三井ガーデンホテル汐留イタリア街 ラ・マレーア(朝食ブッフェ/汐留)|主食がもりだくさんのパワフルな朝食を

三井ガーデンホテル汐留イタリア街 ラ・マレーア(朝食ブッフェ/汐留)|主食がもりだくさんのパワフルな朝食を

「楽しみになる朝食」と銘打ち、朝食に力を注ぐホテルの姿勢は、コスパの高さに直結している。 しかも、ホテルメイドの本格的なパスタ、ピザ、ホテルブレッドなどのパン類、冷やし讃岐うどん、カレーと主食がズラリ。


三井ガーデンホテル汐留イタリア街 ラ・マレーア(最寄駅:汐留駅)

何を食べるか迷うほどだ。 フロアでは常にスタッフが目を配り、声かけも多く、活気がある。そのおすそわけで、元気な1日を始められそうだ。

朝食ブッフェ 1人 1620円

和惣菜の味つけはやや濃い目で、これまたご飯が進む。エッグベネティクト(手前皿の左、ココット皿)も提供。

氷をあしらったサラダコーナーはみずみずしい印象で、野菜は約6種が並ぶ。またデザートはパインなどのフルーツやゼリー、プチケーキ2種も

インドの「パンジャブーカレー」が朝食に。アッサリしているが、スパイスの香りが立っている

三井ガーデンホテル汐留イタリア街 ラ・マレーア

東京都港区東新橋2-14-24 [TEL]03-3431-3108 [営業時間]6時半~10時(最終入店9時半) [休日]無休 [席]92席 全席禁煙/カード可/予約可(ランチ、ディナー、デザートブッフェのみ) サ/なし [交通アクセス]地下鉄大江戸線汐留駅から徒歩約7分

電話番号 03-3431-3108
2017年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


必食!一流ネタをふんだんに味わえる「生チラシ」!代々木八幡『橘すし』

必食!一流ネタをふんだんに味わえる「生チラシ」!代々木八幡『橘すし』

艶やかかつ豪華にネタが並び、見た瞬間に顔がほころぶこと間違いなしの「創作 生ちらし」。こちらはもともと「お客さんに何か恩返しがしたい」という気持ちから生まれた、おなじみさんへの裏メニューだったそうだ。


【イタリア現地の味を、まんま再現】こだわり満載、千駄木のイタリアン!

【イタリア現地の味を、まんま再現】こだわり満載、千駄木のイタリアン!

千駄木『イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ』|全粒粉のタリオリーニにニョッキ、シャラティエッリ……。ここは店内のパスタ工房で作られる生パスタが味わえる店。


もっちり、濃厚、クリーミー♪千駄木の旨すぎる「カレーうどん」

もっちり、濃厚、クリーミー♪千駄木の旨すぎる「カレーうどん」

千駄木『うどん 汐満』|「豚カレーうどん」と「肉汁うどん」の二枚看板の店。カレースープは約20種類のスパイスに高級ミルクを加えた濃厚でクリーミーな味わい。


見た目も旨さもケタ外れ!ハンバーグと海老フライの欲張りセット

見た目も旨さもケタ外れ!ハンバーグと海老フライの欲張りセット

洋食工房ヒロ(洋食/京成立石)|そそり立つ特大の海老フライ、その姿はまるでシャチホコ!? 見た目のインパクトもさることながら、旨さもケタ外れ。


撮り鉄の「食」の思い出(37) 天浜線で転車台を・いろいろ・楽しむ!/1989~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(37) 天浜線で転車台を・いろいろ・楽しむ!/1989~2018年

静岡県を走る天浜線こと天竜浜名湖鉄道は、第3セクターのローカル線ですが、古い駅舎などがきれいに保存されて使われている路線で、全体に昭和のかおりを漂わせています。 なかでも、昭和感がもっとも強い駅が天竜二俣駅。ああっ、昔はこんな感じだったという様子が、そこかしこに残っています……。


最新の投稿


奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

「南国の魚のウマさを知ってもらいたい!」そうアツく語るのは店主の神山さん。名瀬漁協に足を運び、その日の水揚げから特に上質な魚介だけを自身でセリ落としている。


お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

 店主の新井さんは自他共に認める“大豆オタク”。その時々で吟味した、国産大豆や希少な在来種の大豆を巧みに使い分け、それぞれの個性を引き出した豆腐を作り続けている。


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


ランキング


>>総合人気ランキング