MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ケージュレップ(バー/六本木)|こだわりの肉料理はウイスキーと最高の相性

ケージュレップ(バー/六本木)|こだわりの肉料理はウイスキーと最高の相性

「ケージュレップ」は六本木のなかでも比較的落ちついたエリアのビルの2階にある。旬の果物を使ったカクテルや世界各地のワインなど、アルコールの豊富さもさることながら、常連客の心を掴んで離さないのが満足度の高い肉料理の数々だ。

ケージュレップ(最寄駅:六本木駅)

旨みが凝縮されたこだわりの肉料理はウイスキーと最高の相性

 六本木のなかでも比較的落ちついたエリアの、ビルの2階にバー「ケージュレップ」はある。旬の果物を使ったカクテルや世界各地のワインなど、アルコールの豊富さもさることながら、常連客の心を掴んで離さないのが満足度の高い肉料理の数々だ。 なかでも「厚切りカツサンド」は、これだけを食べに訪れる人がいるほどの大人気メニュー。ふんわりとした自家製パンに挟まれているのは、厚さ3・5センチの国産豚ロース。低温でじっくり揚げたあとに一度休ませ、さらに揚げることで肉はしっとりとやわらかく、衣はカリッとした食感に。口中をすっきりとリセットしてくれる、爽やかな「グレンモーレンジィ」のソーダ割りとの相性も抜群である。 神秘的なオレンジ色の光が灯された店内は、やや暗めで心落ち着く雰囲気。腹ごしらえの1軒目にも、〆の一杯を味わう店としても使える貴重な店だ。

厚切りカツサンド
1600円

3.5cmもの厚みがありながら、簡単に噛み切れる国産豚ロースのやわらかさに驚愕。ボリュームもあるが、持ち帰り可能なので安心だ

グレンモーレンジィのソーダ割り
1200円

肉料理の盛り合わせ
3800円〜

「肉料理の盛り合わせ」は、いわて門崎丑の赤身のシンシンと程よく脂ののったイチボを使用。中心が64度になるように火を入れ、旨みを最大限に引き出している。「知多」ハーフロックと

「知多」ハーフロック
1300円

「ジョシュア・ブルックス」
1300円(ショット価格)

左から「ジョシュア・ブルックス」、「タリスカー」、「マッカラン1982年」など多数揃う

「タリスカー」
1300円(ショット価格)

「マッカラン1982年」
5000円(ショット価格)

ケージュレップ

写真:ケージュレップの店内

[住所]東京都港区六本木4-12-2 佐々木ビル2F ☎03-6804-1204 [営]18時〜翌3時 [休]日・祝(不定休) [席]カウンター6席、テーブル16席、計22席/喫煙可/予約可/カード可/チャージ1000円 [交]都営大江戸線六本木駅7番出口から徒歩2分

電話番号 03-6804-1204
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 ジェラートとカクテルを楽しめるユニークな一軒。バーテンダーの高宮さん曰く「バーの仕事だけでなく、もっと幅広いスタイルにしたかったから」。
更新: 2019-10-16 12:00:00
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
更新: 2019-10-14 12:00:00
日々の疲れがスッととれそうな、温かくも落ち着いた雰囲気のバー。いつものスタンダードカクテルもいいけど、たまには気分を変えたい……そんなときは、店主の山谷頼子さんに自分の好みに応じたコーヒーカクテルを作ってもらおう。
更新: 2019-08-04 12:00:00
銀座の一等地にありながらホッピーを売りにする。「55ホッピーとシャリキンの組み合わせはカクテルとして成立するから」とは店主の嘉茂太輔さんだ。
更新: 2019-06-14 16:33:24
現在、焼酎5934種、梅酒1188種という圧巻の品揃えを誇る和酒バーだが、その中からお気に入りを探すのに絶好なのが「おまかせ試飲セット」。焼酎初心者セット、芋芋セット、GENセットなどなど、選べば好みに合わせてハーフサイズ3種または2種のセットを作ってくれる。
更新: 2019-06-13 10:44:09
最新の投稿
穴場店は都心よりも郊外にある、というのが私の持論。ってことで、またまた穴場店を見つけてしまった。 今年7月、名古屋市北部に隣接する北名古屋市にオープンした『うなぎの中庄』がそれだ。ここは創業90余年の老舗うなぎ卸問屋『中庄商店』の直営店。 ゆえに、確かな目利きで仕入れたうなぎには絶対の自信を持っている……。
更新: 2019-10-17 15:55:00
世の中的な流行なのか、吉祥寺だけの現象なのか不明ですが、ここ1~2年、マニアックなジャンルの食べ物を扱う専門店が増えている傾向にあります。 好きな人にはたまらんなぁ、という感じの店が増えているのですが、今回、私が推すのは「ごはんもの」。いや、今回に限らず、ごはんものは一生推していこうと思ってますけどね……。
更新: 2019-10-17 15:55:00
消費税が10%に上がり、仕事が終わってもまっすぐ帰宅。 家で飲むという方が増えたのではなかろうか。せっかくの家飲み、いつもより“いいお酒”でのんびりと過ごしたい。その思いに応えてくれるウイスキーが登場した。
更新: 2019-10-17 15:00:00
開けた室堂には、数か所の山小屋や池をめぐる散策路が整備されているが、目指すは日本一高所にある天然温泉『みくりが池温泉』だ。泊まり客でなくても入浴や食事が楽しめる。
更新: 2019-10-17 12:00:00
新宿から近く、人気のエリア「高円寺」で、雑誌「おとなの週末」のグルメライターが実際に食べ歩いて見つけた絶品ランチの中から、おすすめ店を厳選してご紹介!お昼の時間帯にしか食べられないメニューや、安いと評判のコスパがいい定食もありますよ♪
更新: 2019-10-17 11:16:19

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt