MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ロッジ赤石(喫茶店/浅草)|老舗喫茶の名物「エビサンド」

ロッジ赤石(喫茶店/浅草)|老舗喫茶の名物「エビサンド」

『ロッジ赤石』は浅草のオアシスである。小さな厨房で2代目の小沢康純さんが腕を振るうメニューは、サンドイッチ類から洋食、丼と幅広い。中でも人気なのが「エビサンド」

ロッジ赤石(最寄駅:浅草駅)

さらに深夜まで営業というのもこの界隈では貴重。中でも人気なのが「エビサンド」で、「エビフライをパンに挟んでよ」という何気ない常連客のリクエストから誕生したという。エビフライ、タルタルソース、キャベツ、ウスターソースが絶妙なバランスで、食べればたちまち虜になる。これを目当てに通う常連が少なくないというのも大いに頷ける。

エビサンド
1150円

厚切りトーストに身の詰まったエビフライがぎっしり

エビグラタン
1150円

マカロニたっぷりのグラタンなどオーブン料理も多く、洋食店に負けない美味しさ

ロッジ赤石

■『ロッジ赤石』
[住所]東京都台東区浅草3-8-4
[TEL]03-3875-1688
[営業時間]9時~翌4時、日・祝~翌1時 ※ランチタイム有
[休日]月曜日
[座席]カウンター5席、テーブル30席 計35席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし
[アクセス]つくばエクスプレス線浅草駅A1出口から徒歩7分

電話番号 03-3875-1688
2017年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ソフトクリームには、静岡県産の本山茶の玉露をほうじて粉末状にし、練り込んでいる。そのため、ほうじ茶の香ばしさが生きている。
作り手から直接買い付けた紅茶に特化し、紅茶の普及に貢献してきた「ジークレフ」。だからこそ「他にはない紅茶スイーツを提案したい」と、喫茶オープン時から新メニューの開発に取り組んできた。
 1989年から表参道の裏通りに店を構える隠れ家的喫茶店。店主・原田さんの「珈琲も紅茶も高いレベルの味で提供したい」という思いで、創業当時よりブレンドされていない、シーズンティーを提供している。
ッド・ロースターの宗島さんによれば、焙煎は「浅めかもしれませんがバランス重視。豆に合わせて自然な甘みと明るい酸味のフレーバーが出るように」とか。
【閉店】神楽坂『マドラグ』|京都の喫茶店『マドラグ』は、伝説の洋食店『コロナ』から受け継いだ玉子サンドが有名。神楽坂の店でしか食べられないのがこのカツサンド。
今年9月で開店40周年を迎えた同店。エキゾチックな雰囲気の店内でいただく医食同源のネパール料理が評判で、中でも名物がこのヒマラヤ鍋だ。
自社のパンと共に都内の名ベーカリーの品を揃え、パンのセレクトショップとしても営業するベーカリーカフェ。パンマニア憧れの品が一同に集まるので、パン好きならば一度は足を運びたいと言われる店だ。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
1073views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt