MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
Cafe Habana TOKYO(キューバ料理/代官山)-ラテンの風を感じるダイナミックな料理の数々

Cafe Habana TOKYO(キューバ料理/代官山)-ラテンの風を感じるダイナミックな料理の数々

代官山のキューバ料理店「Cafe Habana TOKYO(カフェハバナトウキョウ)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。97年にオープンし、ザガットをはじめ数々の賞を受賞したキューバレストランが昨年代官山にやってきた。[住所]東京都渋谷区猿楽町2-11

Café Habana TOKYO(最寄駅:渋谷駅)

トウモロコシを香ばしく焼いてから、粉チーズをたっぷりかけた「グリルドコーン」や、キューバ料理に欠かせないハーブとスパイスを使って豆をじっくり煮込んだ"ブラックビーンズ"をライスに添えた、ワンプレート定食など、本場の味を楽しめる料理が勢ぞろい。モヒートをはじめとしたラテンカクテルと共に味わいたい。

焼津産メカジキのテールステーキ
1800円

ミックススパイスで炊いたライス、ブラックビーンズ、グリルしたメカジキを豪快にまぜて食す。ミントたっぷりのモヒートと共に楽しみたい

クバーノ
1400円

豚肉のロースト、ハム、チーズなどをパンに挟んでプレスしながら表面をカリッと焼いた伝統的なホットサンド。

グリルドコーン
600円

モヒート
900円

Cafe Habana TOKYO(カフェハバナトウキョウ)の店舗情報


■『Café Habana TOKY』
[住所]東京都渋谷区猿楽町2-11 氷川ビル1階 
[TEL]03-3464-1887
[営業時間]11時半~23時(22時半LO) ※ランチタイム有 
[休日]無休
[座席]計64席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし 
[アクセス]JR山手線ほか渋谷駅新南口から徒歩7分

電話番号 03-3464-1887
2017年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
開けた室堂には、数か所の山小屋や池をめぐる散策路が整備されているが、目指すは日本一高所にある天然温泉『みくりが池温泉』だ。泊まり客でなくても入浴や食事が楽しめる。
駅から近いけれどちょっと隠れた立地のせいか、ゆっくり食事ができる地元ご用達店。ランチのイチオシは牛カツで、たっぷりしたサラダの生野菜と手の込んだお惣菜が付くのがうれしい。
食料自給率の高い官僚のエネルギー源で午後へのチャージ!平日のランチタイムのみ一般開放されている農林水産省内の食堂に、幻のメニューあり! それが写真の「イワシ鯨ステーキ膳」なのだ。
べるもんた、特急花嫁のれん、のと里山里海、アルプスエキスプレス、雪月花に乗車! それぞれが個性的な客席を持つ5つのグルメ列車を乗り継ぎ、富山・石川・新潟を味わい尽くす“至福の美食旅”、いざ出発!
運行開始は2016年4月、まだピカピカの豪華リゾート列車だ。既存車のリニューアルではなく新たに誕生させたオリジナル車両。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
188views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt