撮り鉄の「食」の思い出(14) 江ノ電・鎌倉編 江ノ電「355」と絶品うな重/2013年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(14) 江ノ電・鎌倉編 江ノ電「355」と絶品うな重/2013年撮影

映画「DESTINY鎌倉ものがたり」に出てくる現役の江ノ電「355」は、鉄道ファンに人気の車両です。この車両に乗って出かけた鎌倉、ちょっと頑張って絶品うな重に舌鼓をうってきました……。


江ノ電・鎌倉編 江ノ電「355」と絶品うな重/2013年撮影

映画「DESTINY鎌倉ものがたり」に出てくる現役の江ノ電「355」は、鉄道ファンに人気の車両です。

この車両に乗って出かけた鎌倉で、ちょっと頑張って絶品うな重に舌鼓をうってきました。

[富士山をバックに走る「355」、鉄道ファンに人気の車両]



前回、映画に出てきたタンコロ電車の現役のころのお話をしました。

映画のなかで現代の電車として登場するレトロな車両があります。

鉄道ファンにも人気の「355」。

300形と呼ばれる電車で最初に作られたのは昭和31年。
6編成12両が作られましたが、現在も現役なのは、この「355」1編成2両だけです。

[鎌倉高校前駅からは江ノ島を見ることができる]


外観は緑色とクリーム色のツートンカラーです。

現在はレトロデザインの新型車両など多種多様な車両が走っていて楽しいのですが、この車両はいかにも江ノ電という印象で、見かけるとラッキーという気になります。

江ノ電で旅をして355を見かけたら、ぜひ乗ってみてください。

最近では、ものすごく珍しくなった木の床で迎えてくれます。

少しだけ木に塗った油の匂いもしていて、懐かしさがこみ上げます。

355の車内、木の床が懐かしい。

江ノ電の沿線に咲くアジサイ。
走るのは2003年に登場した20形62。

2002年に登場した20形61が鎌倉駅に到着。
終点の車止めには、カエルの置物がある。

映画にも出てきた道と並んで敷かれた線路を走るのは、2006年に登場した江ノ電最新の電車500形。

鎌倉の有名なうなぎ屋「つるや」で、至福の時間を過ごす。

さて、鎌倉での食事です。

この日は、以前から食べたかった鎌倉のうなぎ屋さんに向かいます。

ミシュランのひとつ星を獲得した「つるや」です。

お店は江ノ電の和田塚駅から徒歩2分。

江ノ電の和田塚駅を降りると、道案内の看板がある。

良い感じの細い路地を歩くとお店が見えてきます。

いきなり店に行くと、満席の場合や、うなぎをさばいて料理をするのに時間がかかるので、うな重のサイズ(値段)を伝えて予約をしてから出かけました。

お店に入ってしばし……。

良い香りとともに、うな重が出てきました。

[「つるや」のうな重]


色はちょっと薄めです。

口に含むと、今まで食べたうなぎの蒲焼とは、ちょっと違います。

ああっ、うなぎって「魚」なんだと、改めて思わせるような味付けで、ふわっとした食感とともに至福の味です。

もともと、蒸さずにギトギトのうなぎが大好きだったのですが、対極にある味で最高でした。

江ノ電の旅のシメには、おすすめの料理です。


鎌倉といえば、必ず行きたくなるのは鶴岡八幡宮……。


で、お土産の代表といえば、映画の中にも出てくる豊島屋の鳩サブレです。

この「鳩」というのは、鶴岡八幡宮の神様のお使いだそう。

本宮の楼門に描かれている「八幡宮」の文字、この「八」の文字も、鳩がデザインされています。

「八」の文字に注目。
向かい合った鳩で描かれている。

この鳩サブレも好きなのですが、必ず買ってきてしまうのが「小鳩豆楽」。

小さな鳩形の落雁です。

やさしい甘さで帰って疲れたときにいただくと、実にやすらぐ味。

豊島屋の小鳩豆楽。



東京からも近い江ノ電の旅、日帰りでも十分楽しめます。

天気の良い週末に、いかがでしょうか?






佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”。初めて鉄道写真を撮った小学生のころから約50年。鉄道カメラマンなのに、列車に乗ると走るシーンを撮影しにくいので、撮影の8割はクルマで移動。そんなワケで1年のかなりの期間をクルマで生活しています。ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。



 主な著作に「富士鉄」(講談社)「新幹線ぴあ」(ぴあMOOK)「鉄道ムービー入門」(玄光社)「ひつじがすき」(山と溪谷社)など多数、映像集に「感動の美景鉄道」(MAXAM)「日本の新幹線・特急」(シンフォレスト)など、担当番組に「素晴らしき日本・鉄道の旅」(BS-TBS)など

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

関連するキーワード


撮り鉄 江ノ電 うな重

関連する投稿


撮り鉄の「食」の思い出(34) 目指せ! アジフライの聖地! 久しぶりの松浦鉄道訪問/1989年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(34) 目指せ! アジフライの聖地! 久しぶりの松浦鉄道訪問/1989年~2018年

アジフライは何をかけて食べるか論争。 ソース? しょうゆ? タルタルソース? ひとつの回答を、「長崎県松浦市は『アジフライの聖地』を目指します!」と、道の駅で宣言していた松浦鉄道の松浦でみつけました。


撮り鉄の「食」の思い出(33) 富士宮焼きそばと富士山をめぐる身延線の旅/2005年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(33) 富士宮焼きそばと富士山をめぐる身延線の旅/2005年~2018年

富士山と鉄道を撮影する名所のひとつが、身延線の富士宮駅付近です。富士宮といえば富士宮焼きそば。もちもちとした食感がたまりません。 そして、富士山と鉄道をいっしょに撮影する場所は関東、東海、甲信越に数多くあるのですが、そのなかでも富士山本宮浅間大社がある富士宮は撮影地としても総本山といった感じです……。


撮り鉄の「食」の思い出(32) 「栗きんとん」の食べ比べと、紅葉の中央西線/2000年~2014年

撮り鉄の「食」の思い出(32) 「栗きんとん」の食べ比べと、紅葉の中央西線/2000年~2014年

関東生まれの私には「栗きんとん」といえば、やっぱりお節料理の定番ですが、中央西線の中津川には、おいしい和菓子の「栗きんとん」があります。今年からは“中津川栗きんとん”と名乗り始めました。たくさんの和菓子屋さんがそれぞれの味を誇っています……。


撮り鉄の「食」の思い出(31) 栗おこわとリンゴ、長野電鉄の特急列車で秋を楽しむ/1978年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(31) 栗おこわとリンゴ、長野電鉄の特急列車で秋を楽しむ/1978年~2018年

秋になると食べたくなるのが、栗おこわです。 それも本場、長野の小布施で食べたいです。 もちろん長野の秋と言えばリンゴも。 それで、今回は長野の私鉄、長野電鉄のお話です……。


撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

島根県の宍道湖周辺に敷かれた「一畑電車」。この路線には大手私鉄から移籍してきた電車や、近年一畑オリジナルの新車など、いろいろな電車が走りました。 そのなかでも好きな電車は2100系電車。ちょっと丸い顔をしたかわいい形です……。


最新の投稿


グルメライターによる東京駅構内「三ツ星グルメ店」ぶっちゃけ座談会!

グルメライターによる東京駅構内「三ツ星グルメ店」ぶっちゃけ座談会!

くまなく歩き食べまわった約1ヶ月を振り返る!“迷宮”東京駅の食とみち座談会。東京駅構内に広がる飲食店を縦横無尽に調査したのは、市村幸妙(以下、市)と郷土料理担当・菜々山いく子(以下、菜)。どんな発見があったかを、担当編集・戎とともに振り返ります。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(70) 食パンブームの吉祥寺! でもあえてカルトな食パンを推すよ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(70) 食パンブームの吉祥寺! でもあえてカルトな食パンを推すよ! の件

吉祥寺はパン屋ブームである。 2018年も、新しいパン屋がオープンしまくっているよ。しかも空前の食パン無双……。食パン過多である……。みんなそんなに食パン食べてるの?と思う、白いご飯至上主義のおっさん女子とは、私のこと……。


珠玉の「せいろ」はこの店で!都内で食べられる極みのせいろ蕎麦8店

珠玉の「せいろ」はこの店で!都内で食べられる極みのせいろ蕎麦8店

「新蕎麦あります」の看板に惹かれ暖簾をくぐれば、香り高くみずみずしい味わいが迎えてくれるこの季節。理想の蕎麦を追求する店主の情熱とこだわりを、直球で受け止めるなら何はともあれせいろに限るだろう。普段は取材拒否の名店から住宅街の隠れ家まで、すべて本誌初登場の極みのせいろ、とくとご堪能ください。


浅草の居酒屋に冬季限定の人気メニュー「寒ブリしゃぶ」が今年も登場!

浅草の居酒屋に冬季限定の人気メニュー「寒ブリしゃぶ」が今年も登場!

「佐渡の酒と肴 だっちゃ」は店主の出身地佐渡から独自のルートで食材や地酒を仕入れる、まさしく佐渡産直の店。そして冬場の目玉のひとつがこちら、佐渡寒ブリのしゃぶしゃぶだ。


名古屋エリア限定グルメ情報(53) 全長30センチ! エビの大きさにこだわる名古屋人も納得の「ジャンボ&ジャンボエビフライ」

名古屋エリア限定グルメ情報(53) 全長30センチ! エビの大きさにこだわる名古屋人も納得の「ジャンボ&ジャンボエビフライ」

名古屋めしの一つとして数えられるエビフライ。名古屋だけに何かしらのヒネリをくわえてあると思われがちだが、いたってフツー。全国で食べられているエビフライと何ら変わらない。ただ、どの店もやたらと大きさをウリにしている……。


ランキング


>>総合人気ランキング