エリア: 東京都

今年も鍋の季節が到来!グルメライターが実食「鍋」大調査(鍋/東京)

今年も鍋の季節が到来!グルメライターが実食「鍋」大調査(鍋/東京)

今年も鍋の季節が到来です!食べたことのないような絶品鍋、気になる鍋を東京都内でたくさん見つけました。さぁ、この冬はどの鍋から食べに行きますか!?


ビジュアル も◎、牛肉&豚肉を一度に味わう!『ハイブリッド肉鍋』

炭火焼肉・にくなべ屋 神戸びいどろ(最寄駅:初台駅)

びいどろ名物肉鍋 赤鍋 一人前1420円(※鍋の注文は2人前〜)

肉鍋は、赤味噌ベースの「赤鍋」と、白味噌ベースで和風味の「白鍋」の2種類。神戸牛バラ肉とSPFポーク、牛スジ、ハツ、小腸の3種類のホルモン、計5種類の肉が一挙にいただける、まさにハイブリッド鍋。一番人気の赤鍋は、コチュジャンの甘辛さと豆板醤のピリッとした辛み、赤味噌のコクのバランスが秀逸。肉の下にはたっぷりのモヤシと玉ねぎ、キャベツが積み上げられており、そのビジュアルは圧巻だ。肉と野菜の総重量は一人前350gを超え、満足度も高い。ダシ、タレ、ドレッシングにいたるまですべてが手作りで、素材の旨みをやさしく引き出している。

【〆はコレ!】ラーメン 250円

神戸牛の脂の甘みがしみ出たダシがしっかり中華麺に絡む。〆は他にぞうすい(500円)も

東京都渋谷区代々木4-37-12 [TEL]03-6276-2939 [営]17時~24時(23時LO) [休]不定休 [席]カウンター7席、2名×1卓、4名×12卓、8名×1卓 計65席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし [交]京王新線初台駅南口から徒歩5分

炭火焼肉・にくなべ屋 神戸びいどろ|高さはなんと28㎝!神戸牛の甘みと豚の旨みがしみ入るような美味しさ(肉鍋/初台)

https://matomeshi.jp/articles/410

実食して厳選!「2016年最旬鍋 大調査!」特集掲載の一品。「炭火焼肉・にくなべ屋 神戸びいどろ」の「びいどろ名物肉鍋 赤鍋」。高さはなんと28cm!神戸牛の甘みと豚の旨みがしみ入るような美味しさの鍋です。[交]京王新線初台駅南口から徒歩5分

金蔦 銀座(最寄駅:新橋駅)

博多炊き肉鍋コース『九州産黒毛和牛×鹿児島黒豚「黒宝豚」』 1人前5900円

香味野菜などと共にじっくりと炊き出された牛テールスープは、旨みが詰まった上品な味わい。シルクハット型の特注鍋に美しく盛られた肉の下には、たっぷりのネギと、甘みを引き出すキャベツが名脇役として鎮座する。肉と共にスープにくぐらせ食せば、旨みが詰まった繊細な味が楽しめる。 つけダレは濃縮した牛テールスープに和ダシを加えたものと、白ワインビネガー入りのトマト味の2種類。手作りの梅味噌を添えていただけば、ピリッとした中に爽やかな風味が広がる。

【〆はコレ!】きし麺 350円

つるりとし、のど越し最高

東京都中央区銀座8-3-1 GINZA TOKIDEN7階 [TEL]03-6264-5688 [営]17時半~23時(22時半LO) [休]施設に準ずる、元日〜1月3日 [席]カウンター4席、2名×2卓、4名×7卓、6名×1卓 計42席(個室最大10名)/禁煙席あり/カード可/予約可/サ10% [交]JR山手線など新橋駅銀座口から徒歩3分

金蔦(鍋/銀座)|もつ鍋、水炊きに続く、“第3の鍋”が登場!?上質な肉を堪能

https://matomeshi.jp/articles/411

「金蔦 銀座店」の「博多炊き肉鍋」はとろけるような美味しさの九州産黒毛和牛と、濃厚な味わいと柔らかな肉質が特徴の希少種「黒宝豚」がのった、一番人気を誇る、名物の鍋だ。実食して厳選した「2016年最旬鍋 大調査!」特集掲載の一品。[交]JR山手線など新橋駅銀座口から徒歩3分

つけダレが豊富!好みにアレンジ可能『カスタマイズ鍋』

パクチーファン(最寄駅:新橋駅)

パクチー火鍋1人前 840円

辛い中にもコクと旨みのある激辛スープと薬膳風味の白湯スープ、どちらも香辛料がたっぷり入っておりエスニック感満点だ。これだけでも充分旨いが、さらにパクチーソース、ゴマダレ、タイスキソース、パクチーの根が添えられる。パクチー、玉ねぎ、にんにくやシーズニングソースなどから作ったパクチーソースは少々酸味があり、これにパクチーの根をぱらりとかけると中毒性のある味わいに。また、激辛スープとゴマダレを合わせると担々麺風の味に、とアレンジは自由自在だ。鶏、豚のほか、独特のクセのあるラム肉が、濃厚スープとタレに抜群に合う。パクチー好きならずとも一度は食べてみたい、注目の鍋だ。

【〆はコレ!】〆のラーメン  300円

麺は太めでボリュームがあるが、つるりと食べられる

東京都港区新橋4-18-4村上ビル3階 [TEL]03-6432-4177 [営]17時~23時半、金17時~翌4時 [休]日・祝(※12月は日・祝も営業、年末年始は12/31〜1/6休) [席]カウンター8席、テーブル2席×1卓、4席×3卓 計22席/禁煙席なし/カード可/予約可/お通し300円別 [交]JR新橋駅烏森口から徒歩5分

パクチーファン|組み合わせ自在の3つのタレとパクチーの根で鍋の味に変化を付けて(タイ料理/新橋)

https://matomeshi.jp/articles/412

実食して厳選した「2016年最旬鍋 大調査!」特集掲載の一品。「パクチーファン」の「パクチー火鍋」は辛い中にもコクと旨みのある激辛スープと薬膳風味の白湯スープ、どちらも香辛料がたっぷり入っておりエスニック感満点だ。パクチー好きならずとも一度は食べてみたい、注目の鍋だ。[交]JR新橋駅烏森口から徒歩5分

オリジナル洋風鍋 マルミット(最寄駅:赤坂駅)

マルミット鍋 1人前 4000円

牛、豚、鶏、香味野菜からとったブイヨンから丁寧に脂を除いて、旨みはそのまま、あっさりした味に仕上げたスープ。これに自家製ソーセージ、揚げナス、大根など独創的な具材を入れ、トマトやバジルのソース、ガーリックや唐辛子のオイル、粒マスタードと5種の調味料を好みに調合したタレでいただく。トマトの旨みと酸味をベースに、香り高いバジル、唐辛子の辛みなど、調整しながら好みのタレを作ってみよう。このタレとブイヨンの旨みを含んだ具が合わさり後を引く。具を食べ終わったら、さらに旨みが増したスープを使ってスープパスタ、チーズフォンデュ、最後にリゾットをいただける、まさに鍋のフルコースだ。

【〆はコレ!】リゾット

そのままでも、トマトソースやバジルソースを加えても美味

ダシにこだわりあり!『絶品ダシ鍋』

藁ウ鴨ニハ福来ル(最寄駅:吉祥寺駅)

藁焼き鴨しゃぶ 1人前2500円

カツオ節と日高昆布で丁寧にダシをひき、有機白醤油を使ったまろみのあるスープに、藁で炙り、豊かな薫りをまとった国産合鴨ロースとモモ肉をさっとくぐらせると、柔らかな肉から旨みがあふれ出す。たっぷりと添えられた根深ネギと九条ネギは食感の妙だけでなく、スープをまとわせれば、しっとりとした極上の一品へと変貌。肉と一緒に食べれば、口中がたちまち幸せに包まれる。ゴボウやネギ、生姜の風味がきいたつくねは、スープに入れておくとダシに深い味わいを与え、美味しさが増す。もちろん火が通り次第、食べても美味。

【〆はコレ!】雑炊 450円

テーブルでスタッフが作ってくれる雑炊は、ネギとふんわりとした玉子で仕上げられる

東京都武蔵野市吉祥寺南町2-8-8 1F・B1F/[TEL]0422-24-9383 [営]17時~24時(23時半LO) [休]日 ※元日から1月4日まで休み [席]カウンター24席(うち12席分はスタンディング)、4名×3卓、6名×1卓、8名×2卓 計58席(個室最大16名まで可)/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、テーブル席のみお通し324円 [交]JR中央線ほか吉祥寺駅公園口から徒歩5分

藁ウ鴨ニハ福来ル(鍋/吉祥寺)|藁で炙った鴨とネギの鉄板の組み合わせが黄金のダシで旨さ倍増

https://matomeshi.jp/articles/414

「藁ウ鴨ニハ福来ル」の「藁焼き鴨しゃぶ」はカツオ節と日高昆布で丁寧にダシをひき、有機白醤油を使ったまろみのあるスープに、藁で炙り、豊かな薫りをまとった国産合鴨ロースとモモ肉をさっとくぐらせると、柔らかな肉から旨みがあふれ出す。[交]吉祥寺駅公園から徒歩5分

おだし専門店 アルス 南青山

おだし炊き広島産牡蠣の白味噌チーズ 1836円

「広島産牡蠣の白味噌チーズ」は、厳選した白味噌の風味とクリームチーズのコクが鼻腔を刺激したのち、旨みあふれるダシがじんわり広がる、まろやかで斬新な味わいの一品。ぷりぷりのカキと、ひと束分たっぷり入ったホウレン草の甘さが際立つ。近隣の青山の豆腐屋から仕入れた油揚げと凍み豆腐もしっかりとダシを吸い、感動の美味しさだ。「おだし炊き」は、他にもオリジナルの白醤油を使った「白醤油と生姜」などがあり、ダシ×素材の絶妙な組み合わせが味わえる。

【〆はコレ!】〆の鍋にゅうめん 432円

小豆島産のそうめんを使っており、煮込んでもコシが残る

東京都港区南青山1-15-19 B1F/[TEL]03-6434-5057 [営]11時半〜15時LO、18時~23時(22時半LO) [休]日、12月30日の夜〜1月3日まで休み予定 [席]カウンター6席、2名×6卓、4名×3卓、6名×1卓 計36席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし、お通し324円 [交]地下鉄乃木坂駅3番出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

おだし専門店 アルス 南青山|こだわりのダシに、白味噌とチーズのコクやさしい香りと旨み(鍋/南青山)

https://matomeshi.jp/articles/415

実食して厳選した「2016年最旬鍋 大調査!」特集掲載の一品。「おだし専門店 アルス 南青山」の「おだし炊き広島産牡蠣の白味噌チーズ」は、厳選した白味噌の風味とクリームチーズのコクが鼻腔を刺激したのち、旨みあふれるダシがじんわり広がる、まろやかで斬新な味わいの一品。[交]乃木坂駅3番出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

とみたや|もとは松阪牛の本場、三重県出身の初代が肉の卸業を営み、さらに虎ノ門で店を構えたのが始まり。3代目となる今も、長年の信頼関係と目利きゆえ、いい肉を安く仕入れられるのが自慢だ。


[ねぎま]の「ねぎま鍋」のグルメ記事と写真(北池袋)

[ねぎま]の「ねぎま鍋」のグルメ記事と写真(北池袋)

ねぎま鍋で知られた北池袋の『なべ家』は江戸料理の大家・福田浩さんの店、惜しまれつつ閉店したが、そこで仲居をしていたのがこの店の女将。[交通アクセス]東武東上線北池袋駅から2分、JR赤羽線ほか板橋駅西口から徒歩10分


大阪ローカル 穴場メシ情報[13] フォアグラをまさか鍋に……この食感ハンパないって! 創作鶏料理の『地鶏炭火焼 鶏樹』

大阪ローカル 穴場メシ情報[13] フォアグラをまさか鍋に……この食感ハンパないって! 創作鶏料理の『地鶏炭火焼 鶏樹』

日本橋にオープンした創作鶏料理の『地鶏炭火焼 鶏樹』に仰天な鍋が登場した。 鍋の具材に合わせたのは、なんとフォアグラ。 この季節に鍋!?と思うかもしれないが、この旨さといったら半端ないって!


[韓灯(韓国料理/月島)]韓国風モツ鍋のグルメ記事と写真

[韓灯(韓国料理/月島)]韓国風モツ鍋のグルメ記事と写真

月島エリアで韓国風モツ鍋。韓灯(ハンドゥン)のグルメ記事と写真のページ。“コプチャンジョンゴル”は、浅めの鍋で炊いた韓国風モツ鍋。「昔、プサンで食べたものをアレンジしました」と店主の金さん。


[北海道料理 アラキ]冬の北海道の希少な鍋「カジカ鍋」(和食/庚申塚)

[北海道料理 アラキ]冬の北海道の希少な鍋「カジカ鍋」(和食/庚申塚)

庚申塚エリアの「北海道料理 アラキ」で“鍋壊し”と呼ばれるカジカ鍋。あまりの美味しさに、箸をつつきすぎて鍋を壊してしまうという意味だ。[交通アクセス]都電荒川線庚申塚駅から徒歩6分、JR山手線巣鴨駅北口から徒歩10分


最新の投稿


池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


ランキング


>>総合人気ランキング