MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【閉店】繊細な肉質のラムと香り高いウイスキーの幸福な出合い(バー/麻布十番)

【閉店】繊細な肉質のラムと香り高いウイスキーの幸福な出合い(バー/麻布十番)

「ラムグリル十番 コージーテーブル」は生後6ヶ月未満の仔羊に、栄養価の高い春先の牧草を1ヶ月食べさせ、4週間熟成させた"WAKANUI スプリングラム"は、肉質がしっとりと繊細で、ほんのりピンク色。そのローストをはじめ、世界各国のラム肉料理を味わえる一軒だ。

骨つき肉ロースのグリル(フルラック) 4200円×I.W.ハーパーのロック 1400円

スチームオーブンで13分焼いたあと、温かい状態のまま約20分間寝かせて肉汁を閉じ込めている。写真は3〜4人でシェアするのにちょうどよいボリューム。ハーフラック2300円もある

【閉店】ラムグリル十番 コージーテーブル
麻布十番

 生後6ヶ月未満の仔羊に、栄養価の高い春先の牧草を1ヶ月食べさせ、4週間熟成させた"WAKANUI スプリングラム"は、肉質がしっとりと繊細で、ほんのりピンク色。そのローストをはじめ、世界各国のラム肉料理を味わえる一軒だ。 驚くほどやわらかい、その肉質の素晴らしさを堪能できるのが「骨つき肉ロースのグリル」。深く澄んだI・W・ハーパーの洗練された味わいが、ラム肉の甘みや香りと調和する。最後は豪快に骨までしゃぶろう。 1階は1ドリンク500円からの気軽なバルスタイル。食事もできるので、こちらも注目だ。

赤身肉を炭火で炙り、特製ソースで味付けした「ラム・ロインのたたき」1600円。合わせるなら「シーバスリーガル12年」のソーダ割り1050円を

プリッと弾力のあるスネ肉をやわらかく煮た「ラムシャンクの赤ワイン煮」2800円。果物数種を使用した、コクのある甘めのソースがあとを引く味わい

【閉店】ラムグリル十番 コージーテーブル
麻布十番

東京都港区麻布十番4-4-1 ツイン一の橋ビル2号棟1階・地下1階 ☎03-6809-4205 [営]18時〜23時(21時半LO) [休]日・祝 [席]カウンター7席、テーブル16席、計23席(地下1階)/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交]地下鉄南北線麻布十番駅2番出口からすぐ

電話番号 03-6809-4205
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 8種のタップを揃えるビールは国内、海外混合。うち1タップはKOMBUCHA(発酵ドリンク)。
しっぽりとビールを飲むならココ。ドラフトは国内、ボトルは海外を中心にセレクト。
高円寺のタコス専門店「まるこセンター高円寺」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。吉祥寺の人気居酒屋『じぃま』などの4号店としてオープンしたタコス専門店。店主が大好きという沖縄のタコスの研究を重ね、たどり着いたのが現在の形。[住所]東京都杉並区高円寺南3-67-1
 界隈に立ち飲みスタイルなど4店舗を展開する、『あじと』の本店。旬の野菜や魚介類などで作る和洋を取り入れた料理は約60種。
 酒は瓶ビールと日本酒のみ。料理は、定番の塩辛や漬物の他に、鶏レバームースやパテをはじめとした本格的なビストロ料理も数多く揃える。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt