MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
コスパ抜群!高架下の寿司!東京都内おすすめ3選(寿司/東京)

コスパ抜群!高架下の寿司!東京都内おすすめ3選(寿司/東京)

喧騒とガタンゴトンがBGM。駅直結の、旨い魚天国! 気取らずにすっと立ち寄れ、味と値段がしっかり両立するコスパ抜群の名店を紹介。大将や職人との距離もぐっと近く、財布を気にせずたらふく味わえるのが特長だ。

立鮨 葵(最寄駅:有楽町駅)

鮨のお好みにぎり
生甘えび 250円、するめいか 150円、さより 200円、金目鯛 250円、かつを 150円、マグロのづけ 150円、赤貝 250円、大とろ 350円。※価格はすべて1貫 ※日によって値段の変動あり

夜は「上にぎりセット(10貫)」1600円、「特上にぎりセット(12貫)」2100円と気軽な値段で、お好みも1貫100円~350円とリーズナブル。店長が毎日築地に買い出しに行き、自身の目で選んで魚を仕入れているので、値段以上の味と丁寧な仕事に驚くはずだ。中でもオススメは手巻き各種。海苔がしけないよう、必ず手渡しで出してくれる。つまみも充実し、座席も店内に8席、外に4席ほどあり、腰を落ち着けて飲める。土曜のみカウンターに椅子が並び、座って食べられる。

[住所]東京都千代田区丸の内3-6-8 JR高架下 [TEL]03-3215-3324 [営]11時~14時半、17時~23時半 [休]日・祝 [席]カウンター8席、テーブル2席、計8席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し テーブル席のみお通し代300円 [交]JR山手線有楽町駅国際フォーラム口から徒歩3分

次郎長寿司(最寄駅:神田駅)

大ぶりに切られたネタがのる握り。左がマグロ赤身、右がカツオ。

寿司屋の激戦区・神田の高架下の中でも昭和22年創業と一番の老舗で、通好みの店がこちら。少し奥まった場所にあり、隣接のスナックから漏れ聞こえるカラオケのBGM付き。昭和レトロな雰囲気が好きな人にはたまらないはず。メニューは無いが、ケースを見ながら大将にオススメや好みを相談して握ってもらおう。大ぶりのネタで口いっぱいの満足感が味わえる。

[住所]東京都千代田区鍛冶町2-14-8 JR千代田橋高架下 [TEL]03-3251-3636 [営]18時〜24時 [休]不定休 [交]JR山手線神田駅南口すぐ

幸寿司(最寄駅:高田馬場駅)

特上 1600円

カウンター9席ほどの小さな店だが、寿司のボリュームがとにかくスゴい! ネタの数を多く食べたいなら、男性でも“シャリコマ(ご飯少な目)”がおすすめ。上寿司1200円、特上1600円、特選2000円とセットがお得だ。口に入りきらないほどのぶ厚い寿司が届くので、お腹いっぱいになること間違いなし。営業時間は日によって変わるため、遠方から行く方は電話確認を。

[住所]東京都新宿区高田馬場2-19-6 [TEL]03-3209-5955 [営]17時~翌1時(6時半~13時半は「吉田屋そば店」として営業) [休]日・祝 [交]JR山手線ほか高田馬場駅早稲田口すぐ

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ディナーは気後れしてしまう銀座の寿司店でも、破格の値段のランチや、食べ放題サービスの寿司店もあります。どのお店も銀座という日本を代表する都市の確かな味!ビジネス・プライベートどちらでも利用できる価値あるお店を紹介します。
更新: 2019-06-13 10:22:36
手軽につまめるファストフード感覚の〈いなり寿司〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。ニューウェイブが増えている東京都内のいなり寿司をご紹介!
更新: 2019-03-22 13:55:22
手軽につまめるファストフード感覚の〈太巻き〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。具だくさんが楽しい東京都内の太巻きをいろいろご紹介!
更新: 2019-03-22 13:55:40
寿司屋といえば、忘れてならないのが“寿司前”。刺身はもちろん、煮物、揚げ物といった一料理たちを、こだわりの酒でまずは楽しむ。そして〆には端正な握り。そんな盃も貫も進んでしまう秀逸店も探し出してきました!
更新: 2018-11-16 18:12:49
グルメライターが東京都内の[駅チカの寿司]を実食レポート・気軽に入れて、1貫ずつ好きな量だけ食べられる。江戸時代の屋台寿司を思わせる立ち食い寿司こそ、寿司の原点といえよう。都内を中心に調査した結果、都内の駅チカ店に良店が多いことが発覚。粋に食べられる4軒はココだ!撮影/鵜澤昭彦(まぐろ人) 取材/赤谷まりえ
更新: 2018-12-11 12:09:30
最新の投稿
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00
先日、東北の日本海側の羽越本線を走る快速列車“きらきらうえつ”が廃止されて新型の観光列車になると発表がありました。 一時期はパンフレット用の写真も担当させていただいていただけに、やはり寂しいです。撮影に行ったときのお話と、以前乗車したときのおいしいもののお話です……。
更新: 2019-08-15 16:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt