MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ケージュレップ(バー/六本木)|こだわりの肉料理はウイスキーと最高の相性

ケージュレップ(バー/六本木)|こだわりの肉料理はウイスキーと最高の相性

「ケージュレップ」は六本木のなかでも比較的落ちついたエリアのビルの2階にある。旬の果物を使ったカクテルや世界各地のワインなど、アルコールの豊富さもさることながら、常連客の心を掴んで離さないのが満足度の高い肉料理の数々だ。

ケージュレップ(最寄駅:六本木駅)

旨みが凝縮されたこだわりの肉料理はウイスキーと最高の相性

 六本木のなかでも比較的落ちついたエリアの、ビルの2階にバー「ケージュレップ」はある。旬の果物を使ったカクテルや世界各地のワインなど、アルコールの豊富さもさることながら、常連客の心を掴んで離さないのが満足度の高い肉料理の数々だ。 なかでも「厚切りカツサンド」は、これだけを食べに訪れる人がいるほどの大人気メニュー。ふんわりとした自家製パンに挟まれているのは、厚さ3・5センチの国産豚ロース。低温でじっくり揚げたあとに一度休ませ、さらに揚げることで肉はしっとりとやわらかく、衣はカリッとした食感に。口中をすっきりとリセットしてくれる、爽やかな「グレンモーレンジィ」のソーダ割りとの相性も抜群である。 神秘的なオレンジ色の光が灯された店内は、やや暗めで心落ち着く雰囲気。腹ごしらえの1軒目にも、〆の一杯を味わう店としても使える貴重な店だ。

厚切りカツサンド
1600円

3.5cmもの厚みがありながら、簡単に噛み切れる国産豚ロースのやわらかさに驚愕。ボリュームもあるが、持ち帰り可能なので安心だ

グレンモーレンジィのソーダ割り
1200円

肉料理の盛り合わせ
3800円〜

「肉料理の盛り合わせ」は、いわて門崎丑の赤身のシンシンと程よく脂ののったイチボを使用。中心が64度になるように火を入れ、旨みを最大限に引き出している。「知多」ハーフロックと

「知多」ハーフロック
1300円

「ジョシュア・ブルックス」
1300円(ショット価格)

左から「ジョシュア・ブルックス」、「タリスカー」、「マッカラン1982年」など多数揃う

「タリスカー」
1300円(ショット価格)

「マッカラン1982年」
5000円(ショット価格)

ケージュレップ

写真:ケージュレップの店内

[住所]東京都港区六本木4-12-2 佐々木ビル2F ☎03-6804-1204 [営]18時〜翌3時 [休]日・祝(不定休) [席]カウンター6席、テーブル16席、計22席/喫煙可/予約可/カード可/チャージ1000円 [交]都営大江戸線六本木駅7番出口から徒歩2分

電話番号 03-6804-1204
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
“幕末、アメリカに派遣されたサムライたちが、アメリカの文化を持ち帰って日本にバーを開いたら……”というコンセプトでつくられた「ザ・エスジー・クラブ」。1階の「ガズル」はカウンター席の他、スタンディングもOKなオープンな空間。
 「今までにない味わいのカクテルを作りたい」という店主・清崎さんは、ベトナムにバーを2店舗持つ実力派。彼のカクテルをひと言で表すとすれば“組み合わせの妙”だろう。
 ジェラートとカクテルを楽しめるユニークな一軒。バーテンダーの高宮さん曰く「バーの仕事だけでなく、もっと幅広いスタイルにしたかったから」。
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
日々の疲れがスッととれそうな、温かくも落ち着いた雰囲気のバー。いつものスタンダードカクテルもいいけど、たまには気分を変えたい……そんなときは、店主の山谷頼子さんに自分の好みに応じたコーヒーカクテルを作ってもらおう。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。
店主は蕎麦懐石の名店「無庵」出身。料理長を経て、2017年に、この店をオープンした。
取り扱うのはあんぱんのみ。シンプルなものも美味しいが、人気は写真の2品。東京駅外壁のレンガを模した「東京レンガぱん」の中は、こしあんと白あん入り特製ホイップクリーム。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt