焼きたて食パン専門店  一本堂|まだまだあります!食パン1本主義の店(パン/旗の台)

焼きたて食パン専門店 一本堂|まだまだあります!食パン1本主義の店(パン/旗の台)

じわじわと都内各地、いや全国で出店している関西発の食パン専門店。その名の通り食パン1本で勝負し、定番のプレーン味や石臼で挽いた国産小麦を使う「ゆたか」など数種類を販売している。


焼きたて食パン専門店 一本堂(最寄駅:旗の台駅)

品川旗の台店にちょいちょい出没するライター肥田木のおすすめは高密度な生地でズッシリしている「たから」。ふわっふわモチモチの食感で思わず1斤完食してしまうほどだ。手頃な値段もうれしい限り。フランチャイズ展開で今後ますます増えそうな勢いなので、会社や自宅近くで探してみては!

たから 340円

写真は品川旗の台店。「たから」はコシがあってモチモチ。小麦の香りも豊か。

チーズゆたか 480円

焼きたて食パン専門店 一本堂

東京都品川区旗の台4-1-4 [TEL]03-6421-6711 [営業時間]9時~19時(パンが無くなり次第終了) ※ランチタイム有 [休日]日・祝

電話番号 03-6421-6711
2017年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


洋食から食パンまで!1点豪華主義店のこだわりバトルロイヤル6店(東京)

洋食から食パンまで!1点豪華主義店のこだわりバトルロイヤル6店(東京)

ひとつの食材や料理など1点豪華主義の店、いわゆる専門店の出店が花盛り。1品勝負だからこそ並々ならぬこだわりがヒシヒシ伝わってきます。今回は洋食から食パンまで誌面で競演!店主の熱い想いが炸裂する自慢の味をその舌で確かめて!


ご存じ横浜『崎陽軒』の『シウマイBAR』|横濱崎陽軒シウマイBAR(バー/東京駅)

ご存じ横浜『崎陽軒』の『シウマイBAR』|横濱崎陽軒シウマイBAR(バー/東京駅)

ご存じ横浜『崎陽軒』が『シウマイBAR』なる新業態を東京駅一番街に初出店。蒸したてのシウマイをお酒片手に楽しめるバルスタイルで、電車の待ち時間などに気軽に立ち寄れると評判だ。


阿佐ヶ谷の行列店。目当ては誰もが喜ぶ無敵のパスタ|ミート屋(パスタ/阿佐ヶ谷)

阿佐ヶ谷の行列店。目当ては誰もが喜ぶ無敵のパスタ|ミート屋(パスタ/阿佐ヶ谷)

わずか9席に客が詰めかける阿佐ヶ谷の行列店。目当ては豚挽き肉100%のミートソースパスタだ。シンプルで奥深い誰もが喜ぶ無敵のパスタ


ひき肉少年(白金高輪)-ひき肉ライスのグルメ記事と写真

ひき肉少年(白金高輪)-ひき肉ライスのグルメ記事と写真

挽き肉に魅せられた店主の夢が詰まった唯一無二の味、これぞ一品入魂!料理名からしてどんな味?と思うかもしれないが、これまたスパイスの風味がキーマ風でもアジア系でもあり。[ひき肉少年 住所]東京都港区白金1-11-15


海老フライ専門店 海老昌(渋谷)-売り切れ御免の特大エビフライ

海老フライ専門店 海老昌(渋谷)-売り切れ御免の特大エビフライ

渋谷の海老フライ専門店「海老フライ専門店 海老昌(えびまさ)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。30㎝はあろうかという特大エビフライに初めての人は度肝を抜かれるだろう。躍動感ある姿にもグッと惹き付けられる。[住所]東京都渋谷区道玄坂2-22-6 クレア道玄坂地下1階


最新の投稿


東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

エリア別東京駅の三ツ星店【北町ダイニング編】!飲食店が数多くひしめく東京駅では、どこに入ればいいか迷いがち。時間があればいいが、急いでいるときにアレコレ言ってなんていられない!そこで、編集部スタッフがエリア毎にくまなく調査。食べまくって見つけた三ツ星店をご紹介します!


麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

とんかつ 都のトンカツは、うおぉ~と心の声が漏れる感動の分厚さ。繊細でクリスピーな衣から顔を出すのは、経営する肉卸会社が日々厳選する特選豚だ。とんかつ 都 [住所]東京都港区麻布十番3-9-6


池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


ランキング


>>総合人気ランキング