MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
スモークダイニング燻香廊|ウイスキーに合う!地元食材の旨みを凝縮した燻製料理(洋食/余市)

スモークダイニング燻香廊|ウイスキーに合う!地元食材の旨みを凝縮した燻製料理(洋食/余市)

併設する燻製店「南保留太郎商店」が経営するレストラン。地元産の魚介や野菜のほか、肉類も燻製にして、赤ワイン煮やボルシチ、ポトフといった洋テイストの燻製料理を提供。どれも燻香の加減が実に程よく、最後まで食べ飽きることがない。ウイスキーに合うのは言わずもがなだ。 ※ランチタイム有

スモークダイニング燻香廊 (けむかろう) (最寄駅:余市駅)

併設する燻製店「南保留太郎商店」が経営するレストラン。地元産の魚介や野菜のほか、肉類も燻製にして、赤ワイン煮やボルシチ、ポトフといった洋テイストの燻製料理を提供。どれも燻香の加減が実に程よく、最後まで食べ飽きることがない。ウイスキーに合うのは言わずもがなだ。

スモークビーフの赤ワイン煮
1680円

「スモークビーフの赤ワイン煮」など、昼メニューは7~8種(パン・サラダは別)。ウイスキー持ち込みは500円

スモークダイニング燻香廊 (けむかろう)

北海道余市郡余市町港町88 ☎0135-48-5100 [営]11時~15時(14時LO) ※土・日・祝の予約不可 [休]火・水 [席]24席/喫煙可/カード不可 ※併設の燻製小売店「燻製屋 南保留太郎商店」は☎0135-22-2744 [営]8時~17時、不定休

電話番号 0135-48-5100
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
食料自給率の高い官僚のエネルギー源で午後へのチャージ!平日のランチタイムのみ一般開放されている農林水産省内の食堂に、幻のメニューあり! それが写真の「イワシ鯨ステーキ膳」なのだ。
更新: 2018-06-07 11:52:59
代官山のキューバ料理店「Cafe Habana TOKYO(カフェハバナトウキョウ)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。97年にオープンし、ザガットをはじめ数々の賞を受賞したキューバレストランが昨年代官山にやってきた。[住所]東京都渋谷区猿楽町2-11
更新: 2018-10-12 14:05:52
べるもんた、特急花嫁のれん、のと里山里海、アルプスエキスプレス、雪月花に乗車! それぞれが個性的な客席を持つ5つのグルメ列車を乗り継ぎ、富山・石川・新潟を味わい尽くす“至福の美食旅”、いざ出発!
更新: 2017-12-20 15:47:51
運行開始は2016年4月、まだピカピカの豪華リゾート列車だ。既存車のリニューアルではなく新たに誕生させたオリジナル車両。
更新: 2017-12-20 15:47:52
最新の投稿
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 12:00:00
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-16 12:00:00
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00
京急・大森町駅前から細い路地を入った奥に鎮座する、女将さんがひとりで切り盛りする小体なこの店は、なんといっても「国産ひな鶏の素揚げ」が名物!
更新: 2019-06-14 16:30:24
銀座の一等地にありながらホッピーを売りにする。「55ホッピーとシャリキンの組み合わせはカクテルとして成立するから」とは店主の嘉茂太輔さんだ。
更新: 2019-06-14 16:33:24

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt