MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
阿佐ヶ谷の行列店。目当ては誰もが喜ぶ無敵のパスタ|ミート屋(パスタ/阿佐ヶ谷)

阿佐ヶ谷の行列店。目当ては誰もが喜ぶ無敵のパスタ|ミート屋(パスタ/阿佐ヶ谷)

わずか9席に客が詰めかける阿佐ヶ谷の行列店。目当ては豚挽き肉100%のミートソースパスタだ。シンプルで奥深い誰もが喜ぶ無敵のパスタ

ミート屋(最寄駅:阿佐ヶ谷駅)

吉祥寺の人気店『スパ吉』がミートソースに特化して10年前に始めた専門店で、瞬く間に地元名物となった。老若男女を魅了しているのは旨みが凝縮した特製ソースとモチモチの自家製生麺。ソースは20時間以上煮詰めることで複雑なコクを生み出しており、パンチのある濃厚さがありつつも高級店のシチューのような上品な味わいだ。毎日仕込む麺は平打ちのリングイネで、茹でたてにバターとチーズを絡めるひと手間も味に深みを出す隠し技。熱々が目の前に運ばれたらソースと麺を照りが出るまでよく混ぜて召し上がれ!

ミートソースパスタ(普通盛)
900円

黒っぽい色のミートソースは濃厚で上質な味わい。飴色になるまで炒めた玉ねぎの旨みが溶け込んでいて、豚挽き肉のコクに絶妙に寄り添っている。自家製生麺はモチモチとしたコシが特徴だ。写真の普通盛は160g。大盛は240g、特盛は320g

ミート屋

東京都杉並区阿佐谷南1-36-7パールセンター商店街 [TEL]03-3315-3104 [営業時間]11時半~15時、18時~21時、土・日・祝11時半~16時、18時~21時 ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンター9席、計9席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR中央線ほか阿佐ヶ谷駅南口から徒歩4分

電話番号 03-3315-3104
2017年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。
更新: 2019-01-24 12:00:00
石神井公園『ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ』|「貧乏人のスパゲティ」は目玉焼きを崩してパスタに絡めた素朴な料理。カルボナーラの原形とも言われている。
更新: 2019-01-18 16:27:12
浅草の人気ロメスパといえばここ。メニューは4種類のみだが、店名に掲げている通りイチオシはカルボ。
更新: 2018-11-30 10:19:44
秋葉原の「カフェ フレスカ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。デカ盛りをどこよりも早い15年前に実施。当初は肉体労働で腹ペコの電化製品販売員のリクエストから始まったのだそう。[住所]東京都千代田区外神田1-15-2 半田ビル 地下1階 [TEL]03-3253-3800
更新: 2018-11-03 09:05:45
イゾラ スメラルダ(ピザ/東京)|ピッツァイオーロ(ピザ焼き職人)の大関さんにナポリピッツァの極意をたずねると、「窯を熟知することですね」。巨大な石窯は、わざわざイタリアから職人を呼んで組み上げたもの。
更新: 2018-12-03 14:19:02
最新の投稿
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
更新: 2019-07-16 12:00:00
見よ、丼からはみ出したうなぎの迫力を! ひと切れ100g超えが二枚ドドンッ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
黒竜江省出身の店主夫婦が営む中国東北部の鉄鍋料理店。テーブルに埋め込まれた鉄鍋に、肉や香味野菜、白菜漬けや板春雨等々を入れ、スープを注いで煮込む。
更新: 2019-07-14 12:00:00
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
更新: 2019-07-13 12:00:00
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt