エリア: 東京都

コスパに優れた美味「上海ガ二」の都内優良店おすすめ3軒

コスパに優れた美味「上海ガ二」の都内優良店おすすめ3軒

中華を代表する冬の味といえば、そう上海ガニ!中華街で雰囲気ともども食べるのもいいが、都内でもコスパにすぐれた美味なる上海ガニは楽しめる。季節が終わるまでにぜひ一度は足を運ぶべし。


新世界菜館の上海蟹姿蒸し(最寄駅:神保町駅)

上海蟹姿蒸し 1杯 3000円〜

上海ガニは、自社輸入し厳選したもの。価格は重さによってかわり、写真のカニは各3000円。手前がオスでカニミソが多く、奥のメスは卵を抱えている

一般に上海ガニのシーズンは秋から年末までと言われるが、こちらでは2月末まで提供。特に年明けは、オスの脂ののりがよくなりメスの卵も増え、上海ガニの旨さがますます深まる時季なのだそう。その味をストレートに楽しむならば、シンプルな「姿蒸し」がオススメだ。ねっとりと甘く香ばしいカニミソが口の中にぶわっと広がっていく感覚はたまらない。紹興酒のグラスを傾けつつ、じっくり味わいたい。※「新世界菜館」のメニューの価格はすべて税抜き。11時〜17時は内税、17時以降は外税価格となります。

上がメスで下がオス。オスはハサミが大きく、腹側に三角形の切れ込みがあるのが特徴

[住所]東京都千代田区神田神保町2-2新世界ビル 
[電話]03-3261-4957 
[営業時間]11時〜23時(22時LO)、日・祝11時〜21時(20時LO) 
[休日]無休(年末年始のぞく) 
[席]地下1階テーブル4席×11卓、1階テーブル4席×7卓、2階個室4名×3室、10名×3室、3階個室10名×3室、20名×1室 計164席/個室以外全席禁煙
[その他]カード可/予約可(個室はコースを注文の場合のみ)/サ昼の予約のみ8%別 
[アクセス]地下鉄都営三田線ほか神保町駅A3出口から徒歩1分

[酒] 生500円〜、瓶600円 グラス500円、ボトル3500円 グラス赤白各700円、ボトル3500円 300ml900円 紹興酒グラス800円〜 

[その他のメニュー]
ランチタイムは11時〜16時まで。今週の定食1200円、2500円セットなど 特選上海蟹菜譜10000円、雌上海蟹の老酒漬け1杯2500円など

新世界菜館(上海ガニ/神保町)|甘く香ばしい上海ガニのカニミソを心ゆくまで堪能する

https://matomeshi.jp/articles/275

上海ガニを食べるならと、必ず名が上がる店がこちら『新世界菜館』だ。その味を求める客が昼夜問わず訪れ、1日150〜200杯の上海ガニを饗する人気店である。[交]地下鉄都営三田線ほか神保町駅A3出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

上海小吃の蒸した上海蟹(最寄駅:新宿駅)

蒸した上海蟹 1620円(一匹)

シンプルに蒸し上げた一品。濃厚なミソは、黒酢と砂糖、ショウガを混ぜたタレで

蘇州・陽澄湖産の活き上海ガニを現地から空輸しており、それを活きたまま蒸す王道の「蒸した上海蟹」は、一杯1620円で提供。「仕入れ先は高級店と同じ。ウチは大量に仕入れ、食べやすく捌いたりせず、姿で提供しているから安いんです」と、店長の朱玲さんは話す。「酔っ払い上海蟹」や「上海蟹と糯米」など手間暇かけた逸品も揃い、一度食べたら虜になること必至。

[住所]東京都新宿区歌舞伎町1-3-10 
[電話]03-3232-5909 
[営業時間]18時~翌5時、日・祝~翌2時 
[休日]無休 
[席]計50席/喫煙可/予約可/カード不可/サなし 
[アクセス]JRほか新宿駅東口から徒歩8分

庶民的な雰囲気と値段。 でも味は一流!歌舞伎町の「上海小吃」(中華料理/新宿)

https://matomeshi.jp/articles/276

「上海ガ二の都内優良店」特集掲載店 。「上海小吃」は歌舞伎町の細い路地の奥にあるディープな店。中国の国家特級厨師の資格を持つシェフが本場の調味料を使って腕を振るい、メニューは600種に及ぶ。なかでも2月まで楽しめる上海ガニが、ことのほか安くて旨いのだ。[交]JRほか新宿駅東口から徒歩8分

東京チャイニーズ一凛の上海蟹 紹興酒漬け (最寄駅:新富町駅)

酔っぱらい上海蟹 紹興酒漬け 3456円

活きた上海ガニを白酒の中で泳がせた後、約10日間漬け込んでいる。漬けダレには紹興酒と醤油に加え、たっぷりの山椒や粒コショウが隠し味に。ねっとりとした身と濃厚なミソの味わいが格別!

上海ガニひとつをとっても、山椒を効かせて爽やかな甘さに仕立てた紹興酒漬け、「カニミソの風味が生きるから」と中華麺ではなくパスタと和えた麺料理など、柔軟な発想がそこここに。今の時季は濃厚なミソが詰まった陽澄湖産のメスを使い、11月末からは身の大きなオスが登場。オスは、小龍包や蒸し蟹として楽しませてくれるという。好みを伝えておまかせで作ってもらうのがオススメだ。

[住所]東京都中央区築地1-5-8 樋泉ビル1階 
[電話]03-3542-6663 
[営業時間]11時半~14時LO、17時半~22時LO 
[休日]日・祝、第1月 
[席]カウンター5席、テーブル2席×1卓、4席×5卓 計27席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし 
[アクセス]地下鉄有楽町線新富町駅1番出口から徒歩2分

東京チャイニーズ一凛|上海ガニのメスとオスを使い分け、センス溢れたひと皿に(四川料理/新富町)

https://matomeshi.jp/articles/277

生産者から旬の食材を直接仕入れ、齋藤宏文シェフがそれぞれの特性を生かした魅力的な料理に仕上げる。基本は中華ながら洗練された新しい味に出合える店だ。東京チャイニーズ一凛[交]地下鉄有楽町線新富町駅1番出口から徒歩2分、日比谷線築地駅徒歩5分 ランチタイム有

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


池尻本店 おわん(和食/池尻大橋)|滋賀県産近江米に惚れた店主が魅力を引き出す炊き込みご飯

池尻本店 おわん(和食/池尻大橋)|滋賀県産近江米に惚れた店主が魅力を引き出す炊き込みご飯

おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。


京都の味を荒木町で堪能|宮わき(和食/四谷三丁目)

京都の味を荒木町で堪能|宮わき(和食/四谷三丁目)

「宮わき」は京料理を基本とした割烹。1合炊きの羽釜を使った炊き込みご飯は、新潟県魚沼市の契約農家から、直送の際に精米してもらうコシヒカリを使用している。


中華街で人気!『渡り蟹の炒め』が旨い「興昌」(横浜/中華料理)

中華街で人気!『渡り蟹の炒め』が旨い「興昌」(横浜/中華料理)

おとなの週末「中華街の「エビ・カニ」大調査」特集掲載店舗。一番人気は、ニンニクを効かせたソースで渡りガニを炒めた「渡り蟹の炒め」。


銀座にあるビブグルマンに掲載店「銀座しまだ」で立ち呑み

銀座にあるビブグルマンに掲載店「銀座しまだ」で立ち呑み

おとなの週末「今夜、銀座のバーで……」特集掲載店舗。立ち呑みには簡単なつまみがつきものという固定概念を打ち砕く立ち呑み割烹。「ミシュランガイド東京2015」のビブグルマン部門に選出された


「カニ派×エビ派」ぶっちゃけ覆面座談会!本音で語るいい店・悪い店!

「カニ派×エビ派」ぶっちゃけ覆面座談会!本音で語るいい店・悪い店!

日本人の大好きな2大甲殻類、エビ、そしてカニ! ここでは取材記事では書けない裏側やガチンコ覆面調査の様子も、ぶっちゃけトークでしゃべります。


最新の投稿


都内で厳選!\コロッケ・ポテサラ・肉じゃが/居酒屋の人気じゃがメニュー6店

都内で厳選!\コロッケ・ポテサラ・肉じゃが/居酒屋の人気じゃがメニュー6店

WE LOVE じゃがいも!日本人の大好きじゃがメニューといえば〈コロッケ〉〈ポテサラ〉〈肉じゃが〉で決まり!王道だからこその厳選店は、腕に覚えアリ、です。


本当に美味しい「京橋エドグラン」でおすすめの三ツ星店!

本当に美味しい「京橋エドグラン」でおすすめの三ツ星店!

ビジネスマンやマダムが満足の店多数。京橋再開発に伴い生まれた『京橋エドグラン』には、地下1階~5階まで、20店もの飲食店が出店している。その中で、特に美味しかったお店をご紹介します。


大阪ローカル穴場メシ情報[15] ラーメンプロデューサーが考案の創作餃子専門店「餃、(GYO-TEN)」の刺身餃子が大阪を席巻!

大阪ローカル穴場メシ情報[15] ラーメンプロデューサーが考案の創作餃子専門店「餃、(GYO-TEN)」の刺身餃子が大阪を席巻!

JR天満駅の改札を出てすぐの場所にあるのが餃子酒場「餃、(GYO-TEN)」だ。 店長の井上ロードさん(38)はラーメンフェスで店舗のプロデューサーを任されるほど、この世界で知られた人物。彼が店長になってから、メニューが一新! 大阪らしさを随所に散りばめたメニューが登場した……。


東京駅で味わう!感動ものの金華豚とんかつが平日限定の大サービス!

東京駅で味わう!感動ものの金華豚とんかつが平日限定の大サービス!

金華豚料理 平田牧場 極(とんかつ/東京)|平田牧場が経営する店舗の中でも、“極”の名が付いたこちらは金華豚をメインに扱う。より多くの人に食べてほしいと始めたのが、量を減らし値段を抑えた平日限定ランチ。


土用の丑の日、うなぎ偏愛記!東京都内、夏のうなぎ三昧!

土用の丑の日、うなぎ偏愛記!東京都内、夏のうなぎ三昧!

うなぎを食べに食べた結果を語りまくります!うなぎ特集の全ページを担当した、飲んべえライター・菜々山いく子。酒と同じくらいうなぎを愛し、約1ヶ月間の昼夜、うなぎを食べまくりました。取材ページでは書けなかった、こぼれ話やうなぎのマメ知識をここでご披露しましょう!


ランキング


>>総合人気ランキング