俺のBakery&Cafe(パン/恵比寿)|〝俺の〟系列からまたもや行列ができる注目店

俺のBakery&Cafe(パン/恵比寿)|〝俺の〟系列からまたもや行列ができる注目店

「俺のBakery&Cafe」〝俺の〟系列からまたもや行列ができる注目店が恵比寿に誕生した。今回はこだわり抜いた食パン専門のベーカリー&カフェだ。最高品質の食材にこだわり抜いた究極の食パン


俺のBakery&Cafe(最寄駅:恵比寿駅)

小麦からミルクまで
最高食材で作った食パンです


看板商品は開発に1年かけた「生食パン」で、目指すは「究極のミルクパン」。生地は甘みがあって香ばしい北海道産「キタノカオリ」をメインに国産小麦を配合し、牧場探しから徹底した岩手県「なかほら牧場」の自然放牧牛による最高品質の脱脂乳を使っている。焼き上がりはしっとりふわふわ、ミルキーな香り。噛めばじんわり甘みを感じる豊かな風味だ。ほか2種は白ワインとヨーグルトで発酵させた「山型」と午前限定で焼く「マスカルポーネとハチミツ」。カフェはこれら食パンを使うメニューを揃えている。

俺の生食パン

俺の生食パン(2斤サイズ)1000円 
山型の食パン(2斤サイズ)900円
マスカルポーネとハチミツの食パン(1斤サイズ) 900円
「生食パン」はまずはトーストせずそのまま味わって。しっとりモチモチで、ミルクの風味が優しい。「山型」と「マスカルポーネとハチミツ」はカナダとフランス産の小麦を使う。前者は甘くなく飽きのこない味。後者は長時間発酵させた生地で、ブリオッシュに近いリッチな味わい。焼くと香りが際立つ

厚焼きたまごサンドイッチ 680円

フレンチの技法で仕上げた和風の玉子焼きを生食パンでサンド。辛子マヨネーズがアクセント

特注の窯で職人が焼く。1日1000本の販売を目標とし、焼き上がり時間には行列ができる

[その他のメニュー] モーニング500円 (カフェ)こだわり食パン食べ比べ980円、淡路玉ねぎのグラタントースト580円、俺のフレンチトースト580円、クロックマダムのトリュフ風味980円など

俺のBakery&Cafe

[住所]東京都渋谷区恵比寿4-20-6 恵比寿ガーデンプレイス時計広場 [TEL]03-6277-0457 [営業時間]カフェ8時~21時(20時LO)、食パン販売は10時~21時 ※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]テーブル32席、テラス席49席、広場席36席、計117席/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅東口から徒歩5分

電話番号 03-6277-0457
2017年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


恵比寿の居酒屋『酒家の元』

恵比寿の居酒屋『酒家の元』

恵比寿駅から少し離れた路地に、実力派の居酒屋が昨年9月にオープンした。カウンターの中で手際よく仕事をこなすのが店主・野元さん。


恵比寿の日本料理『和の食 いがらし』

恵比寿の日本料理『和の食 いがらし』

煮物、焼き物、あるいはそのままで。四季折々の海や山の幸の味わいを生かし、様々に見目麗しく調理する。


約20種類のそうめんに魅惑の料理!恵比寿の「そうめん専門店」

約20種類のそうめんに魅惑の料理!恵比寿の「そうめん専門店」

『そそそ』(和食/恵比寿)|にゅうめんのような定番から鶏塩ダシやクリーム系の変わり種まで、メニューに並ぶ約20種類のそうめんに目を奪われる。ココは、小豆島の手延そうめん「島の光」を使用した専門店。


【閉店】恵比寿の日本料理『紫長』

【閉店】恵比寿の日本料理『紫長』

気にはなるけど入るのに勇気がいる店がある。扉の向こうはどんな世界?


恵比寿『希鳥』の通も唸る!高級カラスミ・トリュフのせ「たまごかけごはん」

恵比寿『希鳥』の通も唸る!高級カラスミ・トリュフのせ「たまごかけごはん」

オープンから1年を待たずして、すでに予約で連日満席。今、波にのる新進気鋭の焼鳥店だ。


最新の投稿


根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

柔らかな雰囲気の店内。店主の杉本さんの応対も温かいなぁと和んでいたら、コースの序盤から一本取られてしまった。


護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。


代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。


大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。


撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。


ランキング


>>総合人気ランキング