MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ホテル オーベルジュ|地元食材の料理と「白州」のマリアージュを堪能(レストラン/清里)

ホテル オーベルジュ|地元食材の料理と「白州」のマリアージュを堪能(レストラン/清里)

白州蒸溜所から車で約50分。八ヶ岳の山々に囲まれた清里にある、料理が評判のホテル&レストラン「ホテル オーベルジュ」のオーナー五味シェフはあらゆる地元食材に精通し、多彩な料理法で新鮮な地元食材の美味しさを活かしきる。 ※ランチタイム有

ホテル オーベルジュ

白州蒸溜所から車で約50分。八ヶ岳の山々に囲まれた清里にある、料理が評判のホテル&レストラン。オーナーの五味シェフはあらゆる地元食材に精通し、多彩な料理法で新鮮な地元食材の美味しさを活かしきる。秋の一夜、「白州」との「マリアージュコース」を堪能してみてはいかが。

ウイスキーと料理のマッチングを楽しめる「マリアージュコース」のメイン、「野生鹿のスペアリブ」(収穫状況により変更あり)。野性味溢れるこの一品には「白州12年」のハーブティー割りを合わせて

「マリアージュコース」は全8品(ウイスキーなどドリンク4杯付きで7,560円。レストラン2店で提供)

ホテル オーベルジュ

山梨県北杜市高根町清里牧場通りコート・ドゥ・ヴェール ☎0551-48-3405 宿泊/1泊2食付きツインルーム、1人15950円(ハイシーズンは料金変動あり)など。 ※レストランのみの利用可(4月~10月は無休、11月~3月は不定休) ● 「ル・マリアージュ」/完全予約制 [営]11時~14時、18時~ ● 「レ・プラ・ドゥ・ラ・テール 美味小舎」 [営]10時~20時半LO http://kiyosato-auberge.com/

電話番号 0551-48-3405

2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
食料自給率の高い官僚のエネルギー源で午後へのチャージ!平日のランチタイムのみ一般開放されている農林水産省内の食堂に、幻のメニューあり! それが写真の「イワシ鯨ステーキ膳」なのだ。
更新: 2018-06-07 11:52:59
代官山のキューバ料理店「Cafe Habana TOKYO(カフェハバナトウキョウ)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。97年にオープンし、ザガットをはじめ数々の賞を受賞したキューバレストランが昨年代官山にやってきた。[住所]東京都渋谷区猿楽町2-11
更新: 2018-10-12 14:05:52
べるもんた、特急花嫁のれん、のと里山里海、アルプスエキスプレス、雪月花に乗車! それぞれが個性的な客席を持つ5つのグルメ列車を乗り継ぎ、富山・石川・新潟を味わい尽くす“至福の美食旅”、いざ出発!
更新: 2017-12-20 15:47:51
運行開始は2016年4月、まだピカピカの豪華リゾート列車だ。既存車のリニューアルではなく新たに誕生させたオリジナル車両。
更新: 2017-12-20 15:47:52
最新の投稿
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00
明治21年に上野に誕生し、
喫茶店の原点と言われた
「可否茶館」。そこには書棚やビリヤード台が備えられていたという。
更新: 2019-04-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt