に引き出している。「知多」ハーフロックと

「知多」ハーフロック
1300円

「ジョシュア・ブルックス」
1300円(ショット価格)

左から「ジョシュア・ブルックス」、「タリスカー」、「マッカラン1982年」など多数揃う

「タリスカー」
1300円(ショット価格)

「マッカラン1982年」
5000円(ショット価格)

ケージュレップ

写真:ケージュレップの店内

[住所]東京都港区六本木4-12-2 佐々木ビル2F ☎03-6804-1204 [営]18時〜翌3時 [休]日・祝(不定休) [席]カウンター6席、テーブル16席、計22席/喫煙可/予約可/カード可/チャージ1000円 [交]都営大江戸線六本木駅7番出口から徒歩2分

電話番号 03-6804-1204
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
世界的なカクテルコンテストで入賞経験を持つ、バーテンダー宮澤英治氏がオーナーのカクテルワークス。神保町店は話題のクラフトジンがテーマだ。
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。
“幕末、アメリカに派遣されたサムライたちが、アメリカの文化を持ち帰って日本にバーを開いたら……”というコンセプトでつくられた「ザ・エスジー・クラブ」。1階の「ガズル」はカウンター席の他、スタンディングもOKなオープンな空間。
 「今までにない味わいのカクテルを作りたい」という店主・清崎さんは、ベトナムにバーを2店舗持つ実力派。彼のカクテルをひと言で表すとすれば“組み合わせの妙”だろう。
 ジェラートとカクテルを楽しめるユニークな一軒。バーテンダーの高宮さん曰く「バーの仕事だけでなく、もっと幅広いスタイルにしたかったから」。
容器に入れてふりふりしてシェイクするだけで、素早くホイップクリームができる! 可愛くデコレーションできちゃう!! 「ふりふりクリームメーカー」なるものを、ダイソーで見つけました! 『素早く!』ってことなので、さっそくチェキってみたばい!!
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
 テーマに掲げるのが“鴨と水”。合鴨を丸ごと仕入れ、チャーシューに使われるムネ肉とモモ肉を手作業でさばいたら、残った身もすべて寸胴へ。
世界的なカクテルコンテストで入賞経験を持つ、バーテンダー宮澤英治氏がオーナーのカクテルワークス。神保町店は話題のクラフトジンがテーマだ。
西新宿に本店を構える『麺屋翔』の3店舗目として2018年10月2日にオープン。既存の2軒は鶏がメインだが、こちらは鯛。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt