MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【温泉宿グルメ】湯、料理、景観…大満足できるのはここだ!最強コスパの温泉宿

【温泉宿グルメ】湯、料理、景観…大満足できるのはここだ!最強コスパの温泉宿

温泉が恋しい季節。「首都圏から1泊2日で出かけやすい」「温泉も料理も満足できるコストパフォーマンスの高さ」「温泉初心者にもおすすめの美肌の湯」をキーワードに、数ある温泉宿の中から9軒を厳選。魅力的な宿ばかりをそろえました。温泉に浸かって、旨い料理と旨い酒に舌鼓を打つ。これぞニッポンの旅!

旅籠 忠治館
群馬県・赤城温泉

この宿の一番の魅力と言えるのが味の番人、大塚健二さんが腕をふるう料理。山菜や川魚といった山の幸を中心に、米や味噌は近くの親戚の家で作ってもらったものを使用。もっちりと柔らかい群馬の名産もち豚をたっぷりの野菜と効能豊かなダシで味わうメインの「忠治人情薬膳鍋」は、もち豚やキノコの旨みを十分に味わえる。「 “田舎料理”ですから」と大塚さんは言うが、土地のものを使い、丁寧に手作りされた料理こそ、旅の醍醐味といえる。 赤城の山深さを満喫できる岩造りの露天風呂も、いつまでも浸かっていたい心地よさ。コスパの良さは断トツの一軒である。

群馬県前橋市苗ヶ島町2036 [TEL]027-283-3015 チェックイン15時/アウト11時 [交]【電車】上毛電鉄大胡駅下車、ふるさとバスで約20分(要予約) 【車】関越自動車道高崎ICから約45分、または赤城ICから約30分 ※日帰り入浴なし

くつろぎ宿 新滝、くつろぎ宿 千代滝
福島県・会津東山温泉

「新滝」は温泉好きも絶賛するお湯の良さ、「千代滝」は眺望が自慢と、趣の異なる2館の湯巡りは滞在中の大きな楽しみだ。 客室数60室前後の大型旅館になると、“料理は期待薄……”という場合も多いが、この2館は料理の美味しさにも定評がある。夕食「創作会津郷土料理」には、ホタテの貝柱でとったダシで7種の具材を煮込む武家料理「こづゆ」や「ニシンの山椒漬」などが並び、会津へのこだわりがいっぱい。地元でも希少な銘柄を含め、約30種以上の会津の地酒とともに楽しめるのもうれしい限りだ。手作りの料理が並ぶ郷土色豊かな朝食バイキングも、朝から食欲をおおいにそそられる。

(新滝)福島県会津若松市東山町湯本川向222、(千代滝)福島県会津若松市東山町湯本寺屋敷43 [TEL]0242-26-0001(予約センター) チェックイン15時/アウト11時 [交]【電車】磐越西線会津若松駅下車、バスで20分 【車】東北自動車道郡山JCT経由、磐越自動車道会津若松ICから約20分 ※「新滝」のみ日帰り入浴あり(15時~20時30分)

小田急箱根レイクホテル
神奈川県・仙石原温泉

もとは国民宿舎だった建物を、一昨年に全館リニューアル。大浴場には露天風呂とスチームサウナを新設し、客室48室も7タイプに分けて全室リニューアル。快適さがアップしながらも、リーズナブルな料金設定は変わらないのがうれしい。 夕食は和洋会席料理とご飯、みそ汁、サラダなどのハーフバイキングで、朝食は和洋バイキング。ホテルならではの快適性とサービスを気軽に楽しめるだけあって、ファミリーからシニアまで幅広く支持されている。

神奈川県足柄下郡箱根町湖尻桃源台 [TEL]0120-019-123 チェックイン15時/アウト10時 [交]【電車】箱根湯本駅から桃源台行きバスで約40分 【車】小田原厚木道路箱根口ICから箱根方面へ、仙石原交差点左折約10分 ※日帰り入浴あり(11時〜16時、火曜定休)

積善館
群馬県・四万温泉

今回は宿が提案するプランを利用して料理をグレードアップし、会席料理を味わう滞在をおすすめする。 料理のテーマは「湯食同源」。野菜やヘルシー素材をたっぷり使い、朝食では“入って効き、飲んで効く”と言われる源泉で炊いた、ほんのり塩味が効いた「飲泉大根粥」も味わえる。 大正ロマネスク様式の「元禄の湯」のほか、5カ所の風呂が利用できるが、すべての湯船に川底から湧く自家源泉が注がれている。体の内から外から、温泉のパワーを実感できるはずだ。

群馬県吾妻郡中之条町四万甲4236 [TEL]0279-64-2101 チェックイン14時〜18時/アウト10時[交]【電車】JR吾妻線中之条町からバスで約40分 【車】関越自動車道渋川伊香保ICから約25分 ※日帰り入浴あり(10時〜16時)

天城荘
静岡県・大滝温泉

元は湯治場だったというのも納得の、豊かな自然の恵みを東京から2時間強で堪能できるだけに、温泉を満喫したい人に特におすすめだ。 料理は、金目鯛のお造りや猪鍋など、伊豆の山&海の幸を味わう会席料理。館内は昭和の雰囲気が漂い、客層は家族連れからひとり旅まで幅広い。 河津で山の恵みをたっぷり楽しんだ後は、海沿いをドライブしながら海の絶景&グルメを楽しむ。そんなアレンジが利くのも、伊豆ならではの温泉旅だ。

静岡県賀茂郡河津町梨本359 [TEL]0558-35-7711 チェックイン15時/アウト11時 [交]【電車】伊豆急行河津駅からバスで約20分 【車】東名高速道路沼津ICから約1時間30分 ※日帰り入浴あり(10時〜20時)

松宝苑
岐阜県・新平湯温泉

松宝苑の魅力は建物の風情、料理、温泉のトータルのバランスの良さ。堂々たる佇まいの母屋は120年の古民家を移築したもので、豪雪にも耐える太い柱や梁とモダンな調度品との調和が見事だ。ご主人自らが腕をふるうお膳形式の夕食も、この宿を何度も訪ねたくなる理由のひとつ。お造りや前菜の「壱の膳」、飛騨牛や渓流魚が並ぶ「弐の膳」、ご飯や汁ものの「参の膳」に加えて、飛騨牛のステーキや鍋など囲炉裏料理も味わえるという豪華さ。 大自然に抱かれるという言葉がぴったりの内湯や露天風呂の風情はもちろん、温泉好きも納得の泉質の良さ。女性にも喜ばれる「三拍子そろった宿」で、記念日の宿としてもおすすめだ。

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根205-128 [TEL]0578-89-2244 チェックイン14時/アウト10時 [交]【電車】JR松本駅からバスで約90分 【車】長野自動車道松本ICから約90分 ※日帰り入浴不可

貝掛温泉
新潟県・貝掛温泉

日本有数の豪雪地帯、南魚沼の一軒宿。源泉は37度とぬるめで、昭和初期までは、この源泉で目薬も生産された“目に効く”名湯だ。クコ、マタタビなど健康食材を多用した山の料理を、契約農家から仕入れるコシヒカリ、越後の銘酒とともに味わいたい。

新潟県南魚沼郡湯沢町三俣686 [TEL]025-788-9911 チェックイン14時〜18時/アウト10時30分 [交]【電車】上越新幹線越後湯沢駅からバスで約20分 【車】関越自動車道湯沢ICから約15分 ※日帰り入浴あり(11時〜15時)

蛍雪の宿 尚文
群馬県・水上温泉

里山の野菜やきのこ、川魚、赤城鶏など地元食材をふんだんに使った「山人料理」が自慢の宿。米は自家栽培、味噌も無添加で一から仕込むというこだわりよう。別注でジビエ料理もある。館内3つのお風呂は無料で貸し切り可。

群馬県利根郡みなかみ町綱子277 [TEL]0278-72-2466 チェックイン15時/アウト10時半 [交]【電車】上越新幹線上毛高原駅から車で約20分 【車】関越自動車道水上ICから約10分 ※日帰り入浴不可

熱川館
静岡県・伊豆熱川温泉

全室オーシャンビューの客室で、正面に伊豆大島を臨む絶景が広がる。露天風呂の眺めも素晴らしく、毎分100ℓという湯量を誇る、美肌の湯がかけ流されている。金目鯛のしゃぶしゃぶ、煮付けなど伊豆の海の幸が満載の月替わりの料理は、全室部屋食。

静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本981-3 [TEL]0557-23-2111 チェックイン15時/アウト11時 [交]【電車】伊豆急行熱川駅から徒歩7分 【車】東名高速厚木ICから約2時間 ※日帰り入浴あり(15時〜20時)

※料金の詳細は宿にお問い合わせください。
※料理内容は取材時ものです。季節などにより変更になる場合がございます。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
5782views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
東京都と神奈川県を中心に、美味しいカニ料理が食べられるお店をグルメライターが厳選してご紹介します!生でも焼いても茹でても炒めても美味しい。濃厚なミソもクセになる。見た目も華やかで味も抜群の「カニ」に特化したとっておきの情報をお届けします♪
下北沢を訪れたら絶対に訪れるべき、おすすめの喫茶店を厳選!懐かしさとモダンな雰囲気が共存する街で、こだわりの美味しいコーヒー・紅茶・日本茶を、お店自慢のスイーツとともに味わうのは至福の時間です。お買い物の合間に是非立ち寄ってみてください!
古さと新しさが混在する魅惑の町「五反田」。かつては歓楽街としても発展し、最近では若者向けのおしゃれな飲食店が増え、アクセスも良いので、グルメ注目度の高いエリアの1つです。ここでは、おとなの週末のグルメライターが厳選した情報をお届けします!
 明治10年に魚市場で開業し、市場の移転と共に現在の場所へ。代々築いてきた信頼のもとに、厳選された旬の魚介を優先的に仕入れられるのが強みだ。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt