エリア: 東京都

お蕎麦屋さんの玉子焼きコレクション15選!

お蕎麦屋さんの玉子焼きコレクション15選!

蕎麦前の王様、玉子焼きを集めてみました。自慢のダシを利かせた玉子焼きは、どの店でも看板メニューのひとつ。形、味わいなど個性溢れる逸品コレクションをどうぞ!


「しろう」の蕎麦屋の玉子焼き 980円

コクある茨城県産「奥久慈卵」を4個使う。蕎麦のダシがたっぷり

しろう(そば/表参道)|上質な和空間でしっぽり楽しむ本格手打ち蕎麦

https://matomeshi.jp/articles/2320

 若者で賑わう表参道の街にひっそりと佇む古民家風の一軒家。重厚感漂う格子戸を開ければ、古材を使った温かみのあるインテリアが迎えてくれる。

「大川や」の玉子焼 700円

見た目の美しさにもこだわった一品。かけに使うダシを入れて焼く

手打ちそば 神楽坂 大川や|艶やかに光る見た目も美しい端正な極細打ち(そば/神楽坂)

https://matomeshi.jp/articles/2321

 市ヶ谷の名店『大川や』の店主・大川英児さんが、自らの想いを込めた蕎麦屋を神楽坂に誕生させた。従来の店は信頼の厚い弟子に任せ、新店で大事にしたのは「すべてに自分の手仕事が入ること」。

「嘉一」の出汁巻き玉子焼 950円

玉子焼専用の特製ダシを入れて、味わい深く。しっとりやわらかい

嘉一(そば/浜松町)|柚子切りが入る「三色もり」の食べ比べが楽しい

https://matomeshi.jp/articles/2322

 変わり蕎麦を得意とする店の中でも、とりわけここの柚子切りはいい。高知産の柚子の皮のみをペースト状にし、きめ細やかな更科粉にたっぷりと打ち込んだその姿は、自然のままの黄色が目にも鮮やかだ。

「花乃蕎麦」の花特製出し巻き卵 830円

熊本の「コッコファーム」の卵を4個使う。米油で焼いてふんわりと

生粉打ち 花乃蕎麦|香り豊かな十割せいろを親子とじのつゆで(そば/人形町)

https://matomeshi.jp/articles/2323

 普通の主婦が一念発起。蕎麦店で働きながら資金を集め、名人の師匠のもとで勉強して独立を果たしたのは今から10年前のことだ。「女性らしい優しい蕎麦とよく言われます。蕎麦は打つ人で味が変わるもの。男性とはまた違う力加減やのし方で作る味を優しいと表現されるのはうれしい」と話す店主の御供さん。

「壮」の出汁巻き玉子 864円

かけ用のダシと砂糖を少々入れて仕上げる。甘過ぎず、優しい風味

蕎堂 壮(そば/経堂)|爽やかな蕎麦とシャモの力強い旨み両者の魅力を一品で(そば/経堂)

https://matomeshi.jp/articles/2325

 若き店主・中村さんご夫妻が切り盛りする期待の新店。蕎麦は会津産など厳選した蕎麦の実を店内の石臼で毎日5~6時間かけ滑らかな微粉になるように挽き、香りと甘みを存分に愉しめる九一で打っている。

「小菅」の玉子焼き 800円

箸で持ち上げるのが困難なほどたっぷりのダシを加えてふわふわの食感だ

手打そば 小菅|緑を帯びた美しい蕎麦を極上のつゆで味わう(そば/目黒)

https://matomeshi.jp/articles/2326

 8月下旬から年明けまでは、北海道から九州にかけて南下する、全国各地の新蕎麦を十割で打つ。香りのよさはもちろん、澄んだ緑色が見た目にも美しいせいろだ。

「うじいえ」の出し巻き玉子 800円

蕎麦のダシにかえしを少し加えた味わい。好きな厚さに自分でカット

手打ち蕎麦 うじいえ|生まれ育った地で熟練職人が再出発 地元で評判の店(そば/町屋)

https://matomeshi.jp/articles/2327

 新宿で長年店を営んでいた蕎麦職人歴30年の氏家さんが、休業を経て3年前に故郷の町屋を新天地に選んで再出発した。「真心を込めた仕事がしたい」と住宅街に構えた店は小さな看板があるのみだが、彼の蕎麦の旨さは地元で知られた存在だ。

「じゆうさん」の玉子焼き 600円

中心はとろりし、半熟気味でふんわりと巻かれている。優しい味わいだ

手打ち蕎麦 じゆうさん|温かい蕎麦の名作は じゅわっと旨いお揚げが天晴(そば/新江古田)

https://matomeshi.jp/articles/2342

 キリッとした蕎麦にも、手抜きのない蕎麦前にも、真摯な仕事ぶりが伺える『じゆうさん』。蕎麦好きにはつとに有名だが、意外と知られていない名物が「おあげそば」だ。

「紫仙庵」のダシまき卵 810円

しっかりと焼かれた端正な玉子焼き。濃厚なダシの風味が日本酒を誘う

手打蕎麦処 紫仙庵|風情ある古民家でしっぽり味わうはんぺん蕎麦(そば/武蔵小山)

https://matomeshi.jp/articles/2347

 築65年余という古民家で、ゆったり蕎麦と日本酒を味わえる『紫仙庵』。駅から散歩気分で歩いてくれば、情緒ある門構えの一軒家が迎えてくれる。

「しらかめ」の出汁巻き 750円

ふんわかプリンのような弾力でダシが香る。鬼おろしと一緒に

お蕎麦の しらかめ|柚子の香りが芳しい淡雪のごとく優しい山かけ(そば/経堂)

https://matomeshi.jp/articles/2348

「近所の人が気軽に来られる店でありたい」というご主人の広沢伸彦さん。どこかカフェを思わせるかわいらしいお店は、女性ひとりでも入りやすく、なによりありがたいのは昼と夜の間も休みなしで営業すること。

「玉笑」の玉子焼き 864円

ダシがたっぷりの正統派。辛味大根を加えた大根おろしをたっぷりと

玉笑(そば/神宮前)|ふわふわの卵が蕎麦をしとやかに包む江戸伝統の卵とじ

https://matomeshi.jp/articles/2345

 江戸時代は高級であった「玉子とじそば」だが、最近のモダンな蕎麦屋ではおかないところも多い。玉笑のご主人の浦川さんは「ならば自分がやろう」と敢えてこのメニューをオンリストした。

「山せみ」の蕎麦屋の玉子焼き

有精卵を使用。好みで出汁巻きと甘口巻きの2種から選べる。写真は出汁巻き

山せみ(そば/代々木上原)|旨い肴で一献!刺身も揃う充実の蕎麦前

https://matomeshi.jp/articles/2354

 築地から仕入れる新鮮な魚介の刺身をはじめ、揚げ物や焼き物、野菜を使った一品料理、さらには味噌や豆板醤で味付けしたピリ辛の豚挽き肉と、たっぷりの野菜、揚げ蕎麦を包んでタコス風にいただく「蕎麦クレープ」などなど、つまみの品揃えがとにかく豊富だ。 もちろん蕎麦も充実。

「正音」の出汁巻玉子焼 900円

砂糖は抑えて、玉子のほんわりとした甘みを生かしている

蕎麦切り 正音(そば/下北沢)|モダンな店内でいただく野趣あふれる蕎麦と酒肴の数々

https://matomeshi.jp/articles/2356

老舗で約10年間腕を磨いてから2年前に「蕎麦切り 正音」を開業した。蕎麦は北海道や茨城産を中心とした抜き実を石臼で挽いてから、あえてふるいにかけずに打つことで、野趣あふれる香りと、時折皮が歯に当たる変化に富んだ食感に仕上げている。

「芳とも庵」の蕎麦屋の出し巻き 800円

かけ汁を加えており、上質なダシの風味をしみじみと感じられる

手打ちそば 芳とも庵(そば/牛込神楽坂)|東京都内でここだけ!呉汁で打った優しい甘さの蕎麦

https://matomeshi.jp/articles/2364

津軽の味をすする!その製法の複雑さから、本場でもこれを打つ店は数軒しかないという津軽蕎麦。そんな幻の蕎麦を都内で食べられる、「芳とも庵」はおそらく唯一の店だ。

「御清水庵 清恵」のだしまき玉子 800円

まろやかな甘みを感じる味付けで玉子のコクを引き立てている

御清水庵 清恵(そば/日本橋)|大根の搾り汁で引き立つ蕎麦の甘み

https://matomeshi.jp/articles/2366

出身地である福井の食材を紹介するため、店主・中本好美さんが15年前にこの店を開いた。契約農家から毎朝届く挽き立ての蕎麦粉を使用し外二で打つ蕎麦は、ふくよかな香りが満点。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連するキーワード


玉子焼き 蕎麦前

関連する投稿


御清水庵 清恵(そば/日本橋)|大根の搾り汁で引き立つ蕎麦の甘み

御清水庵 清恵(そば/日本橋)|大根の搾り汁で引き立つ蕎麦の甘み

出身地である福井の食材を紹介するため、店主・中本好美さんが15年前にこの店を開いた。契約農家から毎朝届く挽き立ての蕎麦粉を使用し外二で打つ蕎麦は、ふくよかな香りが満点。


手打ちそば 芳とも庵(そば/牛込神楽坂)|東京都内でここだけ!呉汁で打った優しい甘さの蕎麦

手打ちそば 芳とも庵(そば/牛込神楽坂)|東京都内でここだけ!呉汁で打った優しい甘さの蕎麦

津軽の味をすする!その製法の複雑さから、本場でもこれを打つ店は数軒しかないという津軽蕎麦。そんな幻の蕎麦を都内で食べられる、「芳とも庵」はおそらく唯一の店だ。


名店ひしめく西武線にお目見えした新たなる実力店|手打ち蕎麦 雷鳥(そば/石神井公園)

名店ひしめく西武線にお目見えした新たなる実力店|手打ち蕎麦 雷鳥(そば/石神井公園)

オープンしたばかりの新店。せいろは北海道産のキタワセ種を中心に粗めの粉と微粉をブレンドし、弾けるようなコシと軽快なのど越しを持つ。


腕利きの女性そば職人が打つ白と黒|浅草 じゅうろく(そば/浅草)

腕利きの女性そば職人が打つ白と黒|浅草 じゅうろく(そば/浅草)

 若き蕎麦職人である伊勢谷留衣さんが目指すのは、透明感があり、プリッと弾けるようなコシを持つ、見た目にも端正な蕎麦。粗挽き粉を使用しながらものど越しよく、しなやかな質感だ。


蕎麦切り 正音(そば/下北沢)|モダンな店内でいただく野趣あふれる蕎麦と酒肴の数々

蕎麦切り 正音(そば/下北沢)|モダンな店内でいただく野趣あふれる蕎麦と酒肴の数々

老舗で約10年間腕を磨いてから2年前に「蕎麦切り 正音」を開業した。蕎麦は北海道や茨城産を中心とした抜き実を石臼で挽いてから、あえてふるいにかけずに打つことで、野趣あふれる香りと、時折皮が歯に当たる変化に富んだ食感に仕上げている。


最新の投稿


撮り鉄の「食」の思い出(16) SLやまぐち号と、津和野駅近くで食べるさくさくの「源氏巻」/1979年~2017年

撮り鉄の「食」の思い出(16) SLやまぐち号と、津和野駅近くで食べるさくさくの「源氏巻」/1979年~2017年

2019年には、走り始めて40年というSLやまぐち号。SLやまぐち号が走るのは、その名の通りほとんどが山口県。しかし停車駅のうち終点の津和野駅だけが島根県に入ります。この津和野駅に行ったとき、SL運転日にしか食べられない、さくさくの「源氏巻」を楽しみに、必ず寄る和菓子屋さんがあります……。


名古屋エリア限定グルメ情報(23) 熟成香がたまらない! 栄4丁目『shiosai』の「熟成肉の手ごねハンバーグ」

名古屋エリア限定グルメ情報(23) 熟成香がたまらない! 栄4丁目『shiosai』の「熟成肉の手ごねハンバーグ」

アラフィフとなった今、ふんわりとした食感よりも、歯ごたえのある肉々しいハンバーグを求めるようになった。しかし、“肉汁信仰”ともいうべき今のグルメ界では、これがなかなか見つからない。あきらめかけていたころ、栄4丁目にある『shiosai』で私の理想とするハンバーグに出会ってしまったのである……。


みや穂(魚介料理/大塚)|極上の魚介を惜しみなく使用した彩り鮮やかな刺身に酒盃が進む!

みや穂(魚介料理/大塚)|極上の魚介を惜しみなく使用した彩り鮮やかな刺身に酒盃が進む!

 居酒屋の名店が軒を連ねるこの界隈でも、とりわけウマい魚料理を出す、私の海鮮市場的な店がこちら。店主自ら築地市場に足を運び、確かな目利きで仕入れる魚は新鮮で質の高いものばかり。


魚ませませ(海鮮料理/新橋)|寝かせる、希少部位を出す魚の魅力の発信基地

魚ませませ(海鮮料理/新橋)|寝かせる、希少部位を出す魚の魅力の発信基地

 正確には刺身は“鮮”魚ではない。左写真奥に見えるサバのヅケや中央のヒラメの頬こそ初日のものだが、他は2日~8日ほど寝かせて提供される。


魚肴 青天上(居酒屋/南阿佐ヶ谷)|近所にあるのを自慢したい!味も使い勝手も魅力の店

魚肴 青天上(居酒屋/南阿佐ヶ谷)|近所にあるのを自慢したい!味も使い勝手も魅力の店

料理の見た目は豪快なのに、丁寧な仕事と繊細な味わいを酒とともに楽しめると評判の人気店『青天上』。1号店の焼き鳥店を三ツ星店として取材したのは開店した2014年。


ランキング


>>総合人気ランキング